仮面ライダービルドでは、
「ホテルおじさん」とSNSで称され、
陰の人気を誇る氷室幻徳。

その氷室幻徳役を演じている、
水上剣星さんのインスタがない事が判明!

SNSで話題になっているのに、
ご本人のSNSが一切ないとは意外ですww

ここでは、インスタ映えしそうな、
水上剣星さんの画像をたっぷりと
ご紹介していきます!

Sponsored Link

「ホテルおじさん」水上剣星さん!

仮面ライダービルドでは、
ついに東都を追放されてしまった幻徳。

あそこまで私欲を前面に押し出して
憚らない人も珍しい・・・

そんな幻徳を演じる、水上剣星さん。

強面のイメージが強いですが、
実のところはどうなんでしょう。

色んな剣星さんを見てみました(^-^)

いつもは、


こんな顔とか


こんな顔とか


こんなのとか


こんなのとか、


こんなのとかwww

上にらみとか、眉間に深~く皺が寄って
たりとか、サイケデリックな感じとか、
町にいたらあんまり近寄りたくない
感じの雰囲気が多い幻徳

少なくとも、
子供に好かれる感じではありませんね。

水上剣星さん自体SNSをやっておらず、

「SNSをやっていない自分にまで
色々な方から届く声に。」
【仮面ライダービルドキャストブログより】

実際の作品や出演映像を見る以外に、
剣星さんを拝見することがありません。

水上剣星さんがインスタに上がるのは、
共演俳優さんと一緒に写ったものばかり。

プライベート的なものは一切ありません。

だからこそ、
とっっっても気になる俳優さんでも
ありますよね(^-^)

普段から強面の感じの方なんでしょうか。

インスタ、ツイッターの画像


こちらは、
越智友己さん(内海役)のツイッター。
微笑む剣星さんがいますね。

こんな穏やかな顔は、
幻徳では見たことがありません。

そして、
こちらは映画「不能犯」の宣伝のために
出演していた、フジテレビ「VS嵐」

みんなと合わせて、ガッツポーズ!


自然な笑顔も溢れます。


真剣佑さんと一緒に、ゲームに夢中(^-^)


何て爽やかなんでしょう!


この時は、
松坂桃李さんと沢尻えりかさんが
主役な感じで出演していらっしゃったので、
剣星さんはあまり前へ出る感じではなかった
のですが、とても楽しげに
過ごしていらっしゃいました!

意外とゲームに夢中になるタイプなんですね!
「ホテおじ」とはとても思えないwww

普段からとても意識の高い方のようですので、
常に周りを引いて見ている感じがしますが、
みんなでワイワイするのは
嫌いではないのかも。

こんなことしてるしwww


たぶん、これに触発された?


ビルドのキャストブログでも、
子供思いの優しいコメントとか
スパイスの効いたお洒落なコメントも。
【仮面ライダービルドキャストブログ】
http://www.tv-asahi.co.jp/reading/build/category/%E6%B0%B4%E4%B8%8A%E5%89%A3%E6%98%9F/

実際、
お子様もいらっしゃるようですので、
子供は好きなんでしょうね(^-^)

仮面ライダービルドでも、
こんな穏やかな幻徳も見てみたいものです。

お父さんの氷室泰山はとても平和的な、
穏やかな感じの人です。

その泰山があれだけ
「変わったのはお前の方だ!!」
と言っているくらいなので、
元々の幻徳は、お父さんに似て、
穏やかな平和主義者なのかもしれません。

にしても、
仮面ライダーなどの特撮ものは、
撮影がタイトで長い!!!
というのが知られています。

そんな中でも仮面ライダー以外の
映画や番組撮影など、パワフルですね!

しかも、剣星さんは、奥様と一緒に
アパレルブランドもお持ちとのこと。

そちらのデザインや経営もされて
いらっしゃるなんて、
すごいバイタリティです。

ちなみに、マスターこと前川泰之さん
こんなところで発見!


TBSテレビの「世界ふしぎ発見」で、
坂本竜馬を演じていらっしゃいました。

また、NHKの「旬感☆ゴトーチ!」や
2月17日放送のBSプレミアムの
スペシャルドラマ「荒神」などにも
ご出演のようです。

【前川泰之オフィシャルブログ】

前川 泰之オフィシャルブログ Powered by Ameba
前川泰之さんのブログ「前川 泰之オフィシャルブログ Powered by Ameba」です。最近の記事は「旬感☆ゴトーチ!」です。

しかも、家族サービスも完璧!

ベテラン陣は、
時間の割り振りが上手なんですね。

意欲的に数々の作品に出ていらっしゃいます。

ま、主役陣は毎回ライダーになってるので、
それはそれで大変だとは思いますが。

Sponsored Link


仮面ライダービルドは、主役以外の周りの
大人たちの言動も大切なキーワードと
なっている作品。

若者に負けず、
ベテラン陣も頑張って欲しいですね!

Sponsored Link

Sponsored Link