成田山新勝寺は
厄除けで有名なパワースポット。

「2019年こそはいい年にしたい!」と

初詣に成田山新勝寺へ
お出かけする予定の人も
多いのではないでしょうか?

成田山は成田空港からのアクセスもよく、
国内外から観光客が訪れる一大観光地。

とうぜん初詣も毎年大混雑が予想され、
車で出かけたいけれど、渋滞が心配・・・、
駐車場があるかな?

と躊躇される方もいるでしょう。

本来なら混雑必至なので
電車でお参りがおすすめです。

しかし、
お子さんやご高齢の家族と
一緒に参拝される場合、
車で行って帰る方が楽ですよね。

そこで今回は
混雑を避けて成田山新勝寺に参拝できる時間や、
周辺の駐車場状況などをお調べしました。

眺めているだけでも楽しい
屋台の出店状況もあるので、
ぜひチェックしてからお出かけくださいね!

Sponsored Link

 

成田山新勝寺のご利益

成田山新勝寺とは

成田山新勝寺は、
真言宗智山派の大本山

平安時代中ごろ(940年)に、
平将門の討伐祈願のために、
寛朝僧正が京都から弘法大師作の
不動明王像を奉持したのが始まりです。

御本尊はこの不動明王で
「成田不動さん」と呼ばれ親しまれています。

無事平将門を平定し、
京に帰ろうとしたときに、
この不動明王はその名のごとく
動かなくなってしまったとか。

そして、この地にとどまって
衆生のためにご利益をもたらしたそうです。

新勝寺という名前には
「新たにまた勝つ」
という意味が込められています。

川崎大師や高尾山薬王院と並んで、
関東三大本山と呼ばれています。

成田山新勝寺では護摩祈祷を行っており、
災厄を退けて願望成就を祈る寺院です。

新勝寺のご利益

・障害除去・災厄消除・家内安全・交通安全
※(「釈迦堂」が厄除けのパワースポット)
・願望成就
道を切り開く力と困難を乗り越える知恵をもたらす
・恋愛成就 
※(「光明堂」が恋愛成就のパワースポット)

パワースポットも数多くあるので、
新年に大きな願い事をするのに最適な場所ですね!

2019年成田山新勝寺の混雑状況

成田山新勝寺の初詣の参拝者数は、
明治神宮に次いで第二位!

初詣の参拝者は例年300万人を超える、
全国でも有数の初詣スポットの一つです。

鉄道でのアクセスもよく、
参道へ続く道には土産物店や
食事処などが立ち並びます。

しかし、
初詣では表参道に屋台が出店しているので
道幅が狭まっている上に、
駅から来る人であふれかえっていて、
寺にたどり着くのも大変です。

境内は広大なので、
寺に入ると比較的動きやすくなりますが、
お参りするには長蛇の列ができていて、
寒い中立って待つことは必須です。

ピーク時では、
参拝まで3~4時間待つこともあるので、
防寒対策をしっかりして行きましょう!


成田山新勝寺の初詣はいつまで?おすすめの参拝時間と日程

2019年も大混雑が予想される
成田山の初詣ですが、
毎年参拝客のピークを迎えるのは、

・1月1日  1:00~3:00
・1月1日  9:00~15:00
(なかでも9:00~13:00)

ピーク時以外でも、
3日までの三が日の日中(9:00~18:00)
大混雑が続いています。

Sponsored Link

しかし、
「仕事のお休みの都合もある」
「お正月気分を味わいたい」
「どうしても大みそかから三が日に初詣に行きたい」

という方におすすめなのは、
以下の時間です。

12月31日 22:00~0:00

紅白は録画で済ませ?早めに到着。

表参道で食べ歩きをしながら
カウントダウンを待つという方法。

1月1日 4:00~6:00

年が変った直後の最も混む時間を過ぎ、
比較的落ち着いてきます。

早朝のぴんと張りつめた空気に
気持ちも引き締まり、
一石二鳥かもしれないですね!

三が日は早朝か、夕方過ぎがおすすめ

三が日中は早朝や夕方以降の参拝が
比較的混雑が避けられます。

夕方、夜間よりも
早朝の方が格段に参拝人数が少ないので
早起きをして初詣に行くよにしましょう!

三が日を過ぎ、4日以降は
ツアーの観光客が少なくなり
比較的落ち着いています。

 

とはいえピークを避けたとしても、
どうしても人ごみは苦手、という方に朗報です。

初詣は大みそかから三が日の間に
行かねばならないという決まりはなく、
1月中に参拝すると初詣にあたります。

土日はまだ混んでいるでしょうが、
三が日を過ぎると落ち着いてくるので、
あわてなくても1月の間のご都合の良い時に、
ゆっくり参拝されても大丈夫です。

”千葉の初詣スポットの情報はこちらから”

Sponsored Link

初詣の参拝方法(お参りの豆知識)

