今回は、社会人なら仕事をしていく上で
一度は検索したことがあるであろう!?
「メンタリティー」と「バイタリティー」
の違いについてまとめてみました。

「上司の話の中で出てきたけど
いまいち意味が分からなかった・・・。」
「なんとなく分かるけど説明しろと
言われると・・・。」

なんて、気になってはいませんでしたか?
今回はその違いについてしっかりと
確認してみましょう!!

Sponsored Link

 

「メンタリティーとバイタリティーの違い」

メンタリティーとバイタリティー。
似ているようでどこか違う両者はどのように
使い分ければいいのでしょうか?

まずは、メンタリティーとバイタリティーの
意味の違いを確認していきましょう。

メンタリティーの意味

意味:心のあり方、精神の持ち方、
心理状態、心的傾向

つまりメンタリティーとは、人の行動や
発言の根底にある心的傾向のことを指し、
通常は表に出てこない心理的な内部統制
のことです。

バイタリティーの意味

意味:生命力、活力、活気

バイタリティーの意味とは、その人の
いきいきとした力を指し、さまざまな苦難や
障害を乗り越えていくような活力や生命力、
生活力などを指しています。

 

どちらもその人を表す心の状態やエネルギーの
ようなものを指している言葉ですので、やはり
混同しやすいですが、厳密にいうとメンタリティーは
その人の根底にある心的傾向を指し、バイタリティー
は活力や生命力を表しています。

Sponsored Link

「メンタリティーとバイタリティーの対義語」

メンタリティーとバイタリティーの
違いを理解するために、それぞれの対義語を
確認をしたいところでしたが、

「メンタリティー」

「バイタリティー」

の対義語は存在していません。

「メンタリティの使い方」

普段社会人として、仕事や人生に対しての
心の持ちようを表現する機会もありますよね。
そんな時、“メンタリティー”をどのように
活用すればいいのでしょうか?

○メンタリティーの使い方

「目標のために前向きなメンタリティーを持つ」
「彼のメンタリティーは素晴らしい」
「メンタリティーによって結果は変わる」
「成功者とそうでない人はメンタリティーが違う」

など、心的傾向を表す際に使ってみましょう。

「バイタリティーの使い方」

ではバイタリティーはどのような場面で
使うのでしょうか。
バイタリティーとは活力やエネルギーを
表していますので、以下のように使いましょう。

○バイタリティーの使い方

「社長はいくつになっても新しい挑戦をする
バイタリティーあふれる人だ」
「彼女はいくつもの事業を手掛けている
バイタリティーのある人だ」
「人生を豊かにするため、バイタリティー
溢れる生き方をしたい」

など、行動に活力があるさまを表現する際に
使ってみましょう。

「メンタリティー・バイタリティーと似た言葉とその違い」

メンタリティーと似た言葉は「国民性」や「民族性」、
「マインド」や「精神構造」、「心理構造」など
があります。
やはりその人を形作る根底にあるものを指すものが
多いですね。

また、バイタリティーと似た言葉は、「活動力」や
「生気」、「エナジー」や「エネルギッシュ」、
「意気」や「力」、「元気」「気力」、
「活気」や「血気」などがあります。
その人の行動に視点を当てた表現が多いですね。

ちなみに、マインドとメンタルの違いについては、
こちらの記事で解説しています。

READ:メンタルとマインドの違いは?意味や使い方を知って心のコントロール

「バイタリティーある人になるには」

バイタリティーの溢れる人とは、自分のできる限りの
力を発揮して、目標に向かって一心不乱に活動している人
を表現しています。

また、バイタリティーに溢れる人とは、生き生きして
いる人という見方もできますね。活発な人や仕事に対して
精力的に行動しているという人にも使われます。

よって、まずは成功や失敗にとらわれず何事にも
チャレンジしていく“姿勢”こそがバイタリティーある
人なのではないでしょうか。

何事にも好奇心旺盛に、チャレンジ精神をもって
活動していってみてはいかがでしょうか。

バイタルの源は、メンタル。

ご自身のメンタルをしっかりと
コントロールできることが、
パフォーマンスの向上に繋がります。

メンタルやモチベーションについての
関連書物で情報をインプット。

その情報をあなたのというフィルターを通して、
アウトプットすることで、マインドが定着します。

▼読むとマインドアップに繋がる書籍はこちら▼

「最後に」

ということで今回は、似ているようでどこか
違う言葉、メンタリティーとバイタリティー
の違いとその使い方をまとめてみました。

ぜひ活用してみてくださいね。

 

最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。

Sponsored Link