仮面ライダージオウ第13話のあらすじと感想です。

平成仮面ライダー20周年記念作品の仮面ライダージオウ。

これまでに登場した、平成歴代ライダーを本編に登場させる演出は仮面ライダーファン、仮面ライダーが大好きな子供達に飽きない物語となっています。

随所に、歴代仮面ライダーのオリジナルキャストの配役があり、有名俳優の出演時はSNSなどでも大きな盛り上がりをみせています。

そんな、仮面ライダージオウの第13話。

どんな、展開になっているのでしょうか。

Sponsored Link

 

仮面ライダージオウ第13話「ゴーストハンター2018」あらすじと感想

あらすじ

ソウゴの言動により、
ウォズの本の内容が変化。

そのためウォズは、
正常な歴史に戻すため、
タイムジャッカーの味方になることに
しました・・・



クジゴジ堂でジャレ合うゲイツとソウゴ。



そんな朝食中に、ソウゴがゲイツに
今まで気になっていた、
ゴーストウォッチの入手方法について質問。



ゲイツはオーズジオウから
ゴーストