現在バラエティ番組で引っ張りだこである
新垣隆さん!

佐村河内守の元ゴーストライターとして、
名をとどろかした過去をもつ彼です。

今は謙虚な姿勢や、
元ゴーストライターであった過去を
悔い改めている反省の姿勢に好感度をもてますよね。


そんな、佐村河内守の元ゴーストライター
である新垣隆さんの現在!


なんと「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さんたちと、
ジェニーハイというバンドを組んでいるのです!

新垣隆さんは
バンドでは天才的実力を買われ、
キーボードメンバーとして
活躍しているのです!


Sponsored Link

新垣隆とは


新垣隆プロフィール

生年月日:1970年9月1日
年齢:47歳
出身:東京都清瀬市
職業:作曲家・ピアニスト・バンドマン
学歴:桐朋学園音楽学部作曲科卒業


新垣隆さんの出身地はなぜか諸説ありますが・・
東京都の団地に生まれ、
ピアノが好きな母の影響で
ピアノが好きになったようです。

その後
ヤマハ音楽教室でピアノを習い始め
千葉県立幕張西高等学校で音楽を専攻し、
桐朋学園大学音楽学部作曲科を卒業。

ゴーストライター騒動を告白する2014年まで、
母校である
桐朋学園大学音楽学部作曲先行非常勤講師として
勤めていました。

音楽の天才的実力から
音楽を学ぶ学生からも人気のある先生だったようで、
講師をやめると言い出した際は
学生たちの署名運動がおこるほどでした!

Sponsored Link

新垣隆という人物について

音楽家たちからの新垣隆さんの評価は
「非常に優秀なピアニストで作曲家」
「俗世の欲のようなものからは果てしなく遠い人物」
「新垣隆は日本で芸術音楽の作曲にかかわるもので知らない人はいない」
「新垣隆は彼の世代のトップランナーの一人で20代前半から注目されていた」

と、
若いころから
音楽の天才的実力の持ち主として
有望視されていた
音楽家だったようです。

性格は
誠実で普段は控えめ、
人間性はとても優しく、
新垣隆さんは人からは悪口を言われたりしない

そんな温厚な性格の持ち主です。

Sponsored Link

実は音楽オタク!?

現代音楽家・クラシックのイメージが強い
そんな新垣隆さん。

なんと現在
「新垣隆さんは音楽オタク」という情報が
出ています!

民族音楽から世界中の音楽CDや
楽譜が自室に山積みで、
80年代のアイドル歌謡曲・演歌についても詳しい・・
本当に音楽オタクだったのです!

Sponsored Link

佐村河内守事件の真相

続いて、
新垣隆さんが現在のように有名になった
佐村河内守事件の真相
についてご紹介します。

佐村河内守とは?

まずは佐村河内守さんについて
軽くおさらいしていきましょう。


画像出典元:https://gozzip.jp/8348/


このロン毛サングラスひげのおじさんが
佐村河内守さんです。

生年月日:1963年9月21日
年齢:54歳
出身:広島
学歴:崇徳高等学校商業科卒業


耳が聞こえない作曲家ということから、
「現代のベートーヴェン」という
呼び名で呼ばれていた
佐村河内守さん。

しかし、新垣隆さんが
ゴーストライター騒動を告白したことで
聴覚障害を演じていたことがバレ、
「偽りのベートーヴェン」

といわれるようになりました。

本当は耳が聴こえているんです(笑)
※軽い難聴という情報有り。

彼はもともと音楽ではなく、
俳優を目指していたのですが、
見た目や声質から
一時期ロックの世界へ飛び出しました。

しかし、
佐村河内は虚言癖があったことで、
自分をプロデュースしてくれた人や
良くしてくれた人の悪口を
あることないこと他人に吹き込むという
謎の行動をした結果、
デビューには至らなかったそうです。

