大阪の夏の風物詩、
『天神奉納花火大会』が今年もやってきました!

100万人以上の人が楽しむと言われる、
天神奉納花火ですが、「ゆっくり」
「のんびりと」みたいと思いませんか?

今回は、天神奉納花火が見れる
会場周辺のホテルを調査してみました!

是非、チェックしてみて下さい!

また、花火が綺麗に見える距離についても
ガッテンしてみたので、合わせてチェックして下さい!

Sponsored Link

2018年天神奉納花火の日程



2018年天神奉納花火大会の日程
【打上げ日】
2018年7月25日(水)

【時間】
19時30分~20時50分

【打上げ数】
約5000発

【雨天時】
雨天決行(荒天時は中止)

2018年は7月25日に開催されます!

時間は19時半~20時50分の予定と
されています!

雨天決行ですが
荒天は中止で順延もありません。

Sponsored Link

天神奉納花火とは

大阪の三大祭りとされる
天神祭りの最後のフィナーレを飾るのが
この奉納花火です。

御際神である菅原道真に奉納する物として
他にも舞やお囃子も行われます!

天神奉納花火の打上げ場所と打上げ数

打ち上げ数:5000発
例年の人出:130万人
小雨・雨天時:決行
荒天時:中止
打ち上げ場所:毛馬桜ノ宮公園・川崎公園

花火を見る最適な距離は?

花火を見るには
好みもあるかと思いますが
どのくらいの距離で観るのが
ベストなのでしょうか?

近すぎても見えづらいし
遠すぎると迫力がないですよね!

そこでベストな距離を調査してみました!

Sponsored Link

打上げ場所から50M

これは近すぎです。
首が痛くなるし、真上過ぎて逆に見えづらい
です。

打上げ場所から200M~300M

まだ少し近いかもしれませんが、
このくらいが好みの人もいるかなとは
思います。

この距離になりますと
全体は見えるようになるようです。

打上げ場所から400~500M

このくらいの距離は
まだ近いと感じる方もいるかもしれませんが
無理なく花火を鑑賞できる距離にはなっています。

打上げ場所から600~900M

この間の距離が一番ベストでは
ないかと思います。

迫力も充分ありますし、
全体がバランスよく見れます。

1km以上離れると
少し物足りなくなるようです。

個人の感覚もあるので、
この距離が絶対におすすめという事は
ありませんが、おおむね200m~900mの
間のお好みの場所で花火を鑑賞するのが
ベストなようです!

天神奉納花火が見れるホテル5選

宿泊もかねて天神奉納花火を
鑑賞するのも贅沢で良いですよね。

ホテルの部屋や屋上からも
花火を鑑賞することができますよ。

周辺にはどんなホテルがあるのか
おススメを紹介していと思います!

帝国ホテル

毎年大人気のホテルです!

価格はリーズナブルではありませんが
天神奉納花火をホテルで鑑賞するには
ナンバーワンのホテルではないでしょうか。

川を挟んで真ん前に花火があがりますので
なんとも贅沢な時間を楽しんで頂けると
思います。

ただ、人気が高いので予約はすぐにいっぱいに
なってしまいます。

予約受付は
2018年5月27日(日)10:00一斉に受付開始。
電話でご予約ができます。
(インペリアルクラブ会員のお客様は
9:00より一斉受付開始となります。)

日本三大祭のひとつに数えられる「天神祭」を、絶好のロケーションである帝国ホテル大阪で楽しむ様々な企画をご紹介いたします。

天神奉納花火プランも用意されております。
夕食はレストランかルームサービスの
特別ディナーも用意されています。

恋人や夫婦での特別な日に
予約されてはいかがでしょうか!

桜ガーデンホテル

このホテルはまだ新しいホテルで
いわゆる穴場的なホテルになっています!

天神奉納花火当日は
屋上での観覧席付きプランが用意されています。

お弁当と飲み物がついております。
朝食は和洋食のビュッフェとなります!

帝国ホテルよりは
予約も取りやすいのではないでしょうか!
ご検討下さい!

打ち上げ場所までの距離も450mと
最適なポジショニング!

個人的には一押しのホテルです!


ホテルモントレ・ラスール

少し打ち上げ場所からは
離れていますが天神奉納花火プランも
用意されていて贅沢な気分を
味わえるホテルになっております。

天神奉納花火観賞プランでは、
ご夕食として松花堂弁当が
お部屋に準備されています!

花火を見ながら、
豪華お弁当を食べるのもいいですね!

ホテルモントレ ラ・スール大阪。心を映すもてなしの館。進化し続ける街大阪に、モントレは想像力をかき立てられるボストン、シカゴ、ニューヨークなどのアメリカンアー...

大阪キャッスルホテル

打ち上げ場所からは少し離れて
いますが、お得なプランも用意されています。

7月25日限定「天神祭観賞宿泊プラン」では
天神祭のハイライト船渡御を眼下に見下ろせる
リバーサイドツインのお部屋に
缶ビール又はウーロン茶、おつまみ付
(お一人様1セット)が付きます。

屋上は自由観覧となているので、
ビールとおつまみを持って
優雅に花火観賞ができます!

もちろん、
朝食バイキングもついていますので、
次の日の朝ごはんの心配もありません!

天神祭観賞プラン | プラン | レストラン | 大阪、京都から7分。京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」真上。大阪を一望するリバーサイドのくつろぎ空間、大阪キャッスルホテ...

ホテルユーナス

格安で泊まれるホテルとして人気です。

こちらも少し打ち上げ場所からは
距離があり、部屋からではなく
屋上から花火を楽しめるようになっています!

なによりとても安いので
予約が取りづらいかもしれません。

会場までは徒歩で20分です。
1階にはイタリアンレストランも
あります。

天神奉納花火大会の混雑状況

例年やはり
すごい混雑の様です。

帰りも混雑が予想されるので
時間をずらして早めに帰宅したりと
対策をしないといけないようですね。

関連記事:  淀川花火大会2018の穴場スポット紹介!チケットを買って有料観覧席もおすすめ!

まとめ

天神奉納花火はオープニングに
打ち上げられる「紅梅」
と呼ばれる花火も見どころの一つです。

天満橋のシンボルでもあり梅の花
の花火になっていて
毎回この花火がオープニングを飾ります。

他に「文字花火」といわれ、
最大10文字の花火は珍しく楽しいです。

見どころ満載の天神奉納花火を
是非、鑑賞しにお出かけ下さい!

Sponsored Link