やぎ座流星群2019はいつ?ピーク時間と方角・観測できる最適な場所を確認!

海や川やプールにバーベキューにキャンプ
花火やお祭り、旅行など夏休みが
お楽しみがいっぱいです!

そんな夏休みの間に流星群の観測を
予定されている方も
いらっしゃると思います!

夏休みの7月に「やぎ座α流星群」が
観測できるのですよね!

夏の夜空の流星群はロマンチックで素敵な
ものです!

是非、ご覧になって下さい!
観測時期や時間や方角も確認していきましょう!

Sponsored Link

 

やぎ座流星群とは

毎年7月10日~8月25日に
表れる流星群でやぎ座の中に
放射点を持ちます!

流星はゆっくり流れるのが特徴で
まれに爆発しながら流れる
火球も見られます!


やぎ座流星群が見れる方角

基本的には全方向で見られますが
月と反対方向が月の明かりに
邪魔されないで観測できるので
おススメです!

同じ時期にみずがめ座流星群も
表れますが、見分けるのは
とても難しいです!

放射点とは流星群に属する流星
が放射状に飛び出してくるように見える、
天球上の1点のことを言います!

つまり放射点から流星が表れるという事です!

やぎ座流星群が見れる日時

星を観測するにあたっては、月の満ち欠けも
大いに関係してきます!

星は周りが暗ければ暗いほど
見えやすいですよね!

なので田舎の方が周りの光が少ないので
星が本当に綺麗に見えます!

これと同じで月も光を発していますので
月が満月でなければないほど
星はよく見えるのです!

 

夏の「やぎ座α流星群」の観測時期は
7月10日 – 8月25日とされており
その中でも極大期間は7月31日(前後数日間)
となっています。

極大期間に流星群を観測するのであれば
月の反対側の空を眺めているか、
満月の期間を避けて観測するのが良いかと
思います!

みずがめ座δ流星群も流れているはずなので
見応えがあるかと思います!

見分け方はゆっくり流れる流星か火球を
見つける事が出来れば、それが「やぎ座流星群」
としていいかと思います!


やぎ座α流星群が見れる地域

基本的に全国どこでも観測が可能ですが
街明かりや高いビルがない場所が最適です!

観測にベストな場所

・空が開けてる場所
・明かりが少ない場所
・寝転んで星空を見れる場所
・車で行きやすい場所

以上の事を考えると
各地ダム
キャンプ場
離島
山頂山麓
地方(帰省先)
などが挙げられると思います!

やぎ座流星群の流れ星の数

1時間でどのくらいの流星が見られるかと言うと
約3~5個とされています!

ペルセウス座流星群は50個、
しぶんぎ座流星群は40個、
ふたご座流星群は30個なので、
とても数が少ないことがわかりますが
火球があったり、1個が長く流れるので
堪能できると思います!

「みずがめ座δ流星群」も混じり
ますので、感覚的には1時間に10個
程は観測できるかと思います!

やぎ座流星群の観察に必要なもの

双眼鏡などは必要ありませんが
未明から明け方が観測にはベストですので
夜更かしせず、早起きする必要は
あります!

他には

・防寒着

夏といっても夜は
冷える可能性がありますので
上着が一枚あると安心です!

・懐中電灯

暗い場所へ出かけて観測する場合は
辺りも真っ暗な可能性もあります。
歩いたりする場合は足元を
照らす懐中電灯が必要です!

・星座早見表

ただ、なんとなく夜空を見上げている
よりも、星座早見表があれば
目盛りを合わせるだけで、どこにどんな
星があるかわかりやすいので
観測の内容も濃い物になるのではないでしょうか!

・レジャーシート

座って観測していると
首が疲れてきますし
寝転んでみた方が楽に観測できる
場所も多いと思います!

そんな時もレジャーシートがあれば
少しぬかるんでいる場所でも
寝転んで観測できます!

・折り畳みイス

寝転んでみる程でもないけれど
立ちっぱなしでは疲れてしまいます。
そんな時はイスは大変便利です!

・軽食・飲み物

長い時間観測する事になすと
小腹も空くかと思います!

お菓子屋あにぎりなど
軽食を用意しておくと
安心です。

飲み物も必須ですね!

・時計

星が何時頃に出るか
確認するためには
時間を見れる時計が
必須になってきます!

是非用意して下さい!

・寝袋

レジャーシートで寝転んで観測
する時場所によっては
寒い場合もあります!

寝袋があれば使用して
優雅に観測することが出来ます!

持っている方は用意していって下さい!

・虫よけスプレー

夏は山などに限らず
虫が発生します!

噛まれやすい人は
虫よけスプレーは必須ですね!


やぎ座流星群観測の注意点

せっかく素敵な星を
観測しに行くのですから
トラブルは避けたいですよね!

観測するにあたっていくつか注意点
がありますのでご紹介します!

・夜道に注意

足元の視界が悪い上に
観測場所は暗い所が多いと思います。

懐中電灯などで、足元を照らしながら
転倒には十分注意して下さい!

・子どもだけで観測しない

必ず大人と一緒に行動して下さい!

大人の方も一人で観測されるのは
出来るだけ避けられたほうがいいかと
思います!

基本観測場所は
暗い山や田舎、人気のない場所が多いので
何が起こるかわかりません。

何か起こった時に一人や子どもだけでは
対応できない可能性があります。
お気をつけ下さい!

・野生動物に注意する

山中では動物が生息しています!
怖いのはクマです!

不審な物音には注意し
クマ出没地域では観測
しないようにしてください!

・危ない場所へは近づかない

川や、崖などには近づかないでください。

雨の後などは川の水も増水しております
星空に夢中になりすぎてしまわないように
して下さい!

・迷惑行為

人気のない場所でも周りに民家がある場合も
多いです。

静かな場所では少しの音も
意外に響くものです。

物音には注意して観測して下さい!

・光

観測場所では
他にも観測されている方がいらっしゃる
場合があります!

カメラを撮っている方もいるかもしれません。

星を観測するには光は大敵ですので
車のライトや懐中電灯などは
周りに迷惑にならかいように使用
して下さい!

まとめ

夏の思い出に
家族やカップル
お友達と流星群の観測を
予定に入れてみてはいかがでしょうか!

今年は残念ながら極大時期が満月ですので
観測にはあまり向かないですが
観測できない事はありません。

天気がよければ他の日でも
充分に観測できますよ!

キラッと光る流星群を観測できたら
テンション上がる事間違いなしです!

やぎ座流星群の特徴の
火球にも注意しながら観測してみて下さい!

注意する事も色々ありますので
トラブルや怪我や事故がないように
観測して下さい!

夏の夜空に光る流星群はとても素敵です!
幸せな時間が過ごせると思いますよ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください