リーガルVが10月11日に放送されます。

このドラマに登場する、宮本茉由さんって本当に可愛いと思いませんか?

そこで本日は、リーガルVのキャストの中で最も注目されている若手女優、宮本茉由さんについて紹介します。

宮本茉由さんはこれまでは、CanCanというファッション雑誌のモデルの活動をしていて、演技に関しては、今回のリーガルVへの初出演がドラマデビューのようです。

CanCamからの専属モデルとして、2018年10月6日、西日本展示場(北九州)で開催された、東京ガールズコレクションに出演しました。

それでは、可愛さと演技力、今回のドラマのあらすじについてご紹介していきましょう。

Sponsored Link

 

中沢淳美役の宮本茉由がかわいい!

http://www.allnightnippon.com/news/20180913-29113/?cat=editorial-department

ガールズちゃんねるでは、宮本茉由さんについて、可愛いだけでなく、スタイルが良いとの評価が出ていました。

真ん中の人モデルだけあってスタイルいい

”佐々木希さんに似ている!さすが秋田美人!”

1995年5月9日(23歳)。

秋田県出身、身長166㎝、血液型A型。

芸能界に入る前、2014年ミス実践女子会コンテストグランプリを受賞。

2015年から芸能活動を開始、11月に小学館「CanCam」1月号にて、モデルデビュー。

同年、12月、相鉄ジョイナスのイメージモデルに抜擢されたことも。

リーガルVの宮本茉由の役どころ

http://post.tv-asahi.co.jp/post-60103/

自分が担当した依頼人のトラブルを敗訴にした為に、依頼人の母親を自殺に追い込んだことが原因で、自ら命を絶とうとしていた若き弁護士、青島圭太(林遣都)。

そんな彼の危機一髪を救ったのは、ある事情で弁護士資格を失った、容姿端麗な女性、小鳥遊翔子(米倉涼子)でした。

翔子は彼に、弱者を救うための法律事務所で一緒に戦わないかと語り掛け、後日訪ねるように言ってその場を去りました。

翔子は圭太だけでなく、ペーパー弁護士で大学教授をしている男、京極雅彦(高橋英樹)もまた、退官の日を迎える時に、翔子から「正義の法律事務所を始めないか?」と勧誘されていました。

また、京極にとって恩師のような存在である、ヤメ剣弁護士、大鷹高志(勝村政信)も翔子と後に関わり、彼女の自由奔放な行動の数々に疑心暗鬼になりつつも、巻き込まれていきます。

翔子に指定された住所に向かう圭太は、駅のホームで痴漢騒動に出くわす。

一流企業、「君島化学」の社員、安田勉(児嶋一哉)が大学4年生の女性、三島麻央(山谷花純)がお尻を触られたと訴え、必死で安田は無実を主張。

見過ごすことができない圭太は安田の弁護を引き受けることにするのですが、その安田が後日、送検されます。

痴漢事件は被害者が圧倒的に有利な立場になります。

弱者救済とあれだけ言っていた翔子は、「儲けも少ないし売れない弁護士がやる屑案件」と切り捨てようとしますが、安田が発したその一言に翔子は目の色を変えます。

リーガルVでは、翔子や圭太らと敵対する一流弁護士団がのちに登場します。

宮本茉優さんはその対立側の法律事務所、「Felix&Temma法律事務所」代表弁護士、天馬壮一郎(小日向文世)の秘書、中沢淳美を演じます。

天馬壮一郎に対して媚を売ったり、愛人だと囁かれている噂もあります。

しかし、天馬に忠実化と思えば、何を考えているか分からないミステリアスな一面も併せ持つ謎多き人物です。

宮本さんの演技についてツイッターを調査

宮本さんは”本当にこの人にこのセリフはあるのか?と見ている人がフィクションだということを忘れてしまうほど、ナチュラルな演技が出来る女優さんを、「リーガルV」に出演する大先輩方の演技を見ながら一生懸命、勉強したいと語っていますが、果たして宮本さんの本日の演技について皆さんの評価は如何でしょうか?

彼女の言葉通りに自然体の演技が今夜、見られるといいですね。

更に、回を重ねて、彼女の演技に注目していきたいと思います。

今回は初回放送だったので、彼女の登場シーンはとても存在感が薄く、SNSでのコメントが見られませんでした。

宮本茉由さんの演技についての評価は後日記載しますね。

Sponsored Link

リーガルVへの意気込みを語る、宮本茉由!憧れは米倉涼子

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=5286009&media_id=100

9月12日都内のホテルにて開催された、「オスカープロモーション2018年お披露目発表会」に出演しました。

ドラマ出演のオファーが来た際、自分が?という驚きと嬉しさがあったことや、決まったからには一生懸命頑張るとの初々しいコメントが見られました。

更に付け加えて・・・「女優さんとモデルさんのお仕事って近く見えて全然やることが違うんです。雑誌のモデルは撮影の場所に立つ時に、目の前のカメラに集中すればいいんですけど、女優さんは何か月も前から役づくりや台本の読み込み、共演者への挨拶・・・周りへの気配りもすごく大切になってくると思うので、色んなことに集中して現場にいなきゃいけないなと思いました。」と、堅実な姿勢を見せました。

また、初出演のドラマに憧れの女優、米倉涼子については・・・

「尊敬する米倉さんと共演できるのですごくドキドキしています。まだご挨拶しかできていないのですが、CanCanを話題にもっとお話しできたらいいな」と、撮影で対面する、元CanCanモデルの先輩である、米倉さんとの共演に心を弾ませていました。

オスカープロモーション主催、「第1回ミス美しい20代コンテスト」審査員特別賞で、を得た宮本茉由さん。

 

まとめ ”知的で謎多き美人秘書”、宮本茉由の動行は必見

  1. 宮本茉由さんは、ドラマには初出演のCanCan専属モデル
  2. かつて、CanCanにて、モデル活動をしていた、米倉涼子さんとの共演であり、ドラマ初出演作品、「リーガルV」の意気込みを語る
  3. 宮本さんの演技力についてのツイッターについては後ほど記載
Sponsored Link