メゾン・ド・ポリス」の4話では、追田の過去や、ひよりの父の死の真相に関する夏目とひよりの絡み、オンラインネットゲームとネット社会の心の闇について追及されていましたね。

若者同士のいじめを思わせるいざこざかと思いきや・・・まさかの「老害」を感じさせる切なさと残虐性があるエピソードでした。

孤独な老人、田口の心の闇と、受験と、志望校に友達が合格していたことでモヤモヤを抱えていた若者、陽斗の衝動性が事件に繋がりましたね。

さらに、ひよりの父が亡くなった背景や、夏目(西島秀俊)の会話が意味深でした。

そこで本日は、メゾン・ド・ポリスの話4のあらすじ・ツイッター民の感想、5話のあらすじネタバレ、民放公式サイトTverでの4話の放送を紹介していきます。

Sponsored Link

 

メゾン・ド・ポリス第4話「ゲーム掲示板」あらすじ

ある日、貫井秀之(山本涼介)という大学生がバットで暴行を受ける痛ましい事件が起きました。

命は助かったものの、所属するバスケ部に復帰できるまで1年程度掛かってしまう大怪我でした。

迫田(角野卓造)ひより(高畑充希)がこの事件を担当だと知っており、何故か一緒に捜査に加わります。

迫田はひよりと夏目(西島秀俊)を伴い秀之の病院を訪ねて、ベテランならではの経験豊富な話術で秀之から新たな情報を聞き出していきます。

毎日、自宅の駐車場でバスケの練習をしているのだが、そのボールが画鋲で埋め尽くされたといういじめに近い”サイン”があった事が発覚しました。

秀之が語った“画鋲事件”はなんと、昨年12月に起きていました。

また、過去には練習音が原因で近隣と揉めたこともあるそうです。

些細な音に反応してクレームを言うって現実的にもよく聞く話ですが、それが人の人生を突如奪う原因にもなり兼ねません。

そして秀之の同級生・櫻井陽斗(福山康平)が捜査線上に浮かんだ。着々と捜査が進む中、柳町北署では刑事課長の新木(戸田昌宏)が迫田が捜査に関わる事を何故か、拒んでおり、追田の過去に何かがあったからこそ、新木課長が良い顔をしないのでしょう。
追田はそれを聞き入れず、相変わらず率先して、ひよりたちの捜査に加わります。

そんなひよりは迫田たちと陽斗に話を聞きに行くが、浪人生の陽斗はオドオドした様子であまり多くを話さず自室に引きこもりがちになってしまいます。

陽斗は対人恐怖症なのか、はたまた、入院している大学生、貫井と事件に関係している事があったのでしょうか。

しかし、母親の貴美子(村松恭子)が代弁して、事件の時間に陽斗がPCでネットゲームをしていたと証言します。ネットゲーム・・・今の若者にありがちな行動がみられるごく普通の青年、陽斗の内面性が気になります。

翌日、ひよりがメゾンに帰宅後、迫田や高平(小日向文世)たちおじさま全員がなんと、ネットゲームを始めていたのです。

おじさんがネットゲーム、今の社会でもありがちですが、若者のカルチャーに「メゾン・ド・ポリス」のおじさま元刑事軍団はついていけるのでしょうか(笑)。

高平がゲーム内の掲示板で目撃情報を集めていると、誰かにアタックしようという新たな被害者が出かねない事件の予兆ともいえる問題発生です!

迫田たちは最初のターゲットとして名前が挙がっていた田口哲也(清水章吾)とコンタクトを取りました。

果たして、田口は無事なのでしょうか。

追田が大学生、貫井の事件捜査に加わることを拒否する公安達の対応が、追田の触れられたくない過去に関係していそうな予感ですね。

さらに、4話予告編にもあったように、ひよりの父親に関する過去を知っているかのような発言が飛び出しました。

このエピソードの〇〇回といってもいい、追田にスポットを当てた部分と大学生の襲撃事件、さらに、ひよりが時折、フラッシュバックするトラウマにもなっている彼女の父の死の真相にまた一歩近づく濃厚な内容になりそうですね。

ひより(高畑充希)は夏目(西島秀俊)と柔道の練習に。

栄国大学の学生、秀幸の事件です。

迫田は夏目とひよりと共に、秀之を見舞い、聴取しました。

そこでは、柔道教室の子ども達への接し方とは違って、優しい関わり方でした。

息子がいる迫田・・・扱いにくい人だったと彼の愚痴を零すひよりの仕事先の考案の上司たち・・・うん、なんかありそうですよね。

迫田と夏目、ひよりは事件の「画鋲をバスケットボールに」というところに関して、秀之の友達、陽斗の櫻井家を調査。

しかし、櫻井陽斗はネットゲームを勉強の合間にしていたと彼の母が証言。

居酒屋にて、ひよりは迫田とジェネレーションギャップによる価値観の違いから、口論になりますが、ふいに、父親を亡くした背景から、子どもの気持ちを代弁。

口悪く返事をする迫田ですが、素の一面を見せたひよりを見守りました。

夏目が酔いつぶれたひよりを自宅に送り、後日、陽斗と秀之がやり取りしていたオンライン交流型ネットゲームで遊びながら、アカウントを作って、ユーザーから聞き込みをする、「メゾンドポリス」のおじさま軍団。

初めての体験にもかかわらず、器用に使いこなし、最初のオンラインゲーム上で、殺害予告が出た事を知ります。

さらに、パソコン教室の講師が、オンライン交流ゲームのアカウントを利用して、教室の生徒である中高年の男性に、暴行依頼を頼んでいたのではないかという疑惑まで浮上!

ついに、第2の犯行として、櫻井陽斗の暴行予告までネットゲーム上にアップ!暴行予告は、陽斗と秀之が遊んでいたオンラインゲームから発信されていた!襲われそうになる陽斗ですが、秀之が陽斗を襲わせ、事態が大きくなったのを機に敢えて自分を襲わせたのでした。

パソコン講師がその暴行事件のやり取りを大きく発展させたアカウント、「赤い羊」として疑惑を向けられます。

しかし、パソコン教室の講師ではなく、4話の犯人は、田口でした。

田口は家族にも見捨てられ、人生にも希望を見いだせず、その寂しさを人生経験が未熟な若者を弄ぶようにオンラインネットゲームを作ったのです。

「赤い羊」として「なかよしくらぶ」とは名ばかりの殺害や暴行依頼を書き込む掲示板すら立ち上げていたのでした。

さらに、秀之は浪人人生を送り、受験をしている彼は、秀之が行きたかったバスケ部の大学に合格してしまったことが原因で、オンラインゲームに書き込みをし、陽斗を襲うようにむしゃくしゃした気持ちをぶつけ、それが、陽斗への襲撃事件に発展してしまったのでした。

ラストは、ひよりの過去がひよりの口から語られました。

ひよりは、家庭を顧みず、仕事人間だった父は、自分が風邪をひいた時に蜜柑ゼリーを買ってくれたこと、また、建設現場で働いていたひよりの父は、資材が落下して亡くなったとのこと。

極めつけは、夏目が、ひよりに対し、警察になったきっかけは父親が原因か?と尋ねた時、否定したひよりですが、西島がひよりの父が亡くなった真相を知っていて隠しているような口ぶりが印象的でした!

次回は、全員が前科者の高齢者たちに纏わる事件です!

 

Sponsored Link

▼メゾン・ド・ポリス1話〜3話までの犯人と物語の感想・あらすじはこちら▼

・メゾンドポリス1話のあらすじ・感想
・メゾンドポリス2話のあらすじ・感想
・メゾンドポリス3話のあらすじ・感想

メゾン・ド・ポリス4話の犯人は誰?感想とツイッターの反応

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

追田の柔道の女の子の何気無い質問は笑えました。

バスケボールに画鋲…こんな暇なことするんだね

秀之がされた被害は若者による暇つぶしのイタズラなのでしょうか。

迫田が櫻井家を訪ねた時、打って変わって、陽斗の母、貴美子に対しては息子がいる父親らしい温和な接し方をしていて、刑事だからこそ、キャリアあるからこそ、関係者が話しやすいような細かな配慮をしているところがギャップありますよね。

でも、すぐに昭和の頑固おやじに豹変してしまうので、ひよりには呆れられています。

パソコン教室の老人、田口が、秀之と陽斗が遊んでいたネットゲーム掲示板の「主」でした。

会社にも家族にも見捨てられた心の空白を、若者をいじめることで利用していたんです!オンラインゲーム上で若者の心を弄び、自分を殺してくれる相手を待っていたって・・・大人しそうな見かけによらない恐怖心が。

田口さんは自殺希望な気がする

え!?赤羊の正体って。そうだったの!??

すんごい偏見だーまさに老害ね

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

ラストの夏目とひよりのやり取りはなんかまた、ひよりの過去に関する沈黙が流れ、時が止まったように見入ってしまいましたね。

 

Sponsored Link

メゾン・ド・ポリス5話あらすじネタバレ

ある日、ひより(高畑充希)伊達(近藤正臣)が愛犬バロンを散歩していると、ひとりの老人がフラフラと歩いてきた。その老人・金森春子(島かおり)はぼんやりとしていて、認知症を患っているようだ。伊達が声をかけると、人を殺したと言う。伊達とひよりに保護されメゾンにやってきた春子は非常連絡先のメモを持っていた。やはり認知症のようだ。そんな春子は男を階段から落としたと口にする。

やがて、連絡を受けた丸山栄一(大谷亮介)が部下の西条(内藤大輔)・岡嶋(木下政治)とともにやってきた。3人は春子の亡き夫が創業した零細工場の社長と従業員だった。ひよりは春子の殺人発言を伝えるが、3人は表情を変えることもなく認知症のせいだと一蹴する。その態度に違和感を覚えたひよりは転落事故の有無を調べる。すると2週間ほど前に三崎(亀田佳明)という会社員が歩道橋から転落死する事故が起きていた。その三崎は営業職で取引先には春子の工場も…。事故として処理されていたがひよりはメゾンおじさまたちを巻き込んで捜査を始める。

ひよりは夏目(西島秀俊)を伴い春子を訪ねるが、意識こそはっきりしているものの先日のことを覚えておらず…。また、最近工場を辞めた男の存在、さらには春子の過去など不可解な事実が次々と明らかになる。

→http://www.tbs.co.jp/maison_de_police/story/から引用。

 

メゾン・ド・ポリス4話見るなら民放公式サイトTverで!

詳細はこちら!→https://tver.jp/corner/f0030334

 

民放ドラマの再放送なら無料ポイントで視聴ができる
U-NEXTもチェックしておきましょう!

まとめ

メゾン・ド・ポリス、4話の犯人は、自分の孤独と歪んだ気持ちで「赤い羊」として悪質な掲示板を作った、パソコン教室の生徒、田口でした!さらに、陽斗が受験勉強の苛立ちと、自分が行きたかった大学に受かった、秀之に嫉妬し、その心のうっ憤晴らしの為に、オンラインネットゲームに、陽斗を襲い、そして、陽斗がバスケ部で活動できない程の取り返しのつかない事になったのを機に、自分をネット上で襲うように頼んでいました。

メゾン・ド・ポリスは追田の過去と、ひより(高畑充希)の父に関係する新情報も夏目(西島秀俊)の口から明らかになります。

ひよりの父の死の原因と事件の隠蔽・・・そして、ひよりの父の事実を知っているからこそ、彼女をメゾン・ド・ポリスに招き入れた”オジサマ”たちの時折、注目したくなる意味深な発言を見逃さないでくださいね。

Sponsored Link