津山城の桜2019/開花と見頃!ライトアップ時間・駐車場・屋台情報を確認!

津山城に桜の季節がやって来ました。

2019年も津山城で
お花見が楽しむことができます。

 

今回は、
津山城の桜の開花状況と見頃、
桜まつりの情報をお届けします。

会場駐車場やアクセス、
さらには、気になるライトアップについても
確認しておきましょう。

津山城での桜鑑賞、お花見にお役だてください。

Sponsored Link

 

津山城の桜の開花状況と見頃

2018年は桜の開花が全般的に
早かったです。

2018年熊谷の桜の開花は
3月25日の開花となりました。

そして、満開は3月28日となりました。

平年よりも9日も早く満開を迎えました。

 

桜の開花日から約1週間~10日で満開となるので、
開花日を目安に、お好みのタイミングで
お出かけされるといいですね。

お出かけされる前に
桜の開花状況を確認しておきたい方は、
ウェザーマップの桜開花予想公式サイト
ご覧くださいね。


津山城の桜の見どころ

津山城は岡山県津山市にある城で、
別名は鶴山城と呼ばれています。

国の史跡にも指定されており、
日本100名城にも選出されています。

また、桜の名所でもあり、
「さくらの名所100選」にも選定されています。

鶴山公園とも呼ばれている城跡です。

もともと津山城は
森忠政が慶長9年に築城にかかり、
元和2年に完成しています。

その後、明治時代に入り
廃藩置県や廃城令が出され
天守閣はすべて取り壊されました。

石垣のみが残り、
一度は荒れ放題の城跡となっていましたが、
明治33年に鶴山公園として再出発をし、
現在に至るという歴史があります。

西日本屈指の桜の名所として注目されており、
夜にはライトアップも楽しめる、
お花見には最適な公園として
地元の人々にも愛される場所になっています。


津山桜まつりの日程

2019年の津山桜まつりは以下の日程で開催されます。

2019年津山 桜まつりの日程

【開催期間】

3月29日(金)~4月14日(日)

今年はまつり期間が拡大されるそうです!

【会場】

津山城(鶴山公園)

【開園時間】

津山さくらまつり期間中は
臨時の開園時間となります。

鶴山公園:7:30~22:00

備中櫓:9:00~18:30

【入場料】

大人:300円(高校生以上)
中学生以下:無料


津山城 夜桜ライトアップ

鶴山公園のさくらまつりは
3月29日(金)から開催されます。

もちろん、夜にはライトアップもされています。

津山城をバックに、
プロジェクションマッピングも行われています。

様々な場所から見れるので、
お酒を飲みながら素敵に映し出された
津山城を見ることができます。

プロジェクションマッピングは完成度も高く、
非常に臨場感がありどの世代にも楽しめる
内容になっています。

津山城は上からでも下からでも見え、
桜もぐるぐると様々な場所に咲いているので
広い敷地内のどこからでも
お花見を楽しめると思いまよ。

城内、敷地内への入場時間は
さくらまつり期間は7時30分~22時

ライトアップの時間は18時~22時となています。

期間中は遅くまで空いているので、
夜ご飯のあとに少し散歩に出かけるのも
良いかもしれませんね。


津山城桜まつりの屋台情報

お花見といえば
屋台での食べ歩きも楽しみの1つですね。

鶴山公園の桜まつりに
もたくさんの屋台が出ています。

たこ焼き、とうもろこし、
飲み物の屋台といった
スタンダードなものが多いですが、
津山のご当地グルメである
『津山ホルモンうどん』
もぜひ食べていただきたいグルメの1つです。

B級グルメで1位を取ったこともあり、
注目すべきグルメです。

桜を見ながら食べられるのは
格段においしいですよ。

お花見ですと何人かで行くことも多いと思うので、
少量を買っていろんなものを買って
シェアしながら楽しむのも良いですね。

わたしが行った年も多くの屋台が出ていました。

鶴山公園の屋台数は30店舗と、
そんなに多くはないですが、
匂いとか雰囲気とか、お花見らしさが出るので
イベントには欠かせないものの1つだと思います。


津山城周辺のランチができる飲食店

鶴山公園の周辺のお店を紹介します。

お城から階段を降りたところには
津山のお土産ショップである
観光センターの建物があります。

津山のお土産がたくさん揃っているので
わたしもよく津山のお土産を買いたいときには
立ち寄る場所です。

 

