ひよりと”メゾン”こと、メゾン・ド・ポリスのおじ様たちが野間(佐野史郎)により、史上最大のピンチに陥りましたが、野間に騙されたふりをして、”メゾン”メンバーは最後の事件の解決の為に一致団結し、最初で最後の事件解決という有終の美を飾りましたね。

野間の他に影の裏切り者は、管理官の間宮と、草介と共に行動し、高遠建設を追っていた鴨下でした。

そこで本日は、メゾン・ド・ポリスの最終回の感想とあらすじ・ツイッターの反応、金曜22時から新放送のドラマ情報と民放公式サイトTverでの最終回の放送を紹介していきます。

Sponsored Link

メゾン・ド・ポリス最終回あらすじネタバレ

高遠建設常務の野間(佐野史郎)の周到な策略で、ひより(高畑充希)達はこれまで以上に最大のピンチに襲われます。

すると、そこに野間に連れ去られてた伊達(近藤正臣)がメゾンに帰還します。

ひよりはこのピンチの原因は自分の判断ミスだと嘆くが、伊達は年をとると諦めが悪くなる、ひよりのせいでも誰のせいでもないとフォロー。

そして、高遠建設の捜査を引き続き続行することも伝えます。

そこに娘、高平小梅(水谷果穂)の名を出されて脅迫されていたはずの高平(小日向文世)も戻ってきます。

高平も娘が被害者であったことも含めて諦めず、2人のやる気に接し、ひよりは野間と対峙する気力を取り戻します。

その頃、逃亡中の夏目(西島秀俊)は野間の実働部隊を率いる大黒(中野英雄)という男に接触。

迫田も新木(戸田昌宏)と原田(木村了)を留置所に呼び出し署内の裏切り者探しを頼むなど、高遠建設と警察との癒着、黒い陰謀を探るためにそれぞれ、単独で調査していました。

しかし厳重に保管していた証拠のデータが消えるなど、野間はこれでもかとひより達”チームひよこ”の妨害を繰り返します。

警察内部に裏切り者がいること、今までの事件以上に、最強で最大の手強い野間は、ついに、手下たちと共にメゾンを訪れ、ひよりとおじ様達に拳銃を向けるのです・・・。

さらば!メゾン・ド・ポリスっていう予告編のフレーズのように誰かが犠牲になってしまうのでしょうか?はたまた、この戦いに決着をつけ、ひよりの父と池原の無念を晴らせるのか・・・というところです。

小梅が誘拐されそうになりつつも、高平はぎりぎり娘のいるカフェへ行って保護。

藤堂は火傷、ひよりは自宅待機、夏目は失踪、迫田は事情聴取・・・「チームひよこ」はバラバラになってしまいます。

記者の真琴(東風万智子)野間の傍にいますが、彼の陰謀を探っていました。

証拠として音声データを撮るのですが、再び脅されてしまいます。

なんとか帰宅しますが、夫はモラハラで娘の面倒は見るものの彼女には冷たい対応を。

夏目は夜の街をさまよいながら、青戸組の下っ端に突っかかり、エステにいる彼らのボスに会い、物的証拠の靴を回収して藤堂の元妻、杉岡へ。
そして、青戸組の組員が経営するバーにて、その組員に残虐な方法で音声データと市野沢が殺される直前の映像データを入手!

藤堂はひどい怪我を負っていたので入院先で、鑑識係の警部補の元妻、杉岡(西田尚美)が見舞いに来て、夏目が奪った靴を藤堂に渡し、この件について話します。
杉岡はひよりとおじ様を含めた「チームひよこ」たちが危険な事件を調べている事を知るのでした。

迫田は刑務所にいながら、信頼できる警視庁の仲間になんとか協力を求めますが、厳しい状況です。

夏目は、3年前に彼の不適切な取り調べと思い込みで亡くなった高遠建設の被害者遺族、池原美砂(荻野友里)に3年前に彼女の夫を犯人扱いした事、自分も誰かの事を考えず、人を傷つけて取り返しのつかない事をしたと詫び、野間たちの動きが大きいからこそ周囲に気を付けるように伝えました。

桃香(隅田萌乃)がメゾンを一人で訪ねてきます。

真琴の娘で、以前、メゾンのおじさまやひよりにも世話になりました。

桃香をメゾンに迎えに行き、真琴はひよりに、自分が娘、桃香のことで脅されたりなど野間に逆らえない状況にあったことから、メゾンの情報を野間に伝えてしまったことを暴露し、ひよりに謝罪。

迫田は一方で、警察の上層部、間宮(今井朋彦)から、鴨下警視正が裏で野間と繋がっていたことを知らされます。

草介も、このことを鴨下と野間の口から聞き、思わぬ内通者の存在に悔しさに車の中で怒りをあらわにするのでした。

伊達、藤堂、そして、間宮の助けによって刑務所から釈放された迫田がメゾンに帰宅。

夏目はひよりとひっそり接近。

前回、ひよりが持っていた映像データについて新事実が分かったことを伝えます。

ひよりは、市野沢が青戸組に殺されるきっかけとなった映像データを夏目から聞き、池原、市野沢、そして、野間の更なる複雑な事件接点と、高遠建設が結ぶ、ひよりの父も関わったことで殺されてしまった闇を知りました。

夏目とひよりはひよりが幼い頃に描いた絵を真琴に記事ネタとして使ってもらうことで、野間にひよりの父のことについて追い込もうと考えます。
しかし、ついに野間がメゾンに!!手下たちと共に、ひより、伊達、迫田、高平、藤堂を捕まえて人質に!

真琴も桃香の命を守るために、野間には逆らえずに従ってしまいました。

ひよりは帰宅途中にバイクで通りかかった真琴に野間が探していた資料を渡してしまい、野間の仲間達に襲われます。

野間は、「逃亡犯」夏目とオジサマ達を焼死させ、証拠を隠蔽、高遠建設の闇と野間の事実を知った、ひよりの父を殺したのです。

ひよりの父は、さらに、野間に殺される前、具合が悪くて寝ているひよりが、蜜柑ゼリーを買ってきてほしいと頼んで2つ買っていました。

そのことをあざ笑う野間・・・しかし、ひより達は最初から野間達の人質になるふりをして、草介らに協力を経て、真琴も野間の味方のふりを最後まで続けていたのです。

本当のもう一人の裏切り者は・・・、間宮でした。

間宮のことは、杉岡が確保!

草介に協力してもらい、ひより達は野間が彼らを人質に取った時の会話、ひよりの父殺害の事実・・・そのやり取り全記録した音声データを録音!
それでも懲りない野間が、銃をひよりに向けようとして、夏目が庇い、そして、高平が「正当防衛」で銃を放ち、回避!

後日・・・野間達は青戸組のこと逮捕、週刊誌には明るみに。

夏目は墓参りする池原美砂から、夫を犯人扱いしたこと、そして亡くなったことは許さないが、高遠建設の事実を解明してくれたことには感謝していると和解。

ひよりは伊達から、父を亡くした時、幼かったひよりと夫を亡くした母をフォローしてくれたのが伊達であったことを伊達本人から聞かされます。
ラスト・・・ひよりは刑事として一人前になり、また仕事へ向かいますが、夏目が高遠建設の事を捜査とはいえ、青戸組のヤクザに過剰な暴力を振るって店を荒らした罪を述べ、夏目に逮捕状を突き付けます。

夏目はひよりによって逮捕されたことに感謝します・・・お前で良かったと。

そして、数年が経ち、キャリアアップして捜査一課に配属になったひよりは、新たな事件に立ち向かうとともに、保釈された夏目を迎えに行ったおじさま達とまた、再会するのでした。

野間の悪事、ひよりの父の死の事実、伊達がひよりを気遣ってメゾンに呼んだ経緯、仲間である夏目の3年前の謝罪と被害者との和解、そして、ひよりによる逮捕と更生・・・濃厚な内容が詰まった最終回となりました。

 

 

▼メゾン・ド・ポリス1話〜9話までの犯人と物語の感想・あらすじはこちら▼

・メゾンドポリス1話のあらすじ・感想
・メゾンドポリス2話のあらすじ・感想
・メゾンドポリス3話のあらすじ・感想
・メゾンドポリス4話のあらすじ・感想
・メゾンドポリス5話のあらすじ・感想
・メゾンドポリス6話のあらすじ・感想
・メゾンドポリス7話のあらすじ・感想
・メゾンドポリス8話のあらすじ・感想
・メゾンドポリス9話のあらすじ・感想

Sponsored Link

メゾン・ド・ポリス最終回の感想と考察!”チームひよこが挑む野間と最後の事件”

 

https://platform.twitter.com/widgets.js
ついに始まりました!
波乱の最終回の幕開けです!ひよりたち、「チームひよこ」の最後の戦いの火ぶたが切って落とされました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

冬彦さん・・・いえ、佐野史郎さん演じる、野間は最強で、なかなか手強い存在ですね。

https://platform.twitter.com/widgets.js
確かに迫田が信頼をよせる新木と原田は敵か味方か・・・今は誰が敵やら味方やらわかりませんよね。

草介にドキドキする
二面性のあるキャラに弱い~!

草介は本当は高遠建設を探る警察関係者、そして、ひよりの前では本当の姿を見せますが、メゾンのみんなの前では、おじさま達の日常の世話をする青年。

夏目さんは謝る機会ができて良かったなぁって思う
追い詰めてしまった事実は変わらないけれど、 奥さんもまだ少し救われると思うな

夏目は、3年前の池原に関することを妻、美砂に謝るとともに、自分は犯罪者と同様だ・・・と呟いた時はとても切ない思いが。

お店で暴れないで
従業員可哀想

怖かったですよね・・・夏目さん。
同一人物とは思えない残虐性、狂気に満ちた瞳・・・ちょっと違う作品を見ているのでは?と思ってしまうほどの迫力でした。

また、だからこそ、夏目を本気で怒らせたら怖いということがひしひし伝わりました。

狂気を秘めた夏目さんに魅了されるわ

あの怖いドSな夏目さんに胸キュン&おじキュンする視聴者も。

視聴者のマニアックなポイントも最終回ならではの見どころでした。

野間は策士だな

野間の潜入と、彼は「逃亡犯」夏目と、おじさま達を殺す・・・さらに、ひよりまで殺して山中に埋めようとする・・・人の心があまりにもない冷徹な人物像が窺えました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

小日向さん、いえ、高平さんのアウトレイジの時のようなテンションには笑いましたね。
温和な顔にギャップがありますしいざという時に頼りになりますね。

https://platform.twitter.com/widgets.js
草介は一時期は敵か味方か怪しい所でしたが、最後まで高遠建設の闇と野間をひより達と共に追い詰められることができました!最後の最後まで味方であって良かったですね。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

草介が「なんでも屋」としてメゾンを途中で訪ね、ひよりと野間たちについて話し合うシーンがありましたが、彼がひっそり仕掛けた盗聴器も役立ちました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

どうなることやら・・・ひより!おじさま軍団!とハラハラさせられつつも、やはり、チームひよこにはぬかりなしでした。
ひより達は草介の協力を経て、野間に騙されたふりをしていたとは・・・ひよりが可愛い顔をして、「馬鹿丸出し」と言った時は爽快感がありましたね。

https://platform.twitter.com/widgets.js
間宮管理官の裏切りはなんとなく読めていました。
味方のふりをしつつも、ひよりを前回、必要以上に追い詰めて取り調べをしていましたし、この人はなにか別の顔を持っていると思いましたね。

https://platform.twitter.com/widgets.js
高遠建設の事件や様々な事件と向き合い、メゾンのおじさま達にフォローされ、鍛えられながら、一人前に成長したひよりの今まで以上に誇らしい顔は忘れられませんね。

https://platform.twitter.com/widgets.js

捜査一課に配属されたひよりと、無事、保釈された夏目とおじさま達の再集結、ひよりにお弁当を届けるシーンは最高でした。

まだ、メゾン・ド・ポリスとひよりのゆるぎない絆と物語はまだまだ続きそうです!第1章完結・・・といったような雰囲気も感じたラストでした。

 

Sponsored Link

メゾン・ド・ポリス最終回見るなら民放公式サイトTverで!

詳しくはこちら→https://www.tver.jp/corner/f0030340

民放ドラマの再放送なら無料ポイントで視聴ができる
▼U-NEXTもチェックしておきましょう!

新金曜22時スタート!山下智久主演!インハンドも楽しみです!



https://www.cinematoday.jp/news/N0106280

イブニング(講談社)で連載中の朱戸アオの同名漫画が原作になります。

山下智久さん演じる主人公、紐倉哲は、寄生虫専門の天才科学者です。

とても毒舌で不愛想、皮肉屋で、変わり者。

そんな紐倉と共に助手の高家春馬(濱田岳)との凸凹バディはもちろん、クールな敏腕官僚の牧野巴(菜々緒)と共に、最新科学と医療技術を駆使して、難事件に取り組むヒューマンサイエンスミステリーとなっています。

濱田さん演じる、救急救命の専門医の高家は、”ある事情”で紐倉と出逢い、助手として雇われました。

自己中で何を考えているか分からない紐倉に振り回されるお人好しな青年です。

菜々緒さん演じる、牧野は容姿端麗で、医療機関で起きる道野病気などに対処する内閣官房サイエンスメディカル対策室に外務省から出向してきた官僚です。

外務省に早く戻りたいという気持ちが強く、ある事で紐倉を利用して事件調査を依頼する謎めいた人物です。

この他にも、お笑い芸人コンビ、「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾さんは、本作でサイエンス・メディカル対策室で働くエリート官僚、御子柴隼人役に抜擢!近年出演した映画、「七つの会議」でも、普段の”チャラ男”キャラを封印した、俳優としての演技が話題となり、お笑い以外にも、タレント性を覗かせる様子に期待が高まっています。

牧野や御子柴の上司で、室長の網野肇役には、ゾッとさせられる怪演から、温和な父親役など役によって同一人物と思えない”顔”を覗かせるカメレオン俳優の、三石研さんです。

警視庁の出向で来ている網野は大事を起こさず、平穏無事を過ごせば本庁に戻れることを期待し、成果を上げて少しでも早く外務省に帰りたいと願う網野と紐倉は意見の衝突が絶えません。

そんな三石さんの役どころはまさに、「ハケン占い師アタル」の代々木部長に似た要素あり。

役者も個性的な顔ぶれが揃い、山下智久さん演じる紐倉が、まるで「僕らは奇跡でできている」にて、高橋一生さんが演じた、相川一輝に似ていて、変わり者だからこそ、凡人が気付けない細かなポイントに気付き、事件を解決していくストーリーが楽しみですね。

まとめ

ひよりとおじさま達の最後の戦いとも言える野間と、ひよりの父の死去や池原夫妻に関連する高遠建設と警察の内通者の闇を暴きました。大ピンチかと思いきや、ひより達の作戦にまんまと引っ掛かった「馬鹿丸出し」の野間の墓穴を掘る姿に爽快感と、ひよりとおじさま達が野間よりも、無敵だと感じられた最終回でした。

金曜の22時放送の新ドラマ、「インハンド」も山下智久さん演じる、ドSで皮肉屋、義手のロボットハンドを持つ、天才寄生虫専門学者の紐倉を通して描く、医療と科学を融合したミステリーにこうご期待!

Sponsored Link