12月6日夜10時に放送された、8話の感想とあらすじ、最新話9話のあらすじのネタバレ、これまでの小鳥遊翔子の歩みをピックアップ!

リーガルV元弁護士小鳥遊翔子が、いよいよ、最終回に向けて急速な展開を見せてきましたね!

この他にも民放公式サイトTverにて、8話が無料で見れる情報を紹介します。

Sponsored Link


 

リーガルV元弁護士小鳥遊翔子9話ネタバレあらすじ

 小鳥遊翔子(米倉涼子)がかつて弁護した受刑者・守屋至(寛一郎)は、NPO法人「貧困を救う会」の代表・大峰聡(速水もこみち)に脅され、殺人の罪に手を染めていた――。ようやくあぶり出されたその真実を法廷で明らかにするため、翔子は度肝を抜く手段を思いつく。なんと、翔子自身が原告となり、大峰と“ある濃密な裏関係”が疑われる「Felix & Temma法律事務所」の代表弁護士・天馬壮一郎(小日向文世)を提訴。至を弁護していた1年前に弁護士資格を剥奪されたことに関して、弁護士会会長でもある天馬に、たった1円の損害賠償を求める民事訴訟を起こしたのだ。

翔子に残された切り札は、至から託された”謎の鍵”のみ…。至が殺害した被害者が所持していたというその鍵は、わざと鍵番号も削り取られており、どこのものかも分からない代物だ。だが、もしかしたら事件の全貌を解く、重要な手がかりになる可能性もある――。翔子率いる「京極法律事務所」は一縷の望みをかけて、鍵の調査を開始。同時に、翔子が弁護士資格を剥奪される直接原因となった“暴力団への金銭授与行為”が、仕組まれた罠だったことを証明すべく、方々を嗅ぎ回る。

ところがその矢先、「京極法律事務所」は思わぬ窮地に立たされる。代表弁護士・京極雅彦(高橋英樹)とパラリーガル・伊藤理恵(安達祐実)が逮捕された上に、パラリーガルの馬場雄一(荒川良々)と茅野明(三浦翔平)が暴力団に襲われて病院送りの身となってしまったのだ! 途方に暮れる翔子と、弁護士の青島圭太(林遣都)、大鷹高志(勝村政信)…。そんな中、天馬が裏で手を回したに違いないとにらんだ翔子は単身、「Felix & Temma法律事務所」へと乗り込む。ところが、その行く手に元恋人のエリート弁護士・海崎勇人(向井理)が立ちはだかり…!?

背水の陣に追い込まれる元弁護士・小鳥遊翔子と弱小法律事務所。はたして、彼らに勝利の女神は微笑んでくれるのか…!? 正義を賭けた“最後の裁判”がついに幕を開ける――。

テレビ朝日公式サイト「リーガルV元弁護士小鳥遊翔子」https://www.tv-asahi.co.jp/legal-v/story/0009/より引用

リーガルV元弁護士小鳥遊翔子8話ツイッター民の感想

翔子は守屋が拘置されている刑務所にて天馬と会いました。

剥奪になったきっかけになった事件だよね
殺人冤罪?なのかな

淡々とした穏やかな声だけど、天馬さんは怖いですねぇ・・・。

天馬あざとい!


京極法律事務所では利用者が殺到!

拘置所にて、翔子は守屋に「至くん、早く出たいよね」と意味深な発言を!


なんと、京極法律事務所に、弁護士連合会から通知が!非弁護行為をしている事で弁護士資格がないまま、案件を担当している事、このままだと京極法律事務所は業務停止の危機に!

京極が天馬を訪ねると、「事務所をつづけたければ小鳥遊を切り捨てろ」とまで・・・。


海崎(向井理)は美奈子(菜々緒)に小鳥遊が1年前・・・かつて「Felix&Temma法律事務所」の弁護士だった翔子がヤクザに接近して独自で調査を進めていた・・・それにより、弁護士資格はく奪。


京極法律事務所の面々は、天馬が「京極法律事務所を無くそうとしている」ことが本気の姿勢だと知り、対立。

あらら、みんな辞めていく…

おいおいなんだよ!!
クビにして事務所残すか
って言ってたくせに結局…

そして、京極メンバー達は、翔子が書置きを残して事務所を出て行った事をきっかけに解散。

それぞれ転職活動をしてそれぞれ新境地で働くメンバー達ですがなんか切ないですね。

その頃、「Felix&Temma法律事務所」の面々は、大峰聡(速水もこみち)という貧困を抱えた人達を支援するNPO法人「貧困を救う会」を調査。

美奈子と海崎は淡々と冷静に大峰の周りを分析。

翔子はその頃、温泉施設で旅行していました。

そこで、偽名で仲居見習いをしている守屋の妹、未久に声を掛けました。

https://twitter.com/utchy_niki/status/1070658227774210048

確かに、武井咲さんになんとなく顔が似てましたね。


未久は兄の過去があり、普通に働く為に偽名を使っていたのです。

元京極法律事務所のメンバーは転職してからも、貧困を救う会の実態を調査!


