仮面ライダージオウ第12話のあらすじと感想です。

平成仮面ライダー20周年記念作品の仮面ライダージオウ。

これまでに登場した、平成歴代ライダーを本編に登場させる演出は仮面ライダーファン、仮面ライダーが大好きな子供達に飽きない物語となっています。

随所に、歴代仮面ライダーのオリジナルキャストの配役があり、有名俳優の出演時はSNSなどでも大きな盛り上がりをみせています。

そんな、仮面ライダージオウの第12話。

どんな、展開になっているのでしょうか。

Sponsored Link

 

仮面ライダージオウ第12話「オレ×オレのステージ2013」あらすじと感想

あらすじ

目の前にいる自分に驚くソウゴ。

しかし、ツクヨミとウォズは、
1人は未来のソウゴと分かり、
ソウゴに対して、
時間操作の重大性を責める。



しかしソウゴは、
それでもやらなければならない
ことがある、と言う。

それは何なのか、
ウォズが説明を乞うと、
ゲイツを助けるために、
もう1人のソウゴが必要
とのことらしい。

クジゴジ堂に戻ってきた、
ソウゴ×2とツクヨミ、ウォズ。

ソウゴの見分けをつけるため、
「今」と「3日後」のソウゴの名札をつけ、
ゲイツを助けるために
時間を越えてきた、とは、
どういうことなのか話を聞く。



ソウゴは、
ヘルヘイムの森に飛ばされたゲイツを、
アナザー鎧武と戦うことで
助け出そうとした。
しかし、神(と思う人)に
ゲイツの力を信じろ、と言われ、
ゲイツを信じることにしたらしい。

