本日は、5話の感想とあらすじ・ツイッターの反応、6話のネタバレも紹介していきます。

また、第5話無料見逃し配信案内もお伝えします。

少年の死の原因は両親からの虐待によるものなのか・・・目撃者の弟が語る真実は、2人の少年の間に起きた起きてはならない悲しい事件が原因でした。

父親への嫌悪感で繋がっていた直樹と山村・・・。

義理父との関係を見直そうとしている直樹と、実父から虐待を受けていた山村の悲しき過去が関係していました。

直樹の病名など、第5話のネタバレも含めて、確認してみましょう!

Sponsored Link

 

ラジエーションハウス5話のあらすじ

唯織(窪田正孝)は杏(本田翼)から、あるCT画像について意見を求められます。

画像を見た唯織は理路整然とある意見を述べるのですが、それは果たして・・・?

裕乃(広瀬アリス)は威能(丸山智久)が遺体画像を知っていることに驚きます。

実は、威能はCTやMRIを使って、遺体の死因を究明するオートプシー・イメージング、と通称「AI」と呼ばれる死亡時画像診断のスペシャリストだったのです。

鏑木(浅野和久)は、放射線科の受診患者増加などを理由にAIの受け入れを最小限にとどめようと提案します。

しかし、院長の渚(和久井映見)は、Aiと解剖を組み合わせることは医療界全体の未来にとって必要だと考えていると言います。

そんな折、公園で倒れている所を発見され、その後、死亡が確認された容姿端麗な少年、藤本直樹のAI依頼が届きます。

直樹はまだ中学生・・・僅か13歳の男の子です。

第一発見者は、直樹とキャッチボールをするために、公園に来た弟、雄太。

慌てて通報したのは、直樹と雄太をよく知る近所の少年、山村(小林喜日)でした。

辻村(鈴木伸之)は心臓付近に擦過傷が見られたことから、胸骨の未発達な子どもの胸に衝撃が加わる事で起こる心臓震盪の可能性が高いと推測します。

直樹は、上に向かってボールを投げて、それをキャッチしていたという目撃情報も。

ところが、直樹の父母、勝彦(三浦誠己)と歩美(森脇英理子)は、小野寺(遠藤憲一)らの接欲にも耳を貸さず、AIを頑なに拒みます。

周囲は彼らが息子への虐待死を隠蔽しようとしているのではと疑惑を抱き・・・。

冒頭は、杏の子どもの頃の写真を見つめてにやける唯織。

その頃、杏は認知症の父を気に掛けながらも出勤。

杏が勤務先で、ある患者のMRI画像を見ています。

そのMRIが、本日の鍵を握るのです。

問題の子ども、直樹・・・。

息子を返せ、家に連れて帰りたいという父親は、AIの治療を拒みます。

どうして亡くなったのか本当の原因を知りたいと思わないのかと続ける杏。

直樹のAI検査を息子を亡くしたショックで拒む両親。

雄太のことを面倒を見てくれている近所の少年、山村に息子のことを任せる直樹の父。

遺族の了解を得ないと、解剖をすることができないラジエーションハウスチーム。

裕乃は、雄太への虐待を疑います。

直樹の検査を渋々、了承する直樹の妻。

トラック運転手の夫と、働いている自身は、直樹のことに構ってあげられる時間がなかった・・・でも考えが変わり、本当の原因を知りたいと話します。

脳や心臓に異常はないものの、肝臓破裂による出血ショック・・・。

なんということでしょう・・・まだ将来の希望もある多感な時期のこの子、直樹の幼い身体に、ひどすぎる結果が。

「もしかして・・・おじさん」山村から、直樹は今の両親の父とは、義理の親子の関係であること、直樹が生前、父親から叩かれたことがあったと話していたことを知ります。

しかし、唯織は山村に目を向けます。

雄太が家を出ようとした時、直樹から、財布を取りに行かなければならないとの連絡を受けたこと、山村が唯織と話していた時、携帯電話を握る手は左・・・山村が持っていたキャッチボール用のボールを受け取る時の手・・・それらを分析して山村が直樹の死の鍵を握っていると確信したのです。

虐待を受けていた山村は父親を嫌っていて、心に闇を抱えていました。

直樹に、義理父との距離があることを知り、自分と同じ気持ちだと思っていたのに、直樹が義理父と仲を深めようとしている様子を彼とのLINEで知りました。

自分の境遇と直樹の境遇を比較し・・・、公園にて、雄太とキャッチボールをしようとしていた直樹を、蹴って死なせてしまったのです。

山村はあんなことで死ぬとは思ってなかった・・・でも、申し訳ないことをしたと直樹の両親と雄太に詫びます。

直樹の義理父は、直樹にお父さんと呼ばれたかった、一緒にキャッチボールがしたかったと涙します。

そこで、唯織が、直樹は携帯電話に・・・「お父さん」と電話帳に義理父の名前を登録していたのを見せます。

直樹の遺族は家族が繋がっていたことの再確認と、直樹の最期のメッセージに切なさが込み上げたラストでした。

ラジエーションハウス5話感想・考察!Twitterの反応を紹介

https://platform.twitter.com/widgets.js
令和最初の、ラジエーションハウスが開始!

https://platform.twitter.com/widgets.js
可愛すぎますね・・・唯織の杏と接する時のオンとオフが激しくて、そこが魅力。
杏にでれでれなオフモードの自分を杏の前では冷静に振舞いつつ隠しています。

https://platform.twitter.com/widgets.js
唯織が見ている焼死体の映像がつらいですね。

思わず、裕乃と同じ反応をしてしまった私です。

https://platform.twitter.com/widgets.js

何で、親が上から目線で横暴なの?
普通は宜しくお願いします。
じゃない?

この親父怒って誤魔化そうとしてない?

直樹の父親の杏への荒々しい態度を見る限りでは、「危険信号」が。

対照的に、気の弱い母親は、夫に逆らえない様子が伝わります。

直樹の死が、弟、雄太とキャッチボールをしていた時の事故であることを祈ります。

https://platform.twitter.com/widgets.js

なんだこの父親、きもちわる

これ虐待死?
そんな気がしたお父さん怪しい
お母さんが元々DVにあってて息子に標的が変わったからシメシメって感じっぽい

視聴者の皆さんの気持ちがわかります。

悲しすぎます・・・まだ13歳の中学1年生の男の子、直樹。

彼の父親の発言や、なんとしても子ども達を家に連れて帰り、何もなかったことにしようとしている様子が伝わりますね。

https://platform.twitter.com/widgets.js
昨年放送された、不可解な死の原因を追究するドラマ、アンナチュラルでも、窪田正孝さんが大活躍されましたね。
そのことを覚えている視聴者は、窪田さんがアンナチュラルの役柄の「六郎っぽい」と思ったのではないでしょうか。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js
山村が元々、左手に怪我をしていること、格闘技の経験があることから、彼が直樹にいじめを行って、それが行き過ぎて亡くなったことを見抜きました。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

父親の態度から虐待を疑う視聴者の皆さん・・・近所の少年、山村が最も疑わしいです。

心優しいふりをして、直樹の父が直樹に手を上げていたことを唯織に暴露したところを見ると、ちゃんとした子を装っているところがみられます。

さらに、雄太の証言によると、直樹は亡くなる直前、兄から電話があって財布を取ってこなければならない状況にあると発言していたことが発覚。

山村君、父親のせいにしようとしてるのか?

犯人この男の子じゃない?嘘の証言して義理父親を犯人に仕立てあげようとしてる

こりゃ山村君が犯人だね。
金を無心してたのか?

山村が犯人でした。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

直樹の携帯電話に残されていた「お父さん」のメッセージに、アンナチュラルの主題歌、「レモン」を聴きたくなりますよね。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

直樹と山村の間に起こった事に関して、山村の犯行動機の背景に、父親からの暴力が彼を変えてしまったことを指摘している方が。

私もこの方の気持ち、わかります。

直樹の死だけでなく、直樹が亡くなる前に、山村に精神的なケアがあれば、2人の子どもの未来は良い方向に変わっていったのではないかと考えさせられた5話でした。

Sponsored Link

ラジエーションハウス6話のネタバレあらすじ

唯織(窪田正孝)は、杏(本田翼)と辻村(鈴木伸之)がある小説の話で盛り上がっているところを目撃する。その小説とは、鏑木(浅野和之)が取材協力した医療小説だった。さっそくその小説を読み始める唯織。

同じころ、鏑木は、院長の渚(和久井映見)に会い、放射線技師の役割を超えた唯織の行為は医師法に抵触する可能性があり、憂慮すべき事態だと告げる。それに対して、唯織は技師としての所見を述べているに過ぎない、と返す渚。そこで、問題が起きた場合は渚が責任を取るという言質を得た鏑木は、軒下(浜野謙太)に接触し、唯織の行動を監視するよう命じる。

そんな折、公園で遊んでいて手すりから落下し、腹部を強打した女の子・沙里が救急搬送されてくる。腹部CTの依頼を受ける小野寺(遠藤憲一)や、たまき(山口紗弥加)たちラジエーションハウスの面々。CT画像を見た杏は、脾臓の出血を確認し、将来、傷口が目立たなくて済むように画像診断装置で患者の体の中を透かして見ながら治療を行うIVR<画像下治療>による止血を提案する。裕乃(広瀬アリス)達も沙里への負担が少ないIVRを期待していた。ところが鏑木は、IVRではなく開腹手術をするよう命じ……。

ラジエーションハウス5話の見逃し配信はFODで

ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~を無料かつ安全に楽しむのなら、FOD(フジテレビオンデマンド)で楽しみましょう!

▼▼「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」4話の無料視聴は以下のVODサービスで視聴できます▼▼

ラジエーションハウスのネタバレはコミックで!

ラジエーションハウスのネタバレをどうしても知りたい・・・。

そんな方は、コミックを先読みしていてはいかがでしょうか?

ドラマとは少しストーリーが違っていますが、おおよその結末を知ることができます!

ラジエーションハウス コミック 1-7巻セット

まとめ

わずか13歳の少年、直樹の死の原因は・・・、直樹と知り合いの子ども、山村との間に起きた、「父」を巡る価値観の違いから起きた悲しい事故でした。

虐待を受けていた山村が、父親に嫌悪感を持っていた直樹と気持ちが通じたと思っていたけれど、直樹が義理父との関係を良くしようと努力しているのを知り、嫉妬から殺意に変わったのですね。

ラジエーションハウス史上、最もシリアスで心がざわつく5話は、一人の亡き子どもの死を巡って大論争を繰り広げましたね。

Sponsored Link