メゾン・ド・ポリスの3話のあらすじ・ツイッター民の感想、4話のあらすじネタバレ、民放公式サイトTverでの3話の放送を紹介していきます。

柳町北署管轄内のマンションで起きてしまった、痛ましい猫の殺害事件・・・猫好きや動物好きの視聴者にとってはドラマの設定とはいえ、胸が詰まるエピソードだったのではないでしょうか。

私もその一人です。

また、3話のメインゲストは、橋本マナミさん演じる、大槻仁美は清楚な雰囲気のある広報担当の仕事をしている女性です。

しかも、猫事件の他にも、今度は人間が猫と同様、青いペンキをかけられて遺体となって発見されるというちょっとゾクッとする別件も発生しましたね。

この一件、問題なさそうな仁美が、猫事件かペンキ事件、或いは、二つの事件が関連性が高いのかウズウズしてしまうエピソードでした。

Sponsored Link

 

メゾン・ド・ポリス第3話「謎の美人編」あらすじ

柳町北署管轄内のマンション建設予定地で、猫が殺害される事件が連続発生した。

全ての猫の死体に青いペンキがかけられており、通称「青猫事件」と呼ばれていた。

刑事課長の新木(戸田昌宏)からこの事件の捜査をメゾンの住人へ回すよう指示されたひより(高畑充希)。

メゾンのおじさま達に事件の経緯を説明するが、当のおじさまたちは全く興味を示さない。

そこに区の広報誌編集者・大槻仁美(橋本マナミ)が訪れる。

青猫事件を誌面で取り上げたところ犯行予告が編集部に届いたという。

警察へ相談したが取り合ってくれずメゾンのおじさま達に相談に来たのだという。

すると藤堂(野口五郎)らの態度が一変、全力で青猫事件の捜査をすることに・・・。

その晩、ひよりは半ばあきれながらも事件現場へ。

しかしそこで、発見したのは猫の死体でも犯人でもなく、なんと青いペンキがかけられた人間の死体だった。

遺体発見の一報を受けた新木課長は居合わせたメゾンの先輩たちに露骨な態度。

嫌味を言われた夏目(西島秀俊)は、殺人事件は任せるが青猫事件のホシはメゾンで追うと言い憚る。

しかし、ひよりには新木からメゾンのおじさまたちを監視するよう命じられ、板挟みの状態に・・・。

青猫事件と男性の遺体・・・ひとみ(橋本マナミ)が依頼人として訪ねてきたところや、ひとみの行動に違和感を感じる点もあり、ネットを使った悪意のある書き込み・・・。

捜査中に、資料を見ていた時に、父の思い出したくないトラウマをフッと思い出すひより・・・。

ひとみに鼻の下をデレデレと伸ばす彼らに、飽きれ、捜査を続けつつも、鑑識の先輩と一緒に、「メゾン・ド・ポリス」メンバーの「おじさま」たちの愚痴を吐くひよりでした。

翌日、青猫事件の捜査に夏目と共に戻るひより。

猫好きの裕福な家庭のご婦人とその家政婦の元を調査します。

2人目はビルの警備員の、瀬戸としきを訪問。

青猫事件と、旭地区で男性の遺体が発見された事件についても問いますが、青猫事件のことは知らず、男性が遺体で発見された事件でも曖昧な発言をし、「ただ事件を知っているだけ」。

事件が起きた時刻にも警備の仕事にあたっていたというアリバイがあります。

3人目、夫を亡くした中年女性を訪ねますが、彼女もやはり家にいたとのこと。

4人目、”いわくつき”のクレーマーの男、土屋も、動物にエサをあげていた女性につっけんどんな態度をとるなど動物に優しくない反応が窺えますが、彼も話を聞き込もうと訪ねると門前払い。

しかし、夜中に外出する土屋の後を追ったひよりと夏目は、彼が事件現場へ出向きますが、彼は「白」。

動物好きの普通の男でした。

警視庁の職場で厳しい叱責を受けたひより・・・そこへ、ひとみが持ってきたまた次の犯行を予兆させるネットの書き込みがあったコピー用紙を持ってきました。

藤堂の実験により、ひよりは遺体となった、ウタダ役となって、藤堂にペンキを掛けてもらいますが、ペンキの速乾性から、ペンキをつけられた時間の逆算をすると、犯人に繋がる事実が!

夏目が得意のアイロンで、浮かび上がる文字を特定!ウタダの命を奪ったのは、夫を失った中年女性でした。

建設問題について反対していた彼女は、看板に文句をつけたウタダと揉み合ったうちに、ウタダの命を奪ってしまったのです。

そして、猫殺しの犯人は、警備員の瀬戸でした。

猫を可愛がる素振りを見せながら、命を奪っただけでなく、ネットで「猫を殺す事しかできない臆病者」と中傷されたのを機に、自分は猫だけでなく、人を殺すことも出来る!と

仁美はただ事件についての記事を書く編集者だったという意外な結末となりました。

更に、ひよりの父に関する痛ましい記憶の真相を知っている”副総監”、伊達は意味があって、ひよりを「メゾン・ド・ポリス」に招き入れたことを物語らせるラストでした。

Sponsored Link
メゾン・ド・ポリス第1話のあらすじと感想はこちら
メゾン・ド・ポリス第2話のあらすじと感想はこちら

メゾン・ド・ポリス3話の犯人は誰?感想とツイッターの反応

今週もメゾンドポリスのおじ様たちに癒されに参りました♡

ベテランの知識と、いざという時にひよりにとって頼もしいサポーターになる、「メゾン・ド・ポリス」の”おじさま”軍団、癒しと笑いとほのぼのした雰囲気が私も好きです。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

確かに(笑)この挨拶がなんともゆるっとしていて、今どき流行りの二次元のゲームの世界観のようにほっこりさせられました。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

確かに、今回の痛ましい猫虐待事件に、橋本マナミさん演じる、謎の美女、ひとみが犯人でないといいですよね。

でも、ひとみの行動からすると、わざとらしさが多々ありました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

色めきたつおじ様達(笑)
美人にデレデレする、「メゾン・ド・ポリス」のおじさま元刑事たちも、若い女性には目がないことが分かりますね。

色ボケオヤジっぷり健在ですね(笑)

 

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

今度は、愛くるしい猫たちの次に、人間の男性の死体が発見されました!一気に、猫事件&謎の遺体にゾクゾク感と怪しいニオイが!

次々と事件のことを知っていそうな関係者を訪ねますが、どの人物もアリバイがあり、なかなか難しい・・・。

しかし、動物虐待が疑われてもおかしくない、クレーマーの男、土屋が青猫事件と男性が遺体で発見された現場にいましたが、土屋は単なる普通の猫好きでしたね。

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

藤堂(野口五郎)は、ひよりを巻き込んで青猫事件&男性遺体事件の実験を開始。

https://platform.twitter.com/widgets.js

ひよりが遺体役になり、ペンキを塗ってもらいますが、ペンキの乾燥のスピードが速い!

https://platform.twitter.com/widgets.js

遺体となった男性、ウタダを殺した犯人は、夫を失い、建設問題に反対の声をあげていた中年女性でした。

突き飛ばしちゃったんだ…まさかあのおばちゃん…

この未亡人が犯人?

富士山がみえなくなるからって
殺人犯す事件

猫事件の犯人は、警備員の瀬戸・・・猫を殺す事しかできない臆病者とネットで馬鹿にされていた彼の愚かな犯行でしたね。

警備員かやっぱり!!キャスティングで怪しいと思ったのよ
橋本マナミは…ミスリードってこと

小さな動物に危害を加えるとは・・・全、動物好きの視聴者の腹が煮えくり返ったことでしょうねぇ。

何で自ら公務執行妨害して罪増やすんだろう
あほなの?

そもそも動物頃してるから

ラストでは、伊達がやはり、ひよりの父の死にまつわる事件の真相を知っているからこそ、ひよりを「メ ゾン・ド・ポリス」にいれたかもしれないことをにおわせました。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

Sponsored Link

メゾン・ド・ポリス4話あらすじネタバレ

ある日、貫井秀之(山本涼介)という大学生がバットで殴打される事件が発生した。幸い命に別状はないが、所属するバスケ部に復帰できるまで1年程度かかるという。迫田(角野卓造)ひより(高畑充希)がこの事件を担当だと知っており、無理やり捜査に加わる。

迫田はひよりと夏目(西島秀俊)を伴い秀之の病室を訪ね、言葉巧みに秀之から新たな情報を聞き出す。毎日自宅の駐車場でバスケの練習をしているのだが、そのボールが画鋲だらけになったことがあるというのだ。秀之が語った“画鋲事件”は昨年12月に起きていた。また、過去には練習音が原因で近隣と揉めたこともあるという。そして秀之の同級生・櫻井陽斗(福山康平)が捜査線上に浮かんだ。着々と捜査が進む中、柳町北署では刑事課長の新木(戸田昌宏)が迫田の捜査への関与を露骨に嫌がっており、ひよりは監視しろと命令される。

そんなひよりは迫田たちと陽斗に話を聞きに行くが、浪人生の陽斗はオドオドした様子であまり多くを話さず部屋に入ってしまう。しかし、母親の貴美子(村松恭子)は事件の時間に陽斗がPCでネットゲームをしていたと証言する。

翌日、ひよりがメゾンを訪れると迫田や高平(小日向文世)たちおじさま全員がネットゲームを始めていた。高平がゲーム内の掲示板で目撃情報を集めていると、そこには暴行の依頼が。迫田たちは最初のターゲットとして名前が挙がっていた田口哲也(清水章吾)に接触する。

→http://www.tbs.co.jp/maison_de_police/story/より引用。

 

メゾン・ド・ポリス3話見るなら民放公式サイトTverで!

民放公式サイトTverでは、メゾン・ド・ポリスの3話の見逃し配信が追えます。

詳しくはこちら!→https://tver.jp/corner/f0030333

 

民放ドラマの再放送なら無料ポイントで視聴ができる
U-NEXTもチェックしておきましょう!

まとめ

メゾン・ド・ポリス3話にて、猫を殺し、似たような手口でなにかを意味するかのように、青いペンキをつけ、人の命を奪う犯人の正体は・・・青猫事件が警備員の瀬戸、そして、殺害された男性、ウタダのケースは、夫を亡くし、建設問題でトラブルを抱えていた中年女性でした。

橋本マナミ演じる、広報誌の編集者で事件の依頼人、仁美は犯人かもしれないと思わせておいて、無実という演出!ひよりと「メゾン・ド・ポリス」メンバーの動向を気にしていて、今後のエピソードにも再登場しそうです。

メゾン・ド・ポリス4話でも、ひよりとおじさま刑事たちの洞察力が冴えわたる推理をお見逃しなく!ひよりの父にまつわる痛ましい事件を知っている、伊達有継(近藤正臣)の様子も気になりますよね。

次回の4話では大学生同士の争いが事件に発展していますが、追田(角野卓造)が何故か、関わることを、ひよりに嫌みを言う上司たちが敬遠していますが、その謎が気になりますね。

Sponsored Link