しかしウォズは、
すでに鎧武ウォッチを
手に入れているのならそれで良く、
わざわざゲイツを助け出す苦労を
する必要はない、と気に入らない。

それに対してソウゴは、
自分が良い魔王になるためには、
ゲイツは必要な存在だ、と引かない。

それでもウォズは、
ソウゴがオーマジオウになるために、
ゲイツが必要なことはない、と
引き下がるが、それをツクヨミが一蹴。
ゲイツを助けることにする。



そのためにはまず、「今」のソウゴが
鎧武ウォッチを手に入れるために、
地図の場所へ行くことに。



出口を探し、森の中を彷徨うゲイツ。

出口を探しても無駄だという戒斗に
運命を変えたいと思っているなら、
自分の力でそれを証明してみろと
言われてしまう。



アスラがスウォルツ元へ、
台無しになったと言いにきた。
スウォルツはそんなアスラに
志が低いと戒め、
その手に全ての力を手に入れろ、と
活を入れる。



そんなスウォルツの元へ、
ウォズがやってきた。



ウォズは、
タイムジャッカーと利害関係が
一致するとは思わなかった、と
言いながらも、
助力させて欲しい、と
スウォルツに誘いかけた。



3日後のソウゴが書いた
地図の場所へやってきた
今のソウゴとツクヨミ。



中を覗いていると、
上からみかんが。

ごめんごめん、と2階から
顔を出す男性。





2階から降りてきた男性の腰に
ライドウォッチを見つけた
ソウゴたち。



これだ!と見ていると、
アスラが復讐しにきた。



アナザー鎧武に変身したアスラは、
ソウゴに攻撃してくる。

ソウゴもジオウに変身して
アナザー鎧武に対抗する。



その様子を見ていた男性は、
自分の持っているウォッチと
ジオウのものが同じだと思い、
ジオウに持っていた鎧武ウォッチと
コダマスイカウォッチを渡した。





アナザー鎧武とアナザー鎧武が呼んだ、
インベスと戦うジオウ。

ツクヨミは
待機している3日後のソウゴに
鎧武ウォッチを手に入れたことを
伝えた。

報告を聞いて、
とりあえずそのまま戦って、と言い、
電話を切った3日後のソウゴ。



それを聞いたジオウが、
鎧武ウォッチを使おうとしたその時、
背後からスウォルツが。



思い通りにはさせん、と、
ジオウから鎧武ウォッチを
取り上げ、時空を開く。

その時、コダマスイカウォッチが反応。

スイカアームズロボに変形。





スウォルツがヘルヘイムの森に
投げ入れた鎧武ウォッチと共に、
森の中に行ってしまった。



なぜスウォルツがソウゴたちの作戦を
知っていたのか・・・

その時、ウォズが
スウォルツの元へ歩み寄り、
スウォルツとアナザー鎧武
共々消えてしまった。

再びクジゴジ堂に戻った、
ソウゴ×2とツクヨミ、ウォズ。

ツクヨミはウォズを責めるが、
ウォズは、ジオウを正しい道に
戻すためなら不興を買うことも
辞さない、と言う。



その時、ウォズが修理を依頼していた
時計が直った。

ウォズはそれを受け取り、
行ってしまった。

実は、鎧武ウォッチを
スウォルツに奪われることを
3日後のソウゴが知っていることに
気が付いた今のソウゴ。

ちゃんと奪われたため、
作戦は成功。

ヘルヘイムの森に迷い込んだ
コダマスイカウォッチと
ソウゴの手元にある、
もう1個のコダマスイカウォッチが
通信機器となり、
森の中のゲイツと通信。



スウォルツに奪われたウォッチを
ゲイツがコダマスイカから受け取り、
アナザー鎧武を倒すために、
ウォッチを届けて欲しい、と
ソウゴはゲイツに依頼する。

ソウゴはゲイツのために、
ライドウォッチをスウォルツに
あえて奪わせたのだった。



倉庫で1人ダンスの練習をするアスラ。
そこへソウゴがやってきた。



それぞれ変身し戦い始める。

ヘルヘイムの森では、
戒斗がゲイツに空間の歪みを教え、
それを壊すことが出来れば、
外に出られるかもと言う。



そして、ゲイツが持つ
バイクのライドウォッチを使えば、
届くかもしれない、が
運命を変える覚悟があればだが、と
嗾ける。



覚悟を決めたゲイツ。



「あいつが魔王になるのは
このオレが止めてやる!」

とバイクに乗りゲイツに変身すると、



助走をつけて大ジャンプ。





空間の歪みを破ってソウゴの元へ戻り、
鎧武ウォッチをジオウに渡した。



待機していた3日後のソウゴは、
ツクヨミから作戦成功の報告を受け、
2013年に飛ぶ。

鎧武アーマーにチェンジし、











アナザー鎧武を倒した。

ゲイツの無事を確認できたことで
良しとしたソウゴ。

アナザー鎧武が倒されたことにより、
ヘルヘイムの森に飛ばされていた
チームバロンのメンバーも
戻ってきた。



クジゴジ堂に戻り、
ソウゴがゲイツの無事を
順一郎に伝えていると、
ゲイツが戻ってきた。





覚悟を決めたゲイツは、
近くにいた方がソウゴを倒し易いと
考えたからであった。

そしてウォズの本の内容にも
異変が?


感想

ウォズのあらすじ・・・
「この本に書いてないことがあろうとは、
露とも思いませんでした・・・」



かなり意味深なプロローグ。
ウォズの語り口調も
気になりますね。

つまりは、オーマジオウの歴史が
変わってきているってことよね?

最期のゲイツの名前が、
今まで載ってなかったハズなのに、
載ってるようになったっぽいのも、
気になるところ。



ソウゴに対するウォズの態度も・・・



ウォズの役どころが変わる
フラグ立ったかな。

鎧武編ということで、
細切れ→輪切りで、
「それ輪切り」
のくだりも入れてくれてました(^^)



今回は、結構ソウゴとゲイツの
関係性に強く注目した回
でもあったので、
オリキャスの紘汰と戒斗の影が
薄かった・・・

まぁ、正しい描写っちゃあ
正しいんだけど、さ。

ジオウなんだから。

けど、ちょっと寂しかったね。

紘汰に至っちゃあ、
自己紹介すらしてないぞ!

持ってた箱には、
オレンジ(みかんだったけど汗)以外に、
ブドウ、なぜか松ぼっくりも
入ってたけどね(^^)



ドングリも入ってるのかな?(^^)

けど、鎧武編っぽい、
コミカルさも随所に入ってて、
楽しかったですね!





ジオウの鎧武認識は、
みかんでした・・・汗



次週からはゴースト編!
ディケイドも絡むことになって、
よりこんがらがってくるかな?汗

ソウゴの成長著しいのが、
目に見えて分かりますが、
これからゲイツも変わってくるか?
気になりますね(^^)

 

>>第13話をチェックする

<<第11話をチェックする

まとめ

仮面ライダージオウ第12話のあらすじと感想でした。

佐野岳さんが随所に登場!

最近はドラマにもちょいちょい出てるので
ちょっとお忙しいのかな?

 

そしてウォズ。

なんだか雲行きが怪しくなってきましたよ。



Sponsored Link