TWO WEEKS第1話の感想をツイッターの反応と共に確認します!

高嶋政伸さんや近藤公園さん、久保田悠来さんに脇役は注目が集まっていました。

高嶋さんや近藤さんの目が離せない演技や、久保田さんのイケメンさに反応が見られました。

三浦春馬さんが難病の娘の手術日を2週間後に控えながら、闇組織から逃げ回る孤高の父親、結城大地役を演じましたね!

ツイッターやガールズちゃんねるでは、三浦さんの演技や、今回の父親役に話題でした。

脇を固める渋い脇役陣の演技にも注目が集まっていますね。

 

また、第1話のネタバレ・あらすじ、2話のあらすじとネタバレもチェックです!

そして、TWO WEEKの第1話を見逃してしまった、あなたへ、見逃し配信の無料視聴も案内しています。

是非、最後までお付き合いください!

Sponsored Link

 

TWO WEEKS1話あらすじ


結城大地(三浦春馬)は、人生に前向きになれず、毎日をただ漠然と生きていました。

ある日、唯一心の底から愛していながら「ある過去」により別れなくてはならなかった、青柳すみれ(比嘉愛未)と再会します。

そして彼女から、結城との娘を結城に内緒で産んでいたこと、そして、もうすぐ8才になる娘のはな(稲垣来泉)が白血病侵されていることを知らされました。

突然、明かされた娘の存在に戸惑いながらも、病院で初めて出会ったはなを前に、初めて父性を感じた、結城。

さらに、幸運にも、はなのドナーに適合したことで、結城は再び自分が生きる意味を見つけました。

一方、月島楓(芳根京子)は、かつて父親を死に追いやった8年前の事件の黒幕に復讐するため、旧知の仲の国会議員・久我早穂子(黒木瞳)の支えも受けながら、検事になります。

独自に捜査を進めていた矢先、楓のスパイとして黒幕に迫った協力者が変わり果てた姿で見つかったのです。

逮捕された遺体現場にいたのは、なんと、結城。


はなとのドナー適合手術まで2週間を控えているにもかかわらず、結城は最大のピンチに陥ってしまいます。

何者かが、結城を陥れるために裏で糸を引いているのでしょう。

このままでは骨髄移植手術を行えないと考えた結城は、娘の命を救うため決死の逃亡することに。

そんな結城の足取りを、刑事・有馬海忠(三浦貴大)をはじめとした警察、そして、協力者の死の真相を確かめたい楓ら検察が調査し始めていました。

さらには、結城と古くからの付き合いがある実業家・柴崎要(高嶋政伸)もその動向を窺っていました。

頭から流血した主人公、大地。

当時の回想シーンが流れます。

主人公、結城は、キャバクラにて、柴崎と会い、2人にしか通じない内密なやり取りをしました。
その様子を車の中で張り込みをしている検事、月島楓。

そして、結城と柴崎が接触したキャバクラのキャバ嬢、柏木愛が殺害されたニュースが流れて、楓は呆然。
なんと、容疑者だと疑われているのは、結城大地でした。

またさらにさかのぼり・・・・。

刑務所帰りの大地は仲間と賭け事で遊びます。

かつてはホスト代わりにホストクラブに呼ばれて生活を凌いでいた大地。

私生活はダラダラで、中年の客と一夜を勢いで共にしてしまったことも。

大地は、ルームシェアしている男、相良サトル。

おっとりしていて優しい彼は、大地が怪しいバイトをしてお金を稼いでいることに呆れていました。
その頃、新人検事の楓は、裁判でタジタジ。

資料の整理がうまくできない楓は、フォローアップしてくれる角田にやんわり注意されました。

なんかなぁ・・・な日々を送っていた大地ですが、突然、訪ねてきた大地のかつての恋人、青柳すみれが訪ねてきます。
一人娘、8歳のはなが白血病でドナーが必要だと伝えてきました。

はなと大地を会わせるつもりはないが、血液検査をしてドナーの適合が合えばと思って大地を訪ねてきたのです。

はなと、すみれには、温厚なすみれの婚約者、有馬がいました。

有馬ははなが実の子どもではないと分かっていながら、いたずらっこでやんちゃな彼女を穏やかに注意するなど子供に理解があります。

いっぽうで、すみれは、はなは白血病であることから神経質になり、はなが院内で拾ったぼろぼろのマスコットをまだ持っていたことを厳しく叱る温度差が。

その頃、楓は、まだ柏木が生きていた頃、彼女とルームシェアをしていた楓は、柏木に、自身の父の仇をとることを告げていました。

はなの実父である大地は、病院を訪ね、血液検査を。

もし、ドナーが適合したら連絡すると冷たく告げるすみれ。

さらに、はなには、実父は死んだと言ってあるのです。

すみれははなの主治医、小池にも実父についてはなに話すことを口止めしていました。

しかし、やはり「実の娘」の存在が気になる大地は、小児病棟ではなを探します。

そこで、偶々、自分の後ろにいたはなに声を掛けられました。

はなは天真爛漫な無邪気な子で、誰もが可愛いと思うような性格。

大地を「パパだよね?」と速攻言ってきた彼女は、すみれに見つからないように、すみれが破った大地とのポラロイド写真を大切に持っていました。

すみれから叱られた人形を大地に、預かってほしいと頼み、預けました。

現在に戻ります・・・。

大地は柴崎に呼ばれて、交渉。

柏木は楓に柴崎の悪事を撮ったと、報告後、デジカメをもって、大地の元へ。

実は、楓が柏木に、柴崎の悪事をそのカメラに収めるように指示していたのです。

そして、大地にデジタルカメラを預けて走り去っていきました。

はなのドナーと、大地のドナーが検査の結果一致。

そのことを大地に知らせたすみれは、はなとのちに抱き合うのでした。

はなには、「はなに大切なものをくれる人」と告げて・・・。

後日、大地は、はなの状態のことをはなの主治医、小池から聞かされます。

はなのドナー適合手術に向けて、はなは無菌室に今後入り、治療を行うこと、骨髄液は保存ができないので、骨髄液の摂取やドナー手術のためには、大地自身が健康に気を配らなくてはならないとならないと忠告を受けた大地。

希望に向けて前進しようとしていた矢先、大地は部下のホンダに在庫確認のため、倉庫に行くよう言われ、何者かに頭を狙われて襲われて気を失ってしまいました。

気が付くと手に包丁を握らされた状態で、既に殺されて死んでいる柏木の遺体のそばに寝かされていたのです。

可愛い我が子の手術を控えながら、罪をなすりつけられた大地。

楓は大地のニュースを知り、楓が検事の仕事をする支援をしてくれた、議員、久我にすべてを吐きます。

自分が愛に、柴崎の悪事の証拠を収めるためにデジタルカメラを彼女に渡したこと、また、キャバクラに愛が勤務していた理由は、店の客が来る柴崎を観察するためでした。

いっぽうで、大地も弁護士にドナーのことを話しますが、信じてくれません。

有馬たちからも、愛を殺したと思われています。

護送車のなかにいた大地。

そこで何者かの車が大地たちの車にぶつかり、大地は一緒にいた警察が怪我をして気絶しているのを機に、逃亡を図るのでした・・・人間らしく生きるために。

TWO WEEKS1話の渋すぎる脇役の演技の感想と考察

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

始まりましたね!濃厚でノンストップな1話は盛り上がりを見せました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

高嶋さんは怖いですね・・・存在感やオーラが闇を感じる渋さです。

https://platform.twitter.com/widgets.js

個人的に近藤公園が出てると嬉しい

近藤公園さん好きだわ。

この人も演技上手よね。
ヘタレ役から狂った役から何でも出来るよね。

https://platform.twitter.com/widgets.js

高嶋さんだけでなく、2018年のドラマ「アンナチュラル」で、幼少期の虐待から快楽猟奇殺人犯を熱演したことで知られる、近藤公園さんにも注目が集まっていました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

確かに、子どもをおろせなんて・・・酷い。

自分との間に産ませた子どもなのに、結城も身勝手ですね。

でも、大地はある彼なりの気持ちから、「子どもをおろさないと不幸になる」と言ったのではないかなって思います。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

視聴者のなかには、柴崎の秘書、間宮に胸キュンしている人も。

高島さんの胡散臭さクセになるわー

高嶋政伸が一番の楽しみ!

