騎士竜戦隊リュウソウジャー第10話のあらすじと感想です。

スーパー戦隊シリーズの原点回帰を彷彿とさせる
「王道」ストーリーを展開するリュウソウジャー。

スーパー戦隊シリーズに過去3回登場した
「恐竜」モチーフもリュウソウルのおかげげで
新鮮を失っていませんね。

個人的にはキシリュウオー他の巨大ロボ戦の
これまでにないフットワークが見どころです!

そんな、騎士竜戦隊リュウソウジャーの第10話。

どんな展開になったのでしょうか?

Sponsored Link

騎士竜戦隊リュウソウジャー第11話のあらすじと感想

あらすじ

「結果オーライ」のアスナ、ボクシング青年に救われる

お祭りの輪投げ会場で、
お菓子一年分をかけて輪投げに挑むアスナ。

 

コウやメルトの「水平に投げろ」
というアドバイスに従ったつもりが、

垂直に投げ上げ、
しかし見事お菓子一年分をゲットした。

 

「やった!狙い通り!」

 

「アスナって昔から結果オーライのところあるよなあ」

 

大量のお菓子を抱えて

コウたちと帰途についたアスナだが、

落とし物に気づき一人戻る。

 

そこで、なんとナンパ男たちに絡まれるアスナ!

 

そんなアスナを救ったのは一人の青年だった。

 

青年は、相手の攻撃をかわして、

最小限の攻撃で相手の戦意を喪失させた。

 

「強いんだね。ボクサー?」

 

アスナは尋ねるが、青年は「まあね」と言葉を濁す。

 

アスナが去った後、

自分もその場を去ろうとした青年の前に、

クレオンが忍び寄る。

 

クレオンはドルイドン族の一員で、

人間のマイナス感情から

マイナソーを生み出すことができるのだ。

 

「お前、強いね。最強のマイナソーができそうだ」

 

反撃専門「無敵のマイナソー」あらわる

ほどなく、リュウソウジャーの前に、

無敵のマイナソー「トロールマイナソー」が現れる。

 

トロールマイナソーは、

リュウソウジャーが強く攻撃するほど

反撃が大きくなり、

しかも攻撃のダメージをほとんど受けない。

 

「いくら攻撃しても大きくなって返ってくる!」

 

苦戦するリュウソウジャー。

 

「下手に攻撃するな」と

メルト(リュウソウ・ブルー)が止める間もなく、

「一気に倒す!」とコウ(リュウソウ・レッド)が

攻撃エネルギーを放った。

 

トロールマイナソーは倍にして反撃。

 

コウが剣で跳ね返した

反撃エネルギーの火の玉が、

近くにいた青年を直撃しそうになり、

アスナ(リュウソウ・ピンク)がとっさにかばった。

 

トロールマイナソーは、

闘いに茶々を入れるクリオンを「敵」と認識し、

慌てたクリオンと共に去って行った。

 

一方アスナは、

かばった相手がお祭りの日に出会った青年と気づく。

 

青年の名は森健太。

アスナのケガを介抱する健太の右手も、

ケガをしていた。

 

「ほっといたらダメ、ボクサーなんでしょ?」

 

「今は違う」

 

アスナを見送った健太の近くに、

トロールマイナソーが佇んでいた。

 

健太のマイナス感情とは

アスナが龍井研究室に戻ると、

コウとメルト、バンバ、トワの4人で

打倒トロールマイナソーの作戦会議が開かれていた。

 

「どんな攻撃でもカウンター攻撃で返してくる」

 

「自分から攻撃はせず、

来い来いとこちらの攻撃を誘う

反撃専門のマイナソー」

 

「ボクサーのような動きだった」

 

アスナは

「カウンター」「ボクサー」などの言葉を聞いて、

自分も作戦会議に参加しようとするが、

「アスナはお菓子でも食べてて」と

相手にしてもらえない。

 

研究室を出たアスナは、

「グズグズしてても仕方ない!」

とティラミーゴに宣言。

ひとりで健太を探すことに。

 

探し当てた健太は、

川原でスケッチをする青年の姿を

遠くから見つめていた。

 

スケッチ青年は手にケガをしており、

思うように筆が動かず辛そうだ。

 

その姿を見て、苦悩の表情を浮かべる健太。

 

そして、

健太の側にトロールマイナソーが現れた!