成田山は寺院です。
神社と同じ参拝方法で柏手を打つのはNGです。

作法通りにお祈りをしなくても
不動明王のお咎めなんてないでしょうが、
やはり作法に沿ったやり方で参拝したら
よりご利益がありそうな気がしますね。

そこで、成田山新勝寺での一般的な
お参りの仕方をご紹介します。

「必ずこうしなければならない」

というわけではありませんが、
参考程度に読んでみてくださいね。

成田山新勝寺参拝方法

総門で一礼

神社の鳥居をくぐる時と同じで、
ここから先は「お不動さまの御庭」ですので、
一礼してから入ります。

手水舎(ちょうずや)で手と口を清める

柄杓で水をすくって左右の手にかけて清めます。

そのあと手のひらに水を取って、
口をすすいで清めます。

香閣(こうかく)で心のお清めをする

金剛力士像の立派な仁王門から
階段を上がると香閣があります。

香閣から立ちのぼる煙を身体の痛い部分や、
具合の悪い箇所にあてると良いですよ。

手水舎の水で手と口、
香閣の煙で心を清めることを合わせて
身口意(しんくい)のお清めといいます。

大本堂にて一礼、合掌

大本堂に入ったら、御賽銭を入れ、
賽銭箱の前でまず一礼し、
合掌してお祈りください。

その後、軽く一礼します。

堂内でお祈り

大本堂の堂内には誰でも入れるので、
できれば堂内へ。

正面のお不動さまに一礼後、
合掌してお祈りください。

その後、軽く一礼します。

 

そのあとお守りなどを購入したい方は、
御札受場へ。御護摩の申込みもこちらへどうぞ。

Sponsored Link

おみくじを引こう(おみくじ豆知識)

吉兆の順番は?

初詣では、「今年最初の運試し」に
おみくじを引くと楽しいですね。

「大吉」が出ると、
今年一年の幸運が約束されたようで
新年早々ハッピーな気分になります。

反対に「凶」がでると、
一年の門出にふと不安がよぎったり・・・。

大吉や凶なら
良くも悪くもわかりやすいのですが、
問題なのが「吉」と出た場合。

なんだか微妙な気分になりませんか?

これはラッキーなのか、そうではないのか?

いろいろと解釈が分かれるところですが、
おみくじの吉兆の順番は神社や地域によって
異なっており、決まったルールはないそうです。

ただし、
伊勢神宮を本宗とする神社本庁では、

「大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶」

の順番を基本とする、としています。

神社仏閣によって解釈はまちまちなので、
引いたおみくじの正確な吉兆が知りたい方は、
その寺社の方に問い合わせてみてくださいね。

ちなみに成田山では

成田山のおみくじの吉兆の順番は、

大吉>吉>半吉>小吉>末吉>凶 

で、神社本庁と見解を同じくしています。

その解釈でいくと「吉」って、
かなり良い運勢ということなのですね。

おみくじが示す
運気の大きさ小ささはそれぞれです。

すべては神様からのメッセージですから
むしろそこに書いてある内容の方が重要ですね。

待ち人・争事・・・の意味は?

おみくじの内容を見てみると
「勉学」「縁談」
などはわかりやすいのですが、

「待ち人」「失せ物」など、

何を意味しているのか分からなく、
なんとなく読み飛ばしている項目も。

ここでは、
おみくじの内容の意味について確認です。

「待ち人」

「好きな人」「片思い中の人」と勘違いして、
一喜一憂している方もいるようです。

本来、「待ち人」とは

「人生を良い方向に導いてくれる人」

という意味なのだそうです。

「失せ物」

失くしたものという意味だけではなく、
幸福などの精神的な意味も含まれるとか。

「争事」

小競り合いから訴訟まで、
幅広く人と対立すること。

そりの合わない人との
人間関係などもふくめて解釈してもよいかも。

どんな内容であっても思い込みで解釈せず、
正確な意味をとらえたいところですがね。

おみくじは何回引いても大丈夫?

中には「凶」がでたので、もう一回引きたい!

とか、「大吉」がでるまで引く!
という人がいるかもしれません。

その場で何度もひかなくても、
違う神社で引き直しをしたことなら
私にもあります。

その年の正月は三か所でおみくじを引いて、
三か所とも「凶」でした・・・。

そこまでいくと、いい加減観念して
神様のお告げを受け入れるしかないのですが、
そもそも、何度もおみくじを引くというのは
アリなのでしょうか?

基本的におみくじはお守りでありません。

おみくじ自体に、
神様の神通力が込められているわけではなく、
何度引いても大丈夫だそうです。

バチがあたることもありません。

しかしどんな内容であっても、
神様からのメッセージとして謙虚にうけとめ、

「大吉」が出てもおごらず。
「凶」にもくさらず。

年始に当たって心新たに
日々努力し続ける指針として
おみくじを役立てていきたいですね。

Sponsored Link

成田山新勝寺の屋台の営業時間

初詣の楽しみのひとつは屋台の出店ですね。

子どもはもちろんのこと、
大人だって屋台が並んでいるのを
見かけるだけでワクワクしますね!

成田山の初詣期間中は
JR成田駅からの表参道と、
境内に屋台の出店が多数あります。

屋台の営業時間は
12月31日の23:00頃~1月1日の23:00頃まで。

1月2日以降はお店によりますが、
9:00頃~22:00頃まで
営業をしている屋台が多いようです。

屋台が出ている期間は
12月31日~1月31日ごろまで。

表参道が歩行者天国になっている期間中は
出店されているので、長く楽しめますね。

また、
屋台の他に表参道の商店街も営業しています。

屋台が開店する前に朝早くから営業していて、
店内で暖を取らせてくれるお店もありますよ。

成田山新勝寺初詣の駐車場

成田山周辺の道路は、
初詣のピーク時に車両通行止め時間帯があります。

表参道とその周辺道路が車両通行止めになる期間

【12月31日】

21:00~

【1月1日】

0:00~19:00

【1月2日~3日】

9:30~18:00
(表参道は1月31日まで車両通行止め)



また、大みそかから1/31まで、
周辺の道路は交通規制が実施されるので、
表参道沿いの市営駐車場は利用ができません。

そこで成田山まで少し遠くても、
徒歩圏内で参拝できる駐車場や、
安くて穴場の駐車場をご紹介します!

Sponsored Link

成田市東和田駐車場

成田山新勝寺まで約1km。
徒歩約15分。

料金が安く駐車台数が多いのでおすすめです。
トイレもあります。

・530台収容

・普通車1日400円

・24時間営業

住所:成田市東和田396-3
TEL:0476-24-0779


黒田駐車場

新勝寺まで徒歩2分の好立地なのに
意外と穴場です。

事前予約ができます。

予約サイト:https://btimes.jp/chiba/park/3214/

極力国道を避けて通ると渋滞を避けられますよ。

・100台収容

・1日600円(12/31~2/15は1日1,000円)

・8:00~24:00営業
※8:00~17:00に入庫してください
(17:00~24:00出庫は可能)

住所:千葉県成田市幸町460
TEL:0476-22-0175


ドライブイン海老屋

新勝寺まで徒歩1分のところにあり便利。

店内で3,000円以上のお食事や
お土産など買い物をすれば駐車料金が無料に。

・普通車25台、大型バス13台収容

・1日800円

・10:00~15:00に駐車してください

住所:千葉県成田市本町335
TEL:0476-22-2255


門前駐車場

成田山新勝寺まで
徒歩5分の場所にある駐車場です。

高額紙幣が使えます。

・80台収容

・1日800円

・8:00~17:00に駐車してください
※12/31~1/2は24時間営業

住所:千葉県成田市601-2
TEL: 0476-22-2550


イオンタウン成田冨里

新勝寺まで徒歩15分ほどですが、
なんといっても収容台数の多さと、
無料で駐車できるのが魅力ですね。

・1,080台収容

・無料

・営業時間は地図を参照ください↓

住所:千葉県成田市東町133
TEL: 0476-22-6100



成田山新勝寺へのアクセス

車の場合

東関東自動車道
成田ICから国道295号線へ出てすぐ。

国道295号線と51号線が交差する
寺台インターへ向かってください。

首都圏中央連絡自動車道から行かれる方は、
大栄JCTで東関東自動車道へ乗り継ぎ、
成田ICで降りてください。

寺台インターを直進→国道408号線
→11番(成田山裏門入口)の信号を左折→
直進すると左手に成田山新勝寺


電車の場合

成田山新勝寺の最寄り駅は

「京成電鉄京成成田駅」
「JR線成田駅」

いずれも成田山新勝寺まで徒歩10分ほどです。
※いずれも大みそかには終日運転しています

京成電鉄

上野駅から特急で約65分。
成田空港第2ビル駅下車し成田駅へ約8分。

※成田エクスプレスは成田駅に停車する便がほとんどないので注意!


JR線

東京駅から横須賀線・総武線直通の「快速エアポート成田」で約70分。

成田空港第2ビル駅から成田駅へ約8分

上野駅から常磐線我孫子駅経由で約80分


まとめ

成田山新勝寺は
初詣参拝者数が全国2位だけあって、
基本的にはどのタイミングでも混んでいます。

その中でも混雑を避けるには、

・三が日の日中は参拝しない
(どうしても参拝するときは早朝か夕方に)

・車で参拝するときは、事前予約可能な駐車場か、
少し遠くても収容台数の多い駐車場に止める。

ことがオススメです。

ただし、成田山新勝寺の境内は大変広いので、
着いてしまえば参拝の順番待ちは別として、
割と歩みはスムーズです。

また、
参道や境内の屋台や商店街が充実していて、
にぎやかで楽しい新年の幕開けが過ごせます。

これだけ混雑するとわかっていてもなお、
人々を国内外から惹きつけてやまない
魅力があるのが成田山新勝寺。

ぜひ初詣に出かけて、
2019年の幸運をキャッチしてくださいね!

Sponsored Link