サイン5話のネタバレ、感想・あらすじまとめです。

伊達が全てを知っている、兵藤の死の真相と柚木の父の事実、さらに、慶徳小笠原病院の忌まわしい不正行為と医師達の闇が明るみになりました。

兵藤が泣く泣く、柚木の父がアンチモンによる毒殺で小笠原に殺されてしまった事実も「自殺」として隠蔽していたとは衝撃でした。

法医学の未来と兵藤の名誉のために柚木も柳達の解剖結果をねつ造した悲しすぎる放送回でした。

そして、サイン法医学者柚木貴志の事件の第5話を見逃してしまった、あなたへ、見逃し配信の無料視聴も案内しています。

是非、最後までお付き合いください!

Sponsored Link

サイン~法医学者柚木貴志の事件5話のあらすじ

25年の時を経て明るみになりそうな、「慶徳小笠原病院」の現院長・小笠原達三(篠井英介)による医療ミス疑惑および、「日本法医学研究院」の元院長・兵藤邦昭(西田敏行)の解剖結果ねつ造疑惑。

さらに、柚木の亡き父の勤務先であった、「慶徳小笠原病院」の医師2人が同時期に遂げた不審な死、そして、患者の解剖結果をねつ造したことで解剖医としての責任感や重圧を感じた兵藤の突然すぎる自殺…。

得体の知れない闇が渦巻く中、解剖医・柚木貴志(大森南朋)は、兵藤が自殺する前に伊達明義(仲村トオル)と会っていたことを知ります。

兵藤は前回、柚木が調べたなかで、頸動脈損傷による自殺と診断されましたが、伊達が兵藤が会って話した背景が、兵藤の自殺に繋がったのではないか?と疑う柚木。

兵藤は柚木にとって、父を学生時代に亡くして以来、柚木の父の解剖も担当し、以降、失意の柚木が、解剖医になって父の死を乗り越えるきっかけをつくってくれたかけがえのない恩人。

その兵藤がなぜ死を選ばなければならなかったのか…。

そもそも、兵藤は本当に自殺だったのか…?身内同然だった存在の死のショックを受けると同時に、事の経緯が解せない柚木は伊達を荒々しく問い詰めます。

だが、伊達からは納得いく答えが得られないばかりかはぐらかされるばかりでした。

そんな中、失踪していた「慶徳小笠原病院」の元看護師が遺体となって見つかったとの情報が入りました。

しかも、先だって亡くなった医師2人と同様、目立った所見はなく、解剖した柚木も心不全との診断しか下せない状況です。

だが、警視庁捜査一課の管理官・和泉千聖(松雪泰子)はこの件について疑いを隠せません。

亡くなった医師たちが死ぬ直前に小笠原と会っていたこともあり、事件性を視野に入れた和泉。

かたや、柚木も毒殺の可能性を捨てきれないでいたのですが、血液検査では毒物が出なかったのです。

その矢先、小笠原の医療ミスが疑われる25年前の手術に、死亡した3人が立ち会っていたことが判明。

さらに追い打ちをかけるように、新たな犠牲者が出てしまいました。

やがて、同じく25年前にこの世を去った柚木の父の死因に関する“衝撃の真実”も明らかに! この真実が、柚木の確固たる信念のきっかけになるのです。

柚木は伊達に兵藤院長の自殺について関わっているのではないかと激しく問い詰めました。

新たな被害者、麗子の遺体も発見され、事態は混乱の極み。

柚木の様子を見て、中園は兵藤の件から精神的に不安定な柚木は解剖から手をひくべきだと言いますが、柚木は逆に、中園に自分が解剖する時、そばについていてほしいと頼んだのでした。

さらに、兵藤が解剖結果をねつ造していた可能性もあり、ますます、複雑になっていきます。

高橋は小笠原の件について、柳や麗子、馬場のことを調べていました。

柳、馬場らは兵藤が解剖書を書いた祥子の手術を担当した医師でした。

さらに、元小笠原病院の看護師だった麗子や門田なども祥子の医療ミスを隠蔽したのです。

小笠原の「毒刃」は、門田をも紅茶に含んだ毒で毒殺。

高橋が門田に祥子の件で、柳、馬場など関係者が殺され、門田だけが生きていることを伝え、必死に祥子の手術の医療ミスに関する情報を得ようとしますが、高橋の目の前で柳達同様、突然の心不全を引き起こし、亡くなりました。

柚木は祥子の父に、亡くなった人は我が子の手術を担当した医師たちであること、だからこそ、娘は病気で死んだと信じたいと言われ、複雑な思いを抱くのでした。

水銀化合物のアンチモンという毒について、かつて柚木は若かりし頃に兵藤と調べたことを思い出し、小笠原が使った毒がアンチモンなのでは?と疑う柚木や中園たち。

アンチモンについて柚木が一人調べていると、アンチモンの知識を淡々と語る伊達。

なんと、かつて、小笠原病院で、小笠原が祥子の手術で息子の失敗を隠蔽したのです。

さらに、兵藤は祥子の解剖結果をねつ造、祥子の血管に異常があることを知りながら・・・。

政治家との癒着もあり、兵藤は法医学のために、渋々、真実に目をつぶる事を了承したのです。

柚木の父は祥子の死の真相に気付き、それを指摘したことで、小笠原に紅茶で毒殺されてしまったのでした。

兵藤は真実に蓋をしながらも柚木の父の死を「自殺」として処理し、柚木にも自殺だったと言ったのです。

柳や馬場など祥子の手術を担当した医師たちは小笠原が紅茶に混ぜたアンチモンで亡くなったのです。

柚木の父と同じように・・・。

柚木はなんと和泉たちに柳や馬場、門田の検死が小笠原が混入したアンチモン中毒だと知りながら、解剖結果をねつ造したのです。

アンチモンが明らかに致死量に至るまで、遺体に残されていたとしても、兵藤の名誉を守るために、法医学の未来を潰さないように、あえて柚木は解剖結果を偽るしかなかったのです。

この柚木の行動に高橋や和泉は怒りを隠せません。

伊達は寄り添うように柚木に声をかけますが、兵藤のためにあえてねつ造することを決意した柚木。

柚木は法医学を去ろうとしますが、その直前・・・、小笠原を訪ねた祥子の父が、娘の死に隠蔽があった事実を見抜きます。

小笠原は祥子の父にアンチモン入りの紅茶を出します。

絶体絶命の危機!柚木達は急いで慶徳小笠原病院へ車で向かいますが、間に合いませんでした。

祥子の父、安本は娘、祥子を喪った時に失意のどん底状態で手に入れた青酸カリを隠し持っていました。

そして、小笠原の紅茶に青酸カリを混ぜ、自分は小笠原が入れたアンチモンで死んだのです。

安本は柚木が娘の死に真摯に向き合ってくれたことを知り、柚木を守ろうと、小笠原を殺したのです。

柚木は自分が安本と小笠原を殺した責任を感じ、伊達に辞表を提出したのでした。

サイン 法医学者柚木貴志の事件5話 のネタバレ!がTwitterで話題!感想・あらすじ・考察も!

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

小笠原病院の院長の息子、小笠原と最終対決です。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

医療界の闇が深いですね。
毒の恐ろしさが怖すぎます。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

皆さん、伊達は柚木を思って重大なことを言えずにいる表情が伝わりましたね。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

小笠原あなどれません!紅茶を出して、祥子の手術の医療ミスに関わった関係者を次々と毒殺。
ほくそ笑む様子や良心の欠如、権力をふりかざすところは柚木にとってこれまでにない強敵ですね。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

水銀化合物アンチモンの恐ろしさが伝わりますね。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

法医学の未来のために潰された心優しき柚木の父を思うとやりきれませんね。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

法医学の闇が全面的に明るみになりました。
さらに、状況を知り、兵藤がかつて自分の父の死の真相を隠蔽した背景など、柚木を大切にしながら権力にあらがえなかった兵藤や、あらがったために小笠原に毒殺された親を思い、柚木自身も柳らの検死結果をねつ造したラストは心苦しかったですね。

次回は、中園景の妹の死の真相に迫ります!犯人はなんと、「相棒」のお笑い芸人「でんすけ」の「伝ちゃんとして知られる、渋谷兼人さん!怪演が見逃せません。

 

サイン 法医学者柚木貴志の事件 6話のネタバレあらすじ

法医学の未来を守るため解剖結果をねつ造してしまった柚木貴志(大森南朋)は自責の念にかられ、「日本法医学研究院」を辞職。その矢先、女性会社員が何者かに金槌で頭を殴られ死亡する事件が起こった。しかも、遺体を調べた新人解剖医・中園景(飯豊まりえ)は、首元に残された「20P」という文字を見てがく然とする。何を隠そう3年前、同じような犯罪の餌食となり、未だ意識が戻らない景の妹・優(黒崎レイナ)の首にもまた、「5P」という文字の痕が残っていたのだ!

 女性会社員の事件を担当した警視庁捜査一課の管理官・和泉千聖(松雪泰子)と刑事・高橋紀理人(高杉真宙)は、現場近くで金槌を所持していた男・落合亮一郎(渋谷謙人)を連行。だが、落合にはアリバイがあり、金槌の血液反応もない。そんな中、解剖担当医として落合と対峙した景は、彼が挑発的に投げつけてきた“ある言葉”から、彼こそが妹たちを殺した真犯人だと確信し…!

 落合への憎悪をあらわにし、何としても犯行を証明しようともがくも、壁にぶち当たる景。見かねた千聖は助けを求め、柚木のもとへ。簡単には首を縦に振ろうとしない柚木だったが、このままでは自分同様に解剖医としての道を踏み外しかねない景を見て変心。彼女を救い、今度こそ真実を明らかにしようとする。だが、落合の有罪を裏付ける証拠は依然としてつかめず…。やがて、事態はさらに悪化。あろうことか、千聖が“絶体絶命の危機”にさらされてしまう――。


 

Sponsored Link

サイン-法医学者柚木貴志の事件-5話の見逃し動画はauビデオパスで!

▼サイン 法医学者柚木貴志の事件 第5話の無料視聴をご検討の方はこちら▼

まとめ

サイン 法医学者柚木貴志の事件 5話の感想とネタバレまとめでした。

柚木の父が、慶徳小笠原病院で起きた祥子の手術の医療ミスに関して目をつぶった関係者たちが亡くなった事件の真相に憤慨し、小笠原にアンチモンで殺された事実を兵藤があえて自殺として処理!伊達が柚木に語った心苦しい真相が解明されていきました。

篠井英介さんが入れるアンチモン入りの紅茶は恐怖でしたね!柚木も法医学の真実を知り、あえて亡き兵藤のために柳達の検死結果をねつ造する事態に!辞職した柚木の今後が気になりますね。

来週も見逃せません!

Sponsored Link