 

健太の苦しみのマイナス感情が、

トロールマイナソーにエネルギーを

供給しているようだ。

 

「君から生まれたこの怪物は、

君のエネルギーを奪っている。

放っておいたら、君が死んじゃうよ!」

 

「死ぬ…」

なぜかその言葉に救われるような表情の健太。

 

リュウソウチェンジしたアスナは、

健太が右手にケガをしているなら

マイナソーも右手が弱点のはず、と攻撃を重ねるが、

倍返しの反撃を繰り出すマイナソーに歯が立たない。

 

「もういいんだ」

 

健太は、マイナソーに攻撃をやめるように言い、

マイナソーと共に去って行く。

 

闘いのダメージで意識を失い、

健太を引き留められなかったアスナ。

 

ティラミーゴに教えられて

アスナを追ってきたコウとメルトに、

健太が死にたがっているように見えた、

と伝える。

ワイズルーの卑怯な作戦にアスナ怒りのリュウソウチェンジ!

再び暴れ始めたトロールマイナソー。

 

コウ、メルト、バンバ、トワの4人は

リュウソウチェンジし、

ある作戦を展開する。

 

それは、相手の攻撃を返す

「反撃マイナソー」の弱点を探るため、

リュウソウジャーの持つ様々なソウルを使って

多彩な攻撃を加え、

その反撃状況を観察するというもの。

 

「変化があれば教える!」

 

かわるがわるマイナソーに

向かっていくリュウソウジャーたち。

 

一方、アスナはひとり、健太の元に向かっていた。

 

「君の死にたい理由は、川で絵を描いてた人と関係ある?」

 

尋ねるアスナに健太が重い口を開いた。

 

その話では、絵を描いていた青年・川村は、

ケンカに巻き込まれた健太を見て

「殴ったら試合に出られなくなるぞ」

と代わりに相手に殴りかかり、

その時のケガが元で自由に絵筆が

ふるえなくなったという。

 

友達の夢を奪った自分は

死んで詫びた方がいい、と健太は思っていた。

 

「森くん(健太)が死んだって彼は喜ばないよ。

だって森くんいい奴だもの」

 

上手ないい回しはできないが、必死で言葉を紡ぐアスナ。

 

「それより森くんが彼のためにできることはないの?

何だっていい、

大切な友達のために

一生懸命考えて一生懸命行動すれば、

きっと伝わるはず!」

 

そんな健太とアスナの前に、

突然、

健太が死んで詫びたい友人・川村が姿を現した。

 

驚く二人に構わず、

川村は健太に歩み寄り、手を差し伸べる。

 

「恨んでなんかないよ」

 

驚きから安堵、

喜びの表情に変わり川村の手を握り返す健太。

 

そんな健太を抱き寄せ、

川村は健太の耳元でささやいた。

 

「お前は俺の夢を奪った最低最悪の野郎だ」

 

衝撃のあまり、フラリと川村から離れる健太。

 

「そうだよな…」

 

健太から放たれた大きなマイナス感情が、

トロールマイナソーを巨大化してしまった!

 

マイナソーと闘い続ける4人のリュウソウジャー。

「まだ試していない攻撃はあるか?」

と試行錯誤を続けていたが、

苦戦の中でメルトがあることに気づく。

 

「左腕で攻撃を吸収し右腕から放出している。

それがカウンターの仕組みだ!」

 

一方、アスナは、

マイナス感情を一気に放出して建物から

落ちそうになっている健太を救おうとしていた。

 

「川村くんも手伝って!」

 

「川村じゃナッシング!」

 

そこにいたのはワイズルーだった。

 

ワイズルーは、

無敵のマイナソーを育てて喜んでいたクリオンに

「私がもっと面白くしてやろう」と介入。

 

健太が負い目を感じる川村の姿に化けて、

健太の心に決定的なダメージを与えたのだ。

 

建物からぶら下がる健太の身体を

腕一本でひっぱり上げようとするアスナを、

ワイズルーは冷やかす。

 

「なんかさっきから腹立つんだけど」とアスナ。

 

「命乞いでもしてみるか?」

 

「お前なんかにそんなことするか!」

 

ついにぶち切れたアスナは「剛健の騎士」の力を発揮!

一気に健太の身体を天高く放り上げて、

落ちてきた健太を余裕で受け止める。

「人の気持ちをもてあそんでからかうなんて、

お前だけは絶対に許さない!」

怒りに燃えるアスナはリュウソウチェンジ!

