那覇市泊港にある
泊ふ頭旅客ターミナルビル「とまりん」。

沖縄本島から周辺の離島へ行く
フェリーの拠点で、観光客のみならず
地元の人々にも多く利用されています。

フェリーターミナルの他に
ホテルやレストラン、コンビニ、
お土産店などがある複合施設は
ゆっくり楽しむことができます。

沖縄の離島にいつか行ってみたい!
と思っている人。

飛行機に乗らないとダメ?…

そんなことはありません!
ここ「とまりん」から日帰りで
離島へ行くこともできるんです。

いつもの観光に飽きたら
離島デビューしてみませんか?

今回は、
那覇市泊ふ頭ターミナル「とまりん」の
フェリー詳細と各離島についてお教えします

Sponsored Link

とまりんから行ける離島!
渡嘉敷島の魅力とは?

渡嘉敷島


慶良間諸島では
一番本島から近い離島「渡嘉敷島」

慶良間諸島は“ケラマブルー”と言われる
透明度の高い美しい海が魅力です。

毎冬ザトウクジラを見られることでも有名。

海水浴のほか
マリンレジャーで訪れる人が多く、
「トカシクビーチ」「阿波連ビーチ」は
人気スポットです。

とまりんからフェリーで1時間10分、
高速船で35分と時間的な手軽さもあって、
日帰りで楽しむ日本人や外国人観光客が
多く訪れる人気の離島です!

渡嘉敷島行きフェリー&高速船
料金と時刻表

運賃表

種別大人片道大人往復子供片道子供往復
フェリーとかしき¥1,660¥3,160¥830¥1,580
マリンライナーとかしき
(高速船)
¥2,490¥4,740¥1,250¥2,380

※団体料金、障がい者料金あり

時刻表

【フェリーとかしき】
とまりん(南岸のりば)⇔渡嘉敷港
所要時間:1時間10分

期間便泊港発渡嘉敷港着渡嘉敷港発泊港着
3~9月(夏季)10:0011:1016:0017:10
10~2月(冬季)10:0011:1015:3016:40

【マリンライナーとかしき】
とまりん(北岸のりば)⇔渡嘉敷港
所要時間:35分

期間便泊港発渡嘉敷港着渡嘉敷港発泊港着
3~9月(夏季)9:009:3510:0010:35
16:3017:0517:3018:05
10~2月(冬季)9:009:3510:0010:35
16:0016:3517:0017:35

※シーズン期間中は増便あり

フェリー、高速船の運行状況の確認、
夏期期間の増便の確認は渡嘉敷村の
公式サイトから確認できます。

とまりんから行ける離島!
座間味島/阿嘉島の魅力とは?

座間味島/阿嘉島


座間味島はとまりんからフェリーで90分、
高速船で50分の慶良間諸島にある島です。

古座間味ビーチ、阿真ビーチなどの
ケラマブルーと称される美しい海が人気。

熱帯魚やサンゴは古座間味ビーチ。
ウミガメに会うなら阿真ビーチ。

と、見たいシチュエーションで
ビーチを選べるのも座間味島の魅力。

高月展望台では慶良間諸島や
沖縄本島も眺めることができ、
特に夕日は絶景です。

Sponsored Link


慶良間諸島で一番美しい海と言われる
「阿嘉島」


座間味港から連絡船でも移動可能な島で、
もちろん、とまりんからも阿嘉行きの
高速船とフェリーが出ています。

「北浜(ニシハマ)ビーチ」が島一番の
人気ビーチでマリンレジャーが楽しめます。

のんびり穏やかな島で、
昔ながらの集落そのままを見ることができ
沖縄を存分に感じられる場所です。

阿嘉島からは阿嘉大橋を渡り、
人口80人の島「慶留間島」にも渡る事ができ、
離島めぐりが楽しめます!

運が良ければ特別天然記念物の
「慶留間鹿」を見る事もできちゃうかも。

座間味、阿嘉島行きフェリー&高速船
料金と時刻表

運賃表

<とまりん⇔座間味島/阿嘉島>

種別大人片道大人往復子供片道子供往復
フェリーざまみ¥2,120¥4,030¥1,060¥2,020
クイーンざまみ
(高速船)
¥3,140¥5,970¥1,570¥2,990

※団体割引、障がい者割引あり
※座間味港⇔阿嘉港間のフェリーざまみ運賃は片道200円、クイーンざまみ運賃は片道300円

時刻表

【フェリーざまみ】
とまりん(南岸のりば)⇔阿嘉島・座間味島
所要時間:1時間半~2時間

期間泊港阿嘉港座間味港阿嘉港泊港
発着
基本10:0011:3011:4512:0014:0014:1514:3016:00
夏期、GW他10:0011:3011:4512:0016:0016:1516:3018:00

【クイーンざまみ】
とまりん(北岸のりば)⇔阿嘉島・座間味島
所要時間:50~1時間10分

期間便泊港阿嘉港座間味港阿嘉港泊港
発着
基本19:009:5010:0010:1010:2011:10
215:0015:5016:0016:1016:2017:00

※シーズン期間中は増便、
運行時間の変更あり。

フェリー、高速船の運行状況の確認、
夏期期間の増便の確認は座間味村の
公式サイトから確認できます。

座間味村公式webサイト
世界が恋する海 座間味村へようこそ 沖縄県座間味村公式Webサイト

とまりんから行ける離島!
粟国島の魅力とは?

粟国島


数百年前の火山活動により生まれ、
独特な地形をしている「粟国島」

とまりんからフェリーで2時間。

伝統的な古民家が多く残る一方で、
自然によって造形された景観は、
ほかの離島にはない粟国島の魅力です。

神聖な鍾乳洞「洞寺」や、
島の特産である塩の工場は見学する事も可能。

映画「ナビィの恋」ロケ地になったことから、
多くの映画ファンが訪れています。

ロケ地のひとつとなった「西の浜」や
天然の砂浜「長浜ビーチ」は、
海水浴やマリンレジャーで人気のスポット。

他にも民芸品の体験をして
島の文化に触れ合うのもおすすめです。

粟国島行きフェリー
料金と時刻表

運賃表

<とまりん⇔粟国島>

種別大人片道大人往復子供片道子供往復
フェリー粟国¥3,410¥6,480¥1,710¥3,250

※団体料金、障がい者料金あり

時刻表

【フェリー粟国】
とまりん(南岸のりば)⇔粟国港
所要時間:約2時間10分

種別泊港粟国港泊港
フェリー粟国9:5512:0514:1016:20

フェリーの運行状況の確認は
粟国村の公式サイトから確認できます。

とまりんから行ける離島!
久米島/渡名喜島の魅力とは?

久米島/渡名喜島

沖縄諸島最西端に位置する「久米島」

全長7キロの砂浜が続く「ハテの浜」は
神々に選ばれたといわれるほど美しい砂浜で、
多くの観光客に大人気のスポットです。

そのほかにも子宝のパワースポット
となっている岩「ミーフガー」や
数百年前の城跡の残る「宇江城」など
島の歴史を感じられる場所もあります。

とまりんからフェリーで片道3時間掛かるので、
日帰りで久米島を楽しむのは難しいです。

久米島を楽しむなら、久米島に宿泊が一番!

どうしても、時間的に宿泊は無理!
という方は、飛行機を活用しましょう!

那覇空港から久米島へはたったの35分!

お金は掛かりますが、
限られた時間を有効活用するに
はいいかもしれませんね。

最短5分で予約!会員登録不要!国内航空券予約はエアータウン

Sponsored Link


とまりんから久米島へのフェリーで経由する
「渡名喜島」は自然豊かな島。


出典元:http://tonakijima.jp/

「あがり浜」などのビーチや
「フクギ並木」も魅力的。

また島の信仰地である「里御嶽」や
国の伝統的建造物保存地区に選ばれた
町並みが残っており
島の時間をゆっくり感じることができます。

渡名喜島へは、
何か特別なものを求めに行くのではなく、
島の時間を感じ、島の時間を楽しむ。

そんな、島の過ごし方がおすすめです。

久米島、渡名喜島行きフェリー
料金と時刻表

運賃表

<とまりん⇔久米島/渡名喜島>

区間大人片道大人往復子供片道子供往復
那覇~久米島¥3,390¥6,450¥1,700¥3,400
那覇~渡名喜¥2,700¥5,130¥1,350¥2,700
渡名喜~久米島¥1,140¥570¥1,140¥2,280

※往復乗船券は大人のみの適用
※障がい者割引、前売り割引あり

時刻表

【ニューくめしま・フェリー琉球】
所要時間:3~4時間(フェリーにより違います)
とまりん(南岸のりば)
⇒渡名喜島経由久米島行き

便フェリー名泊港発渡名喜島着渡名喜島発久米島着
1便フェリー琉球8:3010:1510:3011:50
ニューくめしま8:30 10:4511:0012:30
2便フェリー琉球14:0016:50
ニューくめしま14:0017:15

※2隻の内、どちらか1隻が那覇を出港

久米島⇒渡名喜島経由とまりん行き

便フェリー名久米島発渡名喜島着渡名喜島発泊港着
1便フェリー琉球8:309:5010:0511:50
ニューくめしま8:30 10:0010:1512:30
2便フェリー琉球14:0016:50
ニューくめしま14:0017:15

※2隻の内、どちらか1隻が久米島を出港
※4月1日~10月31日の期間は
曜日によって運行時間が違うので要注意

フェリーの運行状況の確認は
久米島商船の公式サイトから確認できます。

航路・運航スケジュール
■ご注意事項※『フェリー琉球』と『ニューくめしま』では、那覇(泊)・久米島への入港時刻又、渡名喜島への入・出港時刻がそれぞれ異なりますのでご注意下さい。※通常、...

とまりんから行ける離島!
北大東島/南大東島の魅力とは?

北大東島/南大東島


出典元:upload.wikimedia.org

とまりんからフェリーで15時間。

移動時間が長くかかる
北大東島・南大東島ですが、観光客は多く訪れます。

島に上陸する際はゴンドラに乗って
上陸するというのが名物。

北大東島と南大東島間はフェリーで移動できます。

北大東島では「燐鉱石貯蔵庫跡」や
南大東島の島にたくさんある鍾乳洞。

中でも東洋一の美しさといわれる「星野洞」は、
手付かずの自然や島の歴史を見ることができます。

サトウキビや月桃の栽培が盛んで特産品になっています。

北大東島、南大東島行きフェリー
料金と時刻表

運賃表

区間大人運賃子供運賃
那覇―大東(片道)¥5,690¥2,850
南大東―北大東
(片道)
¥850¥430
泊港―南北大東
(泊港発往復)
¥10,820¥5,420
泊港発―南北大東
(島発往復)
¥9,680¥4,850

※学割、団体料金、障がい者料金あり
予約なしに乗船できません

時刻表

【だいとう】とまりん(南岸のりば)
⇔北大東島先行 所要時間:15時間

行先泊港南大東島北大東島南大東島北大東島泊港
日程
一日目17:00
二日目8:009:0010:0016:0017:00
三日目14:0015:0016:00
四日目7:30

【だいとう】とまりん(南岸のりば)
⇔南大東島先行 所要時間:15時間

行先泊港北大東島南大東島北大東島南大東島泊港
日程
一日目17:00
二日目8:009:0010:0016:0017:00
三日目14:0015:0016:00
四日目7:30

フェリーの運行状況の確認は
大東海運の公式サイトから確認できます。

とまりんへのアクセスと駐車場はを確認!

600台収容駐車場

離島ターミナルのとまりんには、
約600台収容できる駐車場があります。

那覇以外の宿泊の方も安心して
レンタカーおいて離島へ行く事が可能。

駐車料金は比較的安いですが、
それでも1日止めるそれなりの金額に。

那覇市内に宿泊であれば、
ホテルからタクシーでとまりんへ
向かう方が安いかもしれませんね。

とまりん駐車場の料金は以下の通りです。

駐車料金
基本料金200円
1時間毎100円
約24時間~36時間
(1泊2日)
2,500円
約36時間~48時間
(2泊3日)
3,000円
12時間毎に500円

Sponsored Link

とまりん基本情報

那覇泊ふ頭ターミナルビル「とまりん」

住所:沖縄県那覇市 前島3-25-1

駐車場:有料立体駐車場600台収容

【マップ】


【車を利用】
那覇空港から
国道58号線を那覇方向に進み泊ふ頭入口を左折、
一つ目信号を右折(南岸ゲートへ) 所要時間約20分

【モノレールを利用】
ゆいレール美栄橋駅から徒歩約10分

【バスを利用】
泊高橋バス停から徒歩約8分

まとめ

泊ふ頭旅客ターミナルビル「とまりん」から
フェリーで行ける離島はいかがだったでしょうか?

日帰り可能な離島から
長旅になる離島までご紹介しました。

各離島それぞれ魅力があり
見どころもたくさんですね!

沖縄本島を思う存分楽しんだら、
次は離島を訪れてみませんか?

さぁあなたの知らない
新しい沖縄を探しに行きましょう!

Sponsored Link