育児に奮闘中の皆さん、こんにちは。

突然ですが、夜赤ちゃんが寝る時
どんな服装で寝かせていますか?

赤ちゃんて寝る時に何度も寝返り
をうって布団からはみ出ていたり、
心配で着込ませると
暑いのかなかなか
寝付いてくれなかったり・・・

筆者の娘は布団に寝返りを邪魔されると
ぐずって怒り出してしまうので(オイオイ)、
ぐっすりと眠るまでは布団をかけずに
自由に寝返りが打てるようにしています。

ここで気になるのはやはり服装。

布団をかけていないと寒いかな?
でもあとから布団をかけるから
あんまり着せると暑いかもしれないし・・・

なーんて皆さんも
悩まれているのではないでしょうか?

特にこれから春に向けて、
暖かくなってくると掛布団も悩みますよね。

そこで今回は、
春に赤ちゃんが寝る時の服装や掛布団、
スリーパー等の情報をまとめてみました!!

大切な赤ちゃんが快適にぐっすり眠れるよう、
しっかりと春の対策を練っておきましょう!!

Sponsored Link

月齢で変わる寝るときの服装

赤ちゃんが起きている時は
ねんねで遊んでいたり
ハイハイや歩き回ったりなどの
運動量を見ていれば、
なんとなく今の服装は暑そうだな、
寒そうだから1枚着せようかな。

と、調節がわかりやすいと思います。

ですが、夜寝る時となると、

「赤ちゃんの体温は昼と違うのかな?」

「じっとしているから温か
     くしたほうがいいのかな?」

など悩みは尽きませんよね。

そもそも赤ちゃんの体温は
どうなっているのでしょうか。

基本的に赤ちゃんの平熱は37度前後

大人よりもやや高いため、
春とは言へど暑がりの赤ちゃんが多い
といえます。

病院などでも、37.5度までは
熱が出ていることにはならないと
言われますよね。

そんな赤ちゃんですが、
体温調節がまだまだ下手な上に
自分で服を脱ぎ着することもできないので
やはり大人が服装の調節に
気を使ってあげたいですよね。

基本的に暑がりの赤ちゃんですが、
2ヶ月ごろまでの赤ちゃんは、
大人と同じくらいの服装がよいとされています。

それ以降は、少しずつ体温調整機能が
発達してきますので、
大人の服装マイナス1枚を目安に、
調整してあげましょう!!

ちなみに、
お布団も大人より1枚少な目で大丈夫ですが、
寝ている時に蹴飛ばしたりするのが
心配な場合は、スリーパーやエアコンを
上手に活用して見てください。


掛布団を工夫

先ほどもご紹介したとおり
赤ちゃんは基本的に暑がりで、
体温調整もまだまだ上手にできません。

少しずつ寒さも和らいできた春になっても
寝る時の服装やお布団には
十分に注意してあげたいですよね。

服装と同様、布団にも薄手の毛布や
厚手の毛布、羽毛布団やタオルケットなど
いろんなものがあり、困ってしまいますよね。

ですが、基本的には大人よりマイナス1枚。

つまり、大人が少し寒いかな?
と思うくらいでちょうど良いのです。
おすすめなのは、

バスタオル+毛布、
もしくは薄手の羽毛布団1枚です。

春になったとはいえ、
まだまだ夜は冷える日もありますので、
服装とセットで、目安にしながら
調整してあげてくださいね。

Sponsored Link

春こそスリーパーを使おう

ここまでで、春に赤ちゃんが寝る時の服装と
お布団についてはご紹介してきましたが、

現実はそう甘くない。

そう。
筆者も悩めるママの一人ですが、

朝までスヤスヤ
大人しく寝てくれたら
心配いらないわ!!

何度布団を掛けなおしても
蹴っ飛ばされては冷や冷やし・・・

毎日風邪引かないか
心配が尽きないわ!!

というママさんのために、
筆者の娘にも使っている便利グッズ
スリーパーをご紹介します!!

スリーパーとは、主に厚手のガーゼを
何枚も重ねたような生地で、
赤ちゃんの全身をすっぽり包む大きさの、
ベストのような形状をしたものです。

足の間にも、前衣と後ろ衣を止める
ボタンがついているのがポイントで、
寝ている時いくら蹴っ飛ばしても
めくれたり 飛んで行ったりしないのが
うれしいところです!!

重なった生地が、
寒い時は保温性を発揮し、
暑い時は汗を素早く吸収してくれますので
寒い日や暖かい日が予想しにくい春には
最適な服装にプラス、
スリーパーが特におすすめです!!


おすすめのスリーパーを紹介

スリーパーといっても、
いろんなメーカーが出しているので
特に初めて買う際には
どれにしようか迷うところですよね。

特に春にはお勧めしたいのですが
基本的には1年中使えるものが、
多いです。

少しおすすめのスリーパーを
ご紹介したいと思います。

Hoppetta(ホッペッタ)

6重のガーゼスリーパーで、
優しい肌触りでふっくらしています。
方にスナップボタンがあるので、
寝ている時でもおむつ替え楽々。

6重ガーゼ スリーパー(Mサイズ) 日本製 綿100%

こちらはmade in Japanの安心スリーパー。
同じく6重ガーゼでふっくら肌触りも抜群です。
なんといっても柄の種類が選べて
どれもかなりかわいいです!!

Aden+Anais ( エイデンアンドアネイ)

薄手のスリーパーなので、 特に暑がりな
赤ちゃんや、春夏用におすすめです。
前開きなので使いやすさ抜群。
NYブランドなので柄もかわいいです。

室温管理はエアコンがおすすめ

春に赤ちゃんが寝る時の服装やスリーパー
などの寝具の次は、
もう一つ便利なアイテム、
エアコンを活用しましょう!!

今や一家に一台は設置されて
いるであろうエアコン。

寝てる間つけっぱなしにしたら
電気代が・・・
なんて心配はもういりません。

ダイキン工業さんの実験によると、
24時間エアコンをつけっぱなしにした時と、
30分おきにONとOFFを切り替えた時を
比較したところ、

なんと、

つけっぱなしにした時のほうが
電気消費量を低く抑えられたんです!!

つまり、つけっぱなしにしたほうが
電気代が安くなる!!

快適な設定温度が保てて、
なおかつ電気代もお得となれば、
もう迷わずつけっぱなしにしちゃいますよね。

ぜひご参考までに。

また、エアコンには空気清浄機能も
ついていることが多く、春に気になる
花粉や赤ちゃんの大敵
ハウスダストも撃退してくれますので、
ぜひ活用してみてくださいね!!

最適な湿度を保つ

さて、エアコンを活用するうえで
気を付けて頂きたいのは

湿度。

使えと乾燥しがちなエアコンですが、
赤ちゃんに快適な湿度は40~60%が目安。

赤ちゃんの皮膚は、大人の1/3ほどの薄さで
乾燥に敏感で繊細です。
特にエアコンの風などが直接当たって
赤ちゃんの周りだけ乾燥しやすい!!
なんてことにならないように、
気を付けてくださいね。

そこでエアコンと合わせて、
ぜひ活用していただきたいのが加湿器。

人気の加湿器はこちらからチェック!
お気に入りの加湿器が手に入ったら、
快適な湿度を保つ工夫もしたいですよね。
湿度計を用意したり、
加湿器を置く場所にも注意が必要です。

まずは赤ちゃんが触らないよう
高めの台の上に置くのがおすすめ。

そして、誤作動防止のため
エアコンの風が直接当たるところも
おすすめできません。

あと注意すべきは、カーテンなどの
布地のもののそばに置かないこと。
カビが発生しやすく衛生面が心配です。

これらに注意して、
上手にエアコンと加湿器を活用すれば、
寝る時も赤ちゃんが快適に過ごせますよ。



 

【エアコンの掃除は冬のうちに】

忘れてはいけないのが、エアコンの掃除!!

なんだか大掛かりになるエアコンの掃除は
時間ができたときにでも・・・
なんて悠長にしていると、
室内がばい菌だらけに!!

なんてことにならないよう、
ぜひ冬のうちに
エアコン掃除をしてしまいましょう!!

なぜならエアコンと一緒に使っている加湿器。
なんとこの加湿器でカビが増殖してしまう
こともあるんです。

なぜ冬の掃除をお勧めするかというと、
夏の時期に冷房を入れると
エアコン内部に水分が発生し、
掃除をしても使うたびに
水分が発生してしまいます。

しかし、冬の暖房使用時には
エアコン内に水分は発生しないんです。

エアコン内が乾燥している冬にこそ、
しっかりと掃除をして
カビ予防をしておきましょう。

とはいえ、
専門知識のない素人の私達が
エアコンの掃除といっても
いまいちピンときませんよね。

表面のフィルターだけならまだしも、
エアコン内部の掃除となるとよくわかりません。

それでも、節約のために!!

なんて、頑張ってみようと思っても
今度は衛生面の心配もあります。

そんな時は、
やっぱり専門の業者にお任せするのが一番!

冬の時期であればすぐに駆け付け、
更に、価格も夏の時期に比べ安く済みます。

いずれは、
やらくてはならないエアコンの掃除。

この機会に検討されてみてはい如何でしょうか?

CMでもおなじみの『お掃除本舗』なら、
業界NO.1の実績とサービス信頼がおけます!

サービス店舗も全国1400箇所と
フットワークにも心配はいりません。

先ずは、
お見積りからご検討をされてみて下さい!




エアコンクリーニングのお見積りはこちら

 


【最後に】

ということで、今回は
春に赤ちゃんが寝る時の服装や
寝具、エアコンの活用術などについて
ご紹介させていただきました!!

これで赤ちゃんが風邪をひかないか
心配する夜ともお別れですね。

最後までお付き合い頂き
ありがとうございました。

Sponsored Link