「4分間のマリーゴールド」2話が放送されました!

藍の料理を食べたいという意見が殺到し、能力を藍だけにカミングアウトしたみことが、状況を分かっているからこそ、命が救えない時もある切なさに涙でしたね。

「4分間のマリーゴールド」の1話感想をツイッターの反応と共に確認します!

また、4分間のマリーゴールド2話のネタバレ・あらすじもチェックです!

そして、4分間のマリーゴールドを見逃してしまった、あなたへ、見逃し配信の無料視聴も案内しています。

是非、最後までお付き合いください!

Sponsored Link

 

4分間のマリーゴールド2話あらすじ

1年後の誕生日に最愛の義姉・沙羅(菜々緒)が若くして死ぬ―――。
みこと(福士蒼汰)は、沙羅と初めて会った日に視えた“死の運命”が今も変わっていないことに動揺しますが、沙羅の死を未然に防ぐことを決意します。

沙羅のことを過剰に心配し始めたみことの異変に気づいたのは藍(横浜流星)でした。

藍は、みことの沙羅への執着ともいえる様子に違和感を覚えます。

そんな藍にも、実は1人で抱えている秘密がありました…。

なぜ家族のために料理を作り始めたのか、その理由や家族への思いを知ったみことは、藍に“死の運命”が視える特殊能力があることを告白します。

ある日、みことは救急出動した先で、藍が料理の師匠と慕う老婦人・和江(松金よね子)と出会います。

和江は、藍が料理を教えてもらいに行っている知人の女性で、過去に息子を亡くした寂しさからむやみに救急車を呼ぶことから有名なトラブルメーカーとして知られていました。
しかし数日後、和江が本当に病で倒れてしまいます。

和江の救命に駆けつけたみことは、和江の手に触れた際、彼女の“死の運命”を視てしまい…

みことは姉、沙羅がどんな死因で亡くなるのか調べていました。

沙羅は相変わらず、絵画教室をして子ども達に教えていました。

みことは仕事場へ向かいます。

和江という何度も似たような理由で救急車を呼びだすちょっと「困りもの」な女性でした。

しかし、愛息子を亡くしてから心の寂しさで、救急車をついつい呼んでしまっていたのです。

スーパーで買い物しているみことと藍は、和江と偶然会い、みことは藍が和江から料理を教わっていることを知りました。

しかし、藍は普通の同級生よりも精神的に自立している部分や、和江といるところを同級生に陰口をたたかれていました。

和江は変わらず、息子を亡くした悲しみが癒やされず、みことたちを呼んでしまいます。

みことはやんわりと和江に「緊急でないのに救急車を呼ぶと、助かるはずが助からない命がでることもある」と注意。

和江は息子を「まさか亡くなるとは思わなかった」と、突然死した悲しみを語り、みことたちに手料理を食べるようにすすめます。

沙羅のことや、和江の境遇を知るみことは、自分の身に起こる突然の命の危機について複雑に受け止めていました。

それもあって、「自分は年だしパーっと飲んだりしていつ死んでもいい人生がいい」とこぼした廉に反論します。
さらに、藍の進路のことで昔気質な考えで「良い大学、良い出世」を口にした廉。

沙羅や藍も口を出し、ちょっと空気が気まずくなりました。

後日、藍は和江を訪ね、煮物の味に違和感があったこと、体のしびれなど和江の様子がおかしいことに気付きます。

そして、ちょっと横になるはずの和江は、倒れて意識不明に。

藍はみことに通報して、救急車に乗せられます。

しかし、みことは和江のビジョンが見え、急性硬膜外血種だとわかります。

さらに、このまま設備が不安定な病院へ運べば、和江は死ぬ運命にありました。

みことが救急隊の同僚や上司を説得するものの、信じてもらえません。

やはり、自分の能力で現実が見えても変えられないのか・・・と痛感するみことですが、看護師が藍に「和江は検査してみたところ急性硬膜下血腫の疑いが見つかった」と報告。

和江は急性硬膜下血腫と分かり、手術を受ける事に。

藍はみことと和江の手術が終わるのを待機しながら、藍が学校でいじめを受けていたことをみこと含めた沙羅や康にも黙り続けていたこと、藍は偶々、和江に声をかけられ料理を教わるようになったことを話しました。

みことは藍の状況に気付けなかったことや、既に和江の運命が視えていることから涙を流します。

和江は亡くなってしまい、また運命を変えられなかったみこと。

公演で話す藍とみこと。

藍はみことが救急車で移動中に、和江の病名を言い当てたり、どんな処置をすれば助かるのかを適切に言い当てたことに違和感を感じます。

そこで、ついに、みことは藍に能力を暴露。

藍はみことの能力を軽蔑することもなく、和江が亡くなると分かっていても、助けようと必死になってくれていたみことに、感謝します。

その夜、藍は和江から教わったさば味噌煮をみことたち兄姉に振舞います。

みことはただ、過ぎてゆく幸せのなかで、沙羅に1年後に降りかかる運命を変えたいと深刻に思いつめたのでした。

4分間のマリーゴールド2話横浜流星の手料理を食べたい人が続出!感想・あらすじ・ネタバレ確認!感想と考察

4分間のマリーゴールド3話ネタバレ

▼4分間のマリーゴールド 第2話の無料視聴をご検討の方はこちら▼

Paraviで無料視聴

4分間のマリーゴールドの無料動画を確認する
~Paravi公式サイトへ移動します~

Paraviは30日間無料でお試しいただけます。

Paraviの詳しい登録方法はこちら

⇒Paraviの詳しい解約方法はこちら

最新配信状況・変更・終了などの確認は各VODサービスでお願い致します。

まとめ

藍の手料理が食べたいといった好意的な意見や、能力を藍だけに告白し、命を救うことに葛藤するみことに涙腺が緩んだ方、続出!

藍が料理を家族に作る理由と和江との絆も心がぎゅっと締め付けられました。

来週の3話もお楽しみに。

Sponsored Link