高嶋、最近悪役でしか見ないw

悪党似合うね〜

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

人形、汚いならビニール袋入れるなり工夫すれば良いのに。捨てろは酷い。

すみれは、娘がまだ8歳で難病という環境だということから、過敏になっているかもしれないけど、はなのような闘病で学校もいけない、友達も院内の子だけという寂しい環境なら、人形の1つぐらいいいじゃないか、許してよって思います。

https://platform.twitter.com/widgets.js

はなはかわいいですね!天使みたいに癒されます。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

大地のこれから巻き込まれる騒動と物語を繋いでいく展開に胸が痛みます。
せっかく、我が子と少し認識したはなのために、ドナー適合手術に向けて「再生」をはかろうとしているというのに。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

ああ・・・そんな!って感じですね。
まさか、大地が濡れ衣を着せられ、逮捕されるとは。
しかも、すみれの婚約者で、はなの父親代わりになっている、有馬が刑事として、大地を調べることになるのですね。
運命のめぐりあわせが怖い!

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

大地の置かれた環境が不憫すぎます。
警察は見たままのことしか信じてくれないなんて。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

子どもの力ってすごいわ

春馬と娘に早く幸せになってほしいけど最終回まで長い!

大地が、「あの子と出会うまでは、生きる価値がないと思っていた・・・でも今は、自分らしく生きるために」って言葉がもう涙腺がゆるみましたね。
愛らしい娘と、検察、警察、そして、大地・・・濃厚な人間関係と、ノンストップな展開に来週が待ちきれません。

Sponsored Link

TWO WEEKS2話あらすじネタバレ

殺人未遂容疑で服役した過去を持つ結城大地(三浦春馬は、ある日、元恋人の青柳すみれ(比嘉愛未から、白血病を患った8歳の娘がいると告げられ、自分がその子の父親であることを知らされる。
さらに検査の結果、娘の青柳はな(稲垣来泉と骨髄が適合し、正式にドナーとなるが、その矢先、ある人物の策略によって、結城は殺人の濡れ衣を着せられ、逮捕されてしまう。
はなへの移植手術は2週間後――、結城は警察のふいを突いて護送車から脱走する。

第2話一方、結城が殺害したとされるホステスの柏木愛(立花恵理)を協力者として、実業家の柴崎要(高嶋政伸を内偵させていた検事の月島楓(芳根京子は、彼女の死の真相を探ろうとしていた。



するとひょんなことから、愛の遺品の中に、以前渡したはずのデジカメがないことに気づき、そこに柴崎の弱みが隠されているのではないかと考える。

やがて、政治家である久我早穂子(黒木瞳の口利きで、新米ながら今回の事件の担当検事に抜てきされた楓は、愛がデジカメを質入れしたと思われる結城の質店を捜索。
しかし結局見つけることはできず、楓は何としても結城にたどり着かなければと躍起になる。

第2話その頃、検問をかいくぐって逃亡したものの、有馬海忠(三浦貴大たち警察に追い詰められ、行き場を失った結城は、人気のない場所に身をひそめながら8年前のことを思い出していた。


「あいつがまた俺を身代わりにしようとしてる……?」結城の脳裏に、ある男の顔が思い浮かぶが、次の瞬間、巡回中の警備員に見つかり、結城は息つく間もなく、はなとの約束を胸に再び駆け出して……。

Sponsored Link

TWO WEEKSの見逃し配信

まとめ

脇役はとくに、高嶋政伸さんに注目が集まりました。

怖くてゾッとする威圧感と、大地らを上手にコントロールしようとする悪徳さが光っていましたね。

また、アンナチュラルなどの出演での怪演が知られる近藤公園さんや、高嶋さん演じる柴崎の秘書、間宮役の久保田悠来さんに胸キュンする視聴者も。

三浦春馬さんが難病を抱えた娘の手術までタイムリミットがかかっているなか、闇組織と闘い、自分の身を隠しながら家族との再生をはかろうとする姿に感動の声がTwitterに多数見受けられましたね。

三浦さんの演技や来週のTWO WEEKSに期待にしましょう!

Sponsored Link