”黒羽回”でした!山口紗弥加さんのマニアックなファンから、期待と興奮の嵐でしたね。

乳癌を抱えた自身のことを後回しにして、患者の今日子(内山理名)のことを思うたまきの内面に秘めた優しさと、放射線技師としての責任感が伝わったエピソードでした。

そこで、本日は、3話の感想とあらすじ・ツイッターの反応、キャスト、そして、4話のネタバレも紹介していきます。

また、第3話無料見逃し配信案内もお伝えします。

Sponsored Link

 

ラジエーションハウス3話のあらすじ

唯織(窪田正孝)は、甘春総合病院の放射線科入局説明会で挨拶をする杏(本田翼)の姿を見に行くのですが、堂々と話す杏に同世代として尊敬と、初恋の女性という目線でうっとりしてしまいます。

しかし、杏が整形外科医の辻村(鈴木伸之)と食事に行ったことを偶然知り、ちょっとへこみます。

その頃、新人放射線技師、裕乃(広瀬アリス)は、マンモグラフィ検査という新しい仕事に葛藤中。

そこに、結婚を控えた女性誌編集者・葉山今日子(内山理名)が来院します。

今日子は、前回の患者、美佐子(中越典子)のような、母と祖母がガンに侵されている癌家系のため、毎年、検査を欠かさず行っていました。

不安そうな今日子をフォローしようと、優しく話しかける裕乃。

しかし、その様子を見ていた、たまき(山口紗弥加)から「ここはおしゃべりを楽しむ場所じゃない」とぴしゃりと注意されてしまいます。

検査を進めて行くと、今日子は、日本人に多いデンスブレスト――乳腺密度が濃い体質の患者であることがわかりました。

鏑木(浅野和之)に相談した杏は、病変が見つからないことから取り合ってもらえず、『異常なし』との診断を言い渡されて困惑してしまいます。

一方、たまきは、友人から相談されたと言って、杏にだけ1枚のマンモ画像を見せるのですが、その写真を見ると、右胸にある腫瘤が悪性の癌である可能性が高い・・・すぐにでも再検査をした方が良い、とたまきに伝えます。

その頃、唯織は、今日子のマンモ画像を見ていて、異変に気づいた今日子の後を追いかけ、なるべく早く超音波検査を受けてほしいと放射線技師としてしっかり伝えます。

その夜、たまきは、裕乃に声をかけ、自ら被検者となってマンモグラフィ検査の練習台になると言います。

するとたまきは、その画像をこっそり持ち帰り……。

乳がんの疑惑があることを分かっていながら、普段は冷静沈着で男勝りなタケを割ったような性格の、たまき。

しかし、仕事に対して自分にも周りにも厳しい彼女は、誰にも言えない病気の現実を抱えていることがわかります。

その時、唯織は?また、たまきの知人と思われる今日子についても、唯織や杏が早くも気付いたように、深刻な症状を抱えていることが予告編から伝わりましたね。

杏は放射線科入局説明会にて、淡々と話していて、その姿に見とれる唯織。

一方で、たまきはあるレントゲンを見ながら深刻そうな表情で鼻に手をやっていました。

裕乃はマンモグラフィーの診断を受ける患者をリラックスさせるつもりで、カジュアルな会話を彼女と続けますが、それをたまきにとがめられてしまいます。

一方で、たまきは杏に見せた乳癌の疑いのあるレントゲンを見て、友達のものだと言いますが・・・それは、たまき自身のレントゲンでした。

唯織はその頃、乳がんや卵巣がんを抱えた家族がいる場合、ガンになる確率が高い、デンスブレストという状態で、超音波検査を改めて受けたほうがいいと、今日子に伝えるのですが、今日子は分かっていながら無視。

杏にこの危機を伝えますがデンスブレスト患者は日本人女性で半数しかいない、デンスブレストの疑いがある一人の患者に付きっ切りだと、本当の乳癌を抱えた患者を先送りにしてしまうリスクが生じると厳しく反論。

たまきは裕乃に、マンモグラフィーの検査の練習をさせます。

問題なく、それを終えた裕乃ですが、パソコンで確認した、たまきのレントゲンを見て驚愕します。

彼女の胸の辺りに、しこりと思われる白い影ががあったのです。

裕乃は参考書を確認し、これが乳癌のしこりだと気付き、技師長に相談します。

またしてもトラブルが・・・今日子が今まで検査してきたにもかかわらず、デンプレストであるがゆえに隠れた癌の可能性のリスクを、マンモグラフィー検査では見つけられず「異常なし」と診断されてしまうことに怒りをぶつけてきたのです。
乳癌で母を亡くしたこと、その当時の母は手遅れの状態であったことなど、乳癌を抱えた女性だからこその悔しさを唯織に話す、今日子。

唯織は今日子のような経験をした人の悲しい末路を見てきたこと、今日子が受けてきた検査の時間は無駄ではないと説得。

しかし、超音波検査でもやはり一度は「異常なし」という結果をしてもおかしくありませんが、唯織は造影剤を使った超音波検査をもう一度やらせてほしいと、医師の谷山に懇願します。

今日子の状態からして、彼女の癌家系のこと、一人の女性の命が掛かっている、もう二度と曖昧なレポートは書きたくないと、杏も谷山に唯織と共に頭を下げるのでした。
技師長(遠藤憲一)は、裕乃から、たまきの異変について聞いていたので、自分の乳癌リスクあるレントゲンを、「友達の」と嘘をつき、マンモグラフィーの検査もろくに出来ないのに、他人の心配をしている場合かと自分を後回しにする、たまきに、「その”友達”に超音波検査を受けろと言ってやれ」とさり気無い気遣いを見せました。

裕乃は、たまきに、10万円支払うから、もう一度、検査の練習をさせてほしいと頼みました。

たまきはプローブという超音波検査で使う機械の使い方の注意点を裕乃に教えながら、検査に応じるのでした。

やがて、今日子は、造影剤検査と唯織の抜群の解析によって、非浸潤性の癌という真実が発覚。

今のところ、転移はないものの、右胸を摘出しないと、手術をしても転移などハイリスクが後々生じるようです。

一方で、たまきの癌は、良性で、ガンではなかったのです。

裕乃はそのことを喜び、たまきは「そんなの知ってた」とでもいうように、強がりますが、彼女も自分の健康状態にホッとして涙を流していました。

今日子は自身癌が7歳も年下の20代の彼に迷惑をかけると嘆き、彼には別の人との幸せがあったほうがいいのではと零しますが、たまきは、乳癌は今や女性に多い病気であること、素敵な出逢いは沢山あるけど今日子には今日子にしかない出逢いがあった・・・その奇跡を大切にして生きてほしいとフォロー。

今日子はのちに、恋人に自分の癌を打ち明け、右胸を摘出することを話したところ、自分もいずれ歳をとればメタボになったり体の異変が起きる・・・お互い様だと受け止めてくれました。

この経験を編集者として仕事の記事に書いた今日子は、乳癌の診断を受けながらも、闘病に前向きになることができたのでした。

ラジエーションハウス3話感想・考察!Twitterの反応も紹介”癌を抱えたたまきと今日子は助かる?!”

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

原作ファン・・・特に、女性ファンから多い「デンプレスト」というキーワードが注目の乳癌をテーマにしたエピソードでした。
カップラーメンが好きなたまきが、今宵のキーパーソンです。
「たまき」こと山口紗弥加さんは私も大好きな女優の一人なので、ワクワクしてきました。

マンモはまじで痛い
乳腺発達してる若い人ほど痛いらしいけど
アラフォーの私でも痛い
若い人はどんだけ痛いんだよ

乳がんの検査も医療が進めば痛くなくなるのかなぁ?

マンモグラフィーの検査を経験した視聴者からは、共感の声が!乳がん検診って女性だからこそ見入ってしまいますよね。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js
局が違うドラマを敢えて笑いとして持ってくるところも、緊迫感が多い作品だからこそ、視聴者を和ませてくれましたね。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

五十嵐に怒ってるというより、毎年受けてたのが無駄だった=医者の怠慢ってことに怒ってるんだよね?
今日子の立場を考えると、婚約者との幸せな結婚も控えているというのに、デンプレストで乳癌かもしれない・・・って。
唯織の的確な診断は間違いないに等しいですが、患者の不安を余計煽りますよね。

乳腺の濃度が濃いんだって。
レントゲンとっても、乳腺が濃くてびっしり写し出されるから異常も見つけにくいんだってさ。

女性にしかわからない乳腺の濃度とか、デンプレストという特殊な体質に苦しむ今日子の葛藤が伝わりますね。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js
技師長が、たまきと裕乃を気遣い、二度目の超音波検査の時も、「夕飯食べに行った」と気遣ったり、たまきが乳癌だと裕乃から知っていて、敢えて「友達のレントゲン」と自分のレントゲンを偽るたまきへの配慮も、彼の不器用な優しさを感じましたね。

こんな熱心な技師さんいない
忙しいから医師も適当に診断して、癌見落とされるのがしょっちゅう
唯織の熱意や優しさは今日子の心の苛立ちを安心毛布みたいにほぐしている気がして、こんな先生に診てもらっていたら、一人でも多くの乳癌と闘う患者さんは心強いだろうと思いました。

全摘って。
こんな淡々と言われるのか。

淡々と言われるよ告知も全摘も

簡単に全摘とか言わないで欲しい

途中で右胸の全摘出を今日子にはっきり伝える脇役の男性医師の無神経さにはイラっときました。

女性にとって胸がなくなることはどれだけ辛いことか・・・。

紗弥加、いい事言った!

たまきの乳癌の不安を抱えた女性だからこその、共感と女性として今日子の気持ちに寄り添っているところは、感動!

患者の目線に立って、話していて、女の幸せという点でも優しい彼に恵まれて、病気の真相も見つかった今日子は奇跡的な出来事に遭遇したと励ましていましたね。

この彼氏、神!

素敵な婚約者で良かったやん!

めっちゃ良い奴やん
良いな、優しい彼で。
こんなこと言ってくれたら将来メタボでもハゲても愛せると思うわ。
今日子の彼氏が、婚約者が胸を失うことや、ガンであることを前向きに受け入れて彼女を肯定したところには、一人の人間として尊敬してしまいましたね。
胸がないことに困惑から抵抗を示す男性も一部いますが、今日子の彼は自分もメタボになるなど体型に変化が現れる、お互い様だ・・・難病だからこそ一緒に病気と闘うとでもいうような人柄が印象的でした。
今日子とたまき・・・2人の女性の身に起きた誰がなってもおかしくない「乳癌」という過酷な状況を少しでも前を向いて生きるきっかけが心の琴線に触れた3話でした。
Sponsored Link

ラジエーションハウス4話のネタバレあらすじ

唯織(窪田正孝)は、杏(本田翼)と偶然出くわす。杏は、友人を誘って飲みに行った帰りだった。公園で杏を介抱した唯織は、彼女が、以前股関節痛と診断した男性患者のことを気にかけていると知る。画像所見と血液検査の結果が合わないからだった。杏の力になろうと早速動き出す唯織。
あくる日、甘春総合病院に、ロックバンドでギターを弾いている大学生・坂元美月(山本舞香)がやってくる。美月は、右肩の痛みを訴えていたが、検査をしてもその原因は特定できなかった。それを受け、整形外科の辻村(鈴木伸之)は、しばらく様子を見ると美月に伝える。
診察を終え、慌ててバンドの練習に向かおうとした美月は、病院の廊下で裕乃(広瀬アリス)とぶつかる。その際、落ちたスマホ画面から、美月がある曲を聴いていたことを知る裕乃。その曲は、高校時代バスケットボールに打ち込み、全国大会を目指していた裕乃にとっても、それは大切な、そして苦い思い出の詰まった『FLY AGAIN』と言う曲だった。裕乃は、プロデビューするという夢こそ破れたものの、大好きな仲間たちと行う最後のライブを成功させたい、と願う美月に、かつての自分の姿を重ね合わせる。
そんな折、唯織は、患者の情報を盗み見たことを鏑木(浅野和之)から叱責されるが……。

ラジエーションハウス3話の見逃し配信はFODで

ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~を無料かつ安全に楽しむのなら、FOD(フジテレビオンデマンド)で楽しみましょう!

▼▼「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」2話の無料視聴は以下のVODサービスで視聴できます▼▼

ラジエーションハウスのネタバレはコミックで!

ラジエーションハウスのネタバレをどうしても知りたい・・・。

そんな方は、コミックを先読みしていてはいかがでしょうか?

ドラマとは少しストーリーが違っていますが、おおよその結末を知ることができます!
ラジエーションハウス コミック 1-7巻セット

まとめ

山口沙耶加さん演じる、黒羽たまき回に視聴者は感動!患者、今日子のデンプレストという乳腺の濃い体質ゆえに隠れている癌を見つけにくいという実際にある出来事に、共感の声も。

大事にならないように目の前の患者、今日子のことを「ラジエーションハウス」メンバーに優先させて自分のことを後回しにしているような態度を取る、強がりな一面が目立ちました。

人に甘えない、自分のことを抱え込む性格のたまきは良性で、乳癌を回避!今日子は右胸の全摘出を宣告されるほどの非浸潤性癌でした。

Sponsored Link