学生時代も虚言癖があった、
と彼の同級生は言っています。


Sponsored Link

佐村河内守の会見が笑える

続いて、
新垣隆さんがゴーストライター騒動を
告白したことにより、
反論会見を開いた佐村河内。

その会見が面白い・・
笑いなしでは見られません(笑)




明らかに耳が聴こえてるでしょ(笑)
本当に聴覚障害は演じていただけだったのね・・

新垣隆さんはなぜゴーストライターになってしまったのか

新垣隆さんはなぜ
ゴーストライターになってしまったのか・・


その理由は新垣隆さんの
良すぎる性格が影響していました。


新垣隆さんの性格は
「人に物事を頼まれると断ることが出来ない」
という損な性格なのです。

そのため、
1996年に佐村河内から
ゴーストライターを頼まれ、
ずるずると2014年まで
佐村河内の代わりに佐村河内の名前で
曲を作曲していたのです。

その後、
2014年2月5日に「週刊文春」から
暴露記事が送られてきて
佐村河内守が関係各社に謝罪して
ゴーストライター問題
が発覚するに至ったようです。

ゴーストライターって何?

ゴーストライターゴーストライターって
言ってるんだけど、
ゴーストライターって何?


という方へ・・
ゴーストライターとは何か説明します。

ゴーストライターとは、
書籍や記事、脚本などを代執することを
生業としている著作家のことです。

佐村河内守事件を例に出すと、

佐村河内:
「新垣さん。俺の代わりに他の人には内緒で曲書いてくんない?」

新垣さん:
「え・・私ですか・・・。し、仕方ないですね今回だけですよ・・」

佐村河内:
「(しめしめ・・こいつ人がよさそうだな・・そのままずるずると書かせてやる)」

といった具合で、
その後も佐村河内守の名前で出た楽曲が
人気になったりして、
その後も長年新垣隆さんが
曲を代執する状況が続けば
立派なゴーストライターの出来上がりです!!

このゴーストライターですが、
特に音楽なんかだと相当の実力者でなくては
なれません。

佐村河内が売れてしまったのも
悲しいことに、新垣隆さんが
作曲の天才的実力を
持っていたから
なんでしょうね。

こういったものが、
ゴーストライターです(笑)

暴露後の方が人気が出た!

続いて、
新垣隆さんの現在の芸能活動と
ゴーストライターだったことろの活動
の違いを見ていきましょう!

ゴーストライター時代

ゴーストライター時代の新垣隆さんは、
自身のピアノなど音楽活動のコンサートと、
ゴーストライターの作曲作業を同時に行っていた
と思われます。


そして、
自身が過去に卒業した大学でもある
桐朋学園大学音楽学部作曲科で
非常勤講師としても働いていました。


桐朋学園大学音楽学部作曲科では
わざわざ新垣隆さんに音楽を学びたくて
入学してくる生徒も多くいたようですよ!

人気の先生として音楽界では
有名だったようです。

しかし、
現在に比べると一般人からの認知度はほぼ0に
近いぐらいのものでした。

ゴーストライター暴露後

こちらでは
現在のゴーストライター暴露後の
新垣隆さんの活動についてです。


新垣さんは佐村河内の
ゴーストライターであったことを
暴露するにあたって、
「もう音楽活動を続けられないんだろうな・・」
と思っていたようです。

しかし、
新垣隆さんの謙虚かつ温厚な性格と、
ピアノの実力があった結果
ゴーストライター事件暴露前より
コンサートの回数が増えたそうです。


そして、
ゴーストライターの件のインタビュー時に
受け答えがしどろもどろに
なっていたのがウケたのか、
本人もびっくりのバラエティ番組へ
引っ張りだこになりました。


新垣隆さんの
「人に物事を頼まれると断れない性格」が
バラエティ番組で
使いやすかったのでしょうね(笑)


そして、
新垣隆さんは自分の名前で作曲した交響曲で
CDデビューを果たしました!