慌てたワイズルーはドルン兵たちを繰り出す。

しかし激怒するアスナは

バッタバッタとドルン兵を倒しまくるのだった。

「私にまかせて!」アスナの攻撃は意外な展開に!?

「早くマイナソーを倒さないと、森くんの命があぶない」

 

アスナは、

他の4人のリュウソウジャーたちに合流。

 

「私に任せて!」と

自分の相棒騎士竜・アンキローゼを召喚し、

キシリューオーアンキローゼとして

巨大化したトロールマイナソーに立ち向かう。

 

「あの右腕の噴射口を塞げばいいのね!」

 

コウやメルトたちの助言に従い、

威力をさげずにすばやく攻撃しようと頑張るアスナ。

「いくわよ~!」

 

アスナが渾身の一撃を放とうとしたその時!

 

キシリューオーアンキローゼの肘が煙突を倒し、

煙突がクレーンにあたり、

クレーンがブルドーザーを動かし、

ブルドーザーが建築中のビルを破壊し…

 

ドミノ倒しの末に、

破壊されたビルの大量の破片が

トロールマイナソーの右腕の噴射口を見事に塞いでしまった。

 

とどめの一撃のあと、アスナは叫ぶ。

 

「見たか、狙い通り!」

 

本当に結果オーライの奴だな、

と4人の仲間たちは思った。

 

友達ならきっとうまくいく!

「君のおかげで目が覚めたよ」

 

元気を取り戻した健太は、

これからも川村を見守る、とアスナに言った。

 

「例え嫌われても、

俺はあいつのために何かしたい」

 

「大丈夫、友達ならきっとうまくいく」

 

健太にエールを送って龍井研究室に帰ってきたアスナ。

 

そこで「一人だけ焼き肉食べ損ねたドッキリ」

を仕掛けられながらも、

結局「今日は大活躍だったね」と

仲間達の言葉と大量の焼き肉に囲まれて、

幸せな一日を終えたのだった。

 

そんなリュウソウジャーの姿に

「笑っていられるのも今のうちだ」と

ささやくワイズルーとクレオン、そして謎の影。

それはまた後の話となる。

感想

アスナの勇姿がカッコイイ!

あまりの可愛さに、

つい「剛健の騎士」であることを

忘れそうになるアスナ。

 

今回は男前なキャラを存分に発揮してくれました!

 

「グズグズしていても仕方ない!」

とすぐ行動にうつるところ、

「お前だけは絶対に許さない!」

とリュウソウチェンジすることろは、

まさにヒーローの王道。

 

アスナを演じる尾碕真花ちゃんの

キッとした表情も凄くよかったです。

 

それとこの尾崎さん、

なにげに戦闘シーンの吹き替え声が力強くて頼もしい。

 

声で「剛健」かつ「可愛い」を

表現できるなんて、素晴らしい18歳ですね。

 

将来、骨太な大作映画などでも

活躍してくれそうな女優さんです。

 

そして、アスナがチェンジする

リュウソウ・ピンクの戦闘シーンにも、

可愛らしさを備え持つ剛健さが表現されています。

 

スーツアクターの下園愛弓さん。

ルパンイエローのアクションを演じているときの、

ちょっと甘えん坊でキャピキャピした感じとは

キッチリ変えてきている。

さすがとしか言いようがありません。

 

その上今回は、

巨大ロボ戦もキシリューオーアンキローゼということで、

ロボ戦スーツアクターの藤田さんが

下園さんのピンクの動きに合わせてきている。

なんという職人技。

何度でも観たくなる戦闘シーンでした。

まさかのドミノ倒し!?

戦闘シーンといえば、

いつも狙いとはまったく違った形で

うまくいくアスナの「結果オーライ」戦法が、

とんでもない形で出て来ましたね!

 

まさか、ロボの肘が煙突に当たって、

ピタゴラスイッチ顔負けのドミノ倒しが起こるとは。

 

制作スタッフの皆さん、大変だっただろうなあ…。

 

でも、ストーリー冒頭のお祭り輪投げのシーンで、

アスナが「結果オーライ」な人だということが

示されていたので、

とても腑に落ちる展開でした。

 

スタッフの苦労も報われたのではないでしょうか。

テレビ朝日公式で見る

視聴者の感想

第10話をご覧になった
視聴の方の感想も見てみましょう!

アスナの行動力

アスナがメインのお話でしたお友達の夢をつぶしてしまった森君がマイナソーを生み出してしまった人間です

森君自身も傷ついて自分のボクサーあきらめてしまって

そんな森君にアスナが彼のためにできることはないのという言葉をかけます

アスナの言葉で森君は最後には前向きになりますよかった

森君は元ボクサーなのでマイナソーもボクシングの動きをします

左で攻撃を受け右で受けた攻撃を返します

最初は戦い方がわからなかったリュウソウジャーでしたがアスナの予想外の行動で敵を倒すことができました

結果オーライ!お友達の夢をつぶしてしまう程大きなことは日常ないかもしれませんが喧嘩してしまった友達と仲直りしたいってよくある話じゃないでしょうか

どうしたらいいのかわからない何て言ったらいいのかわからない考えて考えすぎて結局何もできなくて時間だけが過ぎてどんどん謝れなくなってしまってって

みんながアスナみたいに明るく能天気考える前に行動できる勇気があれば解決することもあるんじゃないかと思えた回でしたいつもは困りますが

40代女性

友情の素晴らしさが伝わりました

アスナと出会った優しいボクサーの男の子がマイナソーに緑の液体を飲まされてしまいました

友人の夢をつぶしてしまったと悲しむ男の子はとても切なかったです

ボクサーの子も友人どちらも優しい男の子なんだなと思いました

今までにないお話だったので新鮮で良かったです

アスナは元気があってあかるくてさっぱりしているので今までの紅一点キャラの中で一番好きです

今回はアスナの強さや優しさがたくさん見れて良かったです

40代女性

アスナの奮闘!】

序盤では少々物足りない感じもしたリュウソウジャー各キャラの掘り下げも徐々に行われアスナのキャラも少しは好感が持てた印象になりました前話から肉好きで定着させる感じでしょうか

前話もそうでしたがワイズルーの卑怯なキャラの方がリュウソウジャーの面々を引き立てやすいのかもっと思いました

あの少年たちは無事仲直りできたかは視聴者の判断に委ねるという事でしょうか巨大戦ではまさかのドミノ倒しからのトドメの流れがやけに凝ってたなぁっと感じました(笑)。

40代男性

アスナが好きなる

今回はリュウソウピンクであるアスナが活躍するアスナメインの話になっていました

マイナソーはプロボクサーでありながら友達に怪我をさせてしまい後悔しているところにマイナソーが吸い込みモンスターになってしまいました

この回の敵はかなり強敵でありリュウソウジャーの攻撃が全く通じず跳ね返されてしまいました

これはかなり厄介なモンスターでした

アスナのお節介な性格や優しいところが今回前面にフューチャーされていたので以前よりもアスナが好きになりました

最後は焼肉がドッキリだったのは笑ってしまいました

20代男性

騎士竜戦隊リュウソウジャー10話ではなんといってもワイズルーの卑怯な行動が際立っていました

ボクサーの友達に化けて精神的に追い詰めることでマイナスエネルギーを増大させて一気に巨大化までしてしまって

幹部のなかで一番卑劣なやつですね

タンクジョウのように正面から正々堂々と戦う幹部なら少しは愛せるキャラなのですが

ドルン兵としてはタンクジョウのようないい上司をなくしてしまって残念ですね

やはりいい敵幹部からいなくなりワイズルーのような卑怯な敵幹部が残るのですね

30代男性

>>11話をチェックする

<<9話をチェックする

*画像は公式サイトより出典

まとめ

騎士竜戦隊リュウソウジャー第10話の
あらすじと感想でした。

リュウソウジャー各話の感想・あらすじも
チェックできるので是非、確認してください。

また、騎士竜戦隊リュウソウジャーの
最新話を見逃してしまった方は、
以下もチェックすることをおすすめします!

騎士竜戦隊リュウソウジャーの最新話を
見逃してしまった方に朗報です。

auビデオパスに初めて登録される方であれば、
リュウソウジャーの最新話が無料で視聴できます。

30日間の無料お試し期間があるので、
この間は無料でリュウソウジャーの最新話を
楽しむことができます。

無料お試し期間が過ぎてしまっても
月額562円(税抜)のコストパフォーマンス。

リュウソウジャー以外の動画も沢山楽します。

ちょっと、覗いてみてはいかがでしょうか!

登録方法・解約方法はこちらで確認ができます。

⇒auビデオパスの詳しい登録方法はこちら

⇒auビデオパスの詳しい解約方法はこちら

Sponsored Link