大峰が主催している「貧困を救う会」はかつて翔子が弁護士資格を奪われた案件と密接に関係していました。

更に、至は本当は冤罪で、誰かを庇っているような節が・・・。

至は拘置所にて翔子に、大峰のバックにいたヤクザと大峰に脅迫され、殺人を行っていた事実発覚!

翔子は大峰の講演会にて、わざとらしく天馬と遭遇。

大人のやり取りで、穏やかに天馬と会話した翔子は天馬への複雑な思いを胸に秘めていて。


そして、京極メンバーは再結成し、「貧困を救う会」の大峰と守屋の案件で、大峰と深い癒着関係のある天馬と法廷で対立する事に!


翔子達、京極法律事務所と因縁の「Felix&Temma法律事務所」が法廷で、原告と被告になるようですね。

犬猿の関係である彼らの法廷対決という最終回に繋がっていくとは・・・。


Sponsored Link

リーガルV元弁護士小鳥遊翔子!いよいよ最終決戦に向けて始動!これまでの歩みをプレイバック

かつて、日本弁護士連合会の”ドン”であり「Felix&Temmma法律事務所」で代表を務める、天馬壮一郎(小日向文世)の大手法律事務所で働いていた、小鳥遊翔子は、自身が関わったある案件がきっかけで、弁護士資格を失いました。

以降は、フリーランスとして、自分と同じような境遇を抱える、青島圭太(林遣都)、京極雅彦(高橋英樹)、大鷹高志(勝村政信)らに声をかけ、「弱者を守る為の法律事務所を始めないか?」と巧みな話術で誘い、自分のチームに引き入れていきました。

更に、弁護士のアシスタントとなる、「パラリーガル」も、前科歴のある伊藤理恵(安達祐実)と、馬場雄一(荒川良々)と、パラリーガルの中で、唯一の「カタギ」にあたる、現役ホスト、茅野明(三浦翔平)を面接して即採用!

弱小の弁護士軍団、「京極法律事務所」を立ち上げた翔子は、弁護士資格がない非弁護行為であるものの、仲間達とこれまでに、痴漢冤罪、パワハラ、遺産相続、起業家大学生とその友人の傷害事件、妻への殺害容疑が掛かった夫に纏わる事件、そして、婚活サロン「ローズブライダル」事件について闘ってきました。

ローズブライダルの案件では、被害者への高圧的な態度や、ローズブライダル側がレストランなどと連携して被害者から多額のお金を騙し取っていたり、被害者の婚活相手が「サクラ」だった悪事が発覚!

にもかかわらず、翔子と因縁の関係にある、「Felix&Temma法律事務所」に所属する海崎(向井理)が、翔子達、京極法律事務所の弱点を次々と解明し、裁判官もFelix&Temma法律事務所の面々の肩を持ち、「京極チーム」は負けてしまいました。

しかし、翔子は敢えてマスコミを利用して、ローズブライダルの他の被害者達を集めて集団訴訟を起こす行動を起こします。

ローズブライダルの案件で最初に登場した被害者、塩見一郎(矢部太郎)を含めた他の被害者達と共に「原告軍団」を結成 !最初は被害者達が自分達の生活や一般市民である立場上、弱気になって翔子達から離れようとしたこともありましたが、社会学者で「Me too」運動を起こすほどのフェミニスト、高井哲也(野間口徹)の協力もあり、見事、ローズブライダルの真実を暴いて勝訴しました。

ローズブライダルの件が落ち着いたところ、翔子が弁護士資格を奪われたキーともいえる過去の案件に隠された秘密を暴く為に立ち向かいます。

その事件で拘留中の守屋至(寛一郎)と、兄の出所を待ちながら健気に働く、未久(久保田紗友)のことや、二人が関わっていた「NPO法人貧困を救う会」の代表、大峰聡(速水もこみち)の存在に辿り着く、翔子達「京極法律事務所」の面々。

守屋はその「NPO法人貧困を救う会」の幹部職員、一ノ瀬徹を殺害した容疑で9年の実刑判決が下されて以降、服役していて、青島は翔子から「自分は弁護士資格がないからこそ、”ポチ”(青島の愛称)に力になってほしい」と6話にて頼まれたことから、守屋の拘置所に度々、出向くようになりました。

小鳥遊翔子は「Felix&Temma法律事務所」から何故、弁護士資格を奪われてしまったのか?守屋に容疑がかけられている、「NPO貧困を救う会」の一ノ瀬殺害事件の裏に隠された”闇”に迫る!

民放公式サイトTverにて、リーガルV元弁護士小鳥遊翔子を追おう!

民放公式サイトTverでは、8話の放送が無料で追えます!

12月6日の8話リアルタイム放送終了時間9時54分から来週の9話放送、13日木曜日のドラマ放送開始時間1時間前の20時まで限定配信されますよ。

詳しくはこちら!→https://tver.jp/episode/51865742

まとめ

リーガルV元弁護士小鳥遊翔子8話は民放公式サイトTverにて、無料で見れます。

翔子が弁護士資格はく奪された物語のキーが解明された8話!最終回となる9話での更なる進展に期待したいですね。

Sponsored Link