その名も連祷(れんとう)



もう一度自分の意志で
曲を書かないといけないと思った・・
とのことです。

新垣隆さんが本業をしている姿
めちゃくちゃかっこいい!!

CDもリリースしているので、
是非気になった方は購入してみてください!
そして、
なんとクラシックのイメージが強い新垣隆さん・・
2017年からはバンド活動でデビュー!!

バラエティ番組で企画されたバンドですが、
新垣さんがめちゃくちゃ可愛いので
ぜひ注目してください!
関連記事:  和田あかり(和田安佳莉)のモデル経歴や出身高校と大学を調査!

2017年からバンド活動を開始

まさかの
ゴーストライター騒動で波に乗ってしまった
新垣隆さん!


現在所属するバンドで大活躍です!

ジェニーハイ

新垣隆さんは現在、
「BAZOOKA!!!」というBSスカパーの番組
誕生した「ジェニーハイ」というバンドの
キーボードとして活動しています。



このように、
天才を集めた豪華なバンドです!

ちなみにバンド名の
ジェニーハイのジェニーの部分・・
フランス語で天才という意味だそうです(笑)

ボーカル・・「TRICOT」の中嶋イッキュウ
ギター・・「ゲスの極み乙女。」川谷絵音
ベース・・「野生爆弾」くっきー
ドラム・・大御所芸人であるあの小藪千豊


そこに、
ゴーストライター騒動で世間を騒がせた
新垣隆が合流
したのです!

実力者の集まりじゃないですか!!!(笑)

小藪千豊さんが
「俺の知っている一番うまいキーボードだから」
とのことでオファーした結果、
まさかの新垣隆さんがOKサイン・・

新垣隆さんは
「自分からこのバンドに入れてくださいとお願いした」
と新垣隆さんらしいボケをかましていました(笑)

このように、
お笑い芸人もバンドメンバーとして所属してるため
バンドのMVと一緒に
コメディー系の謎の学園ドラマも撮影した模様です・・



何がしたいのかわからない感じが
めちゃくちゃ面白い!


新垣さんも結構ノリノリでボケや
コスプレを楽しんでますよね!

のびのびと活動できているようで
何よりですね!

このバンド、
なんと北海道の夏フェスへの出演も
決まっているのだとか!


これからもバンドでの新垣隆さんの活躍
要チェックです!

Sponsored Link

その実力は折り紙付き!

続いて、
新垣さんの実力が折り紙付きである
というところについて語らせていただきます。


現代音楽家&ピアニストである新垣隆さん。

バンド活動では、
あの作曲センスに定評のある
川谷絵音さんの作曲した
「片目で異常に恋してる」を簡単そうかつ、
楽し気に弾きこなします!!

川谷さん・・
わざわざ
ジャズ調や変拍子を沢山織り交ぜて
ピアニスト新垣隆仕様の、
めちゃくちゃ難しくしたキーボードパートを
用意してくれました(笑)

このキーボードパートは
「片目で異常に恋してる」に
軽やかさと色付けを担当していて、
新垣隆さんほどの腕の持ち主だからこそ
こんなに上手に弾きこなせるのです!

楽曲を素敵に彩ってくれていますよね!

普通の人には
なかなかこんな短期間では
このパートを弾きこなせないのでは?

と、私は感じてます。

まとめ

いかがでしたか?
新垣隆さんの過去と現在。

明らかに
佐村河内守のゴーストライターを
やっていた過去をより
現在のバラエティ番組に引っ張りだこだったり、
のびのびと音楽活動をやっている状況の方が
楽しそうですよね!

一般人でゴーストライター時代の
新垣隆を知らなかった私としては、
こんなにも素敵な人間と
ある意味で合わせてくれた
佐村河内守さんには感謝してます(笑)

これからは、
新垣隆さんには
自分の人生と音楽のために
楽しく生きていってほしいなと
願うばかりです。

音楽家である新垣隆の活動に
こうご期待です!

Sponsored Link