また最近は改装され、
観光協会の隣には肉料理のお店が並んでいます。

【櫓 城下町店】

津山はお肉がおいしく、
特にホルモンは上質なものが揃っています。

鶴山公園に訪れた際には
ぜひ立ち寄っていただきたいお店です。

また、鶴山公園はJR津山駅からは
徒歩20分ほどかかりますが、
その途中に商店街があるので
様々なお店も立ち並んでいます。

グルメはもちろん、
津山のモチーフになっている河童も
有名なモニュメントがあったりするので
見ながらお散歩気分で歩いてみるのも
楽しいと思いますよ。


津山城の駐車場

鶴山公園の駐車場はいくつかあります。

鶴山公園専用駐車場が一番便利です。

また桜祭りの時期は混んでいるので
近くの文化センター駐車場には100台収容、
津山観光センター駐車場には
30台収容といった駐車場があります。

津山城へのアクセス

公共交通機関

JR津山駅から徒歩10分ほどです。
津山市のシンボルである吉井川を渡って
まっすぐ行くと中国銀行が見えてきます。

そちらを右に曲がると
すぐに観光センターが見えてきます。

隣の階段を上ると鶴山公園の敷地内に入ります。

さくらまつりの時期には
看板も大きく出ているので
迷うことはないと思います。

お車利用

中国自動車道 院庄ICより約10分。

まだまだ寒い3月4月!お手軽?防寒グッズ

花の便りとはいえ、桜が咲く3月、4月は
まだまだ寒いですよね。

外に居ることが長くなるお花見には防寒対策は必須。

お花見以外にも役だつお手軽便利な防寒グッズを
確認してみましょう。

衣類にシュッとひと吹き「ポカポカスプレー」

衣類に吹きかけるだけであったかいなんて、
お手軽すぎますね・・・。

カイロ?携帯バッテリー?「エネウォーマー」

カイロが携帯充電バッテリー?
充電バッテリーがカイロ?

便利な充電式ポケットカイロです。

めっちゃ寒がりなあなたに「「ぬくさに首ったけ」

電熱線内臓のインナーベスト。

1度着たら手放せません。

お花見の場所取りに最適?「歩ける寝袋」

寝袋なのに寝ない要素も取り入れる・・。

もはや、あったかい袋ですね。

GWも桜を楽しむなら北海道へ!

桜の季節は今だけではありません。

桜前線はゆっくりと北上し、
GWには北海道で桜が見頃を迎えます。

日本の四季は、各地に足を運べば、
長く楽しめるのが魅力的でもありますよね。

 

そんな、北海道旅行を手堅く、安く行くなら
やっぱり早めの予約に限ります!

ネット予約にせよ、ご自身の直接手配にせよ、
早い段階での予約に勝る激安はありません!

筆者の経験上
北海道の激安ツアー予約であれば楽天トラベル
が最強ではないかと思っています。

予約数でツアー料金が増減する
楽天トラベルのシステムは、
簡単に言えば早い者勝ち!

予約が早ければ安くなる明快なシステムです。

絶対安く!と言うのであれば、
楽天トラベルの一択ですね。

 

>>楽天トラベルで調べる

また、航空券は先に購入したけど、
肝心な宿泊先がまだ決まっていない・・・

そんな方は、楽天トラベルの前に、
ホテル予約サイトの「トリバゴ」をおすすめします。

トリバゴでは予告なしで
トリバゴ独自のセールを開催しているので、
楽天トラベルのサイトよりも同じホテルが
安く泊まれることもしばしばあります。

最終的にどの予約サイトで
ホテル予約をしてもいいのですが、
先ずはトリバゴを見てから予約された方が賢明です!



トリバゴで比較する

その他、宿の予約は旅行代理店各社で
行うことができます。

まずは、
ツアーや宿の空き状況をチェックしておきましょう。

▼ツアー・ご宿泊の予約はこちらから▼

楽天トラベル
Yahooトラベル

津山城の桜とお花見の情報をお届けしました。

一年で限られた期間だけ楽しむことができる
春の風物詩「お花見」。

楽しみ方は色々ありますが、
イベントに「お花見」と付くだけで
なんだか気持ちも高揚しますね。

今年も、春の日差しと桜の情緒と合わせて、
楽しまれるのもいいのではないでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください