皆さんは普段何気なく、「マインド」や
「ハート」という言葉を使っていませんか?

似たようにも思える二つの言葉。
きちんと意味を理解していますでしょうか?

ということで今回は、マインドとハートの
意味の違いや、使い方をまとめてみましたので、
今一度、確認してみてくださいね!!

Sponsored Link

 

マインドとハートの違い

普段何気なく使っている二つの言葉ですが、
皆さんはどれほど正確に意味を理解して
いますでしょうか。

まずは「マインド」と「ハート」の
意味を、それぞれ確認してみましょう。

マインドの意味

意味:心。精神。意識。 好み。意向。など

つまり“マインド”とは英語の“mind”から
来ており、心や精神を指す言葉です。

使い方としては、
「スポーツマインド」=スポーツ精神
「マインドコントロール」=精神(心)を
コントロールする
といったように使います。

ハートの意味

意味:心臓。心。感情。愛情。恋心。など

“ハート”とは英語の“heart”であり、心臓そのもの
を指す場合から、感情を表現する際に用いられたり
もします。

使い方としては、
「ハートのこもったおもてなし」
=気持ちのこもったおもてなし
「ハートが高鳴る」=心臓が高鳴る
といったように使います。

Sponsored Link

マインド・ハートの対義語

マインドとハートの正式な対義語は存在していません。

ただし、マインド(Mind)の一応の対義語として、
「overlook」や「body」というような単語が挙げられています。

また、ハートの対義語は全く存在していません。

強いてあげるとするら「Broken heart」が
対義語として使えるでしょうか。

マインド・ハートを強く優しくする方法

マインドとハートは混同されがちですが、
「心」や「感情」を表現するという場合では
同じと捉えていいと思います。

「精神」「心」「感情」を強くする方法としては、
やはり平常心を保つ事ではないでしょうか。

自身の感情が揺れ動いていたり、余裕がないと
うまくいくものもうまく行きませんし、
優しく接することもできません。

心に余裕をもって平常心を保つように
心がけてみましょう。

マインド・ハートと似た言葉と使い方

「心」という意味でハートやマインドと
類似した言葉は、心中や内心、精神やメンタル
などといった物があります。

日本語や英語でも似た言葉はありますが、
それぞれに微妙にニュアンスが違う場合が
ありますので、使う際には意味を理解してから
使いましょう。

先ずは自分を知ること

「心」を表現する言葉はたくさんありますが、
それらを意識し成功するために精神を強く保つ
には、そのための方法を模索して理解し、
共有し、繰り返すことで自信を付けて平常心を
保つことではないでしょうか。

その中で必要になってくるものが“マインド”
であったり“ハート”であったりします。

まずは言葉に翻弄されず、目標に対しての自分の
位置を確認し、やるべきことを明確にして
いきましょう。

おのずと進むべき方向が見えてくると思いますよ。

そして、自分の立ち位置を確認した上で、
関連書物から情報をインプットしてみましょう。

インプットした情報は、
あなたというフィルターを通して、
つまり、あたなの言葉に変えて
周りの人に伝播、アウトプットするといいです。

アウトプットする事で、考えや意識が
あなたの心に定着し、より強い、
マインド、メンタルを獲得できます。

▼読むとマインドアップに繋がる書籍はこちら▼

最後に

ということで今回は、マインドとハートの
意味の違いと共通点、使い方などをまとめて
みました。

ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。

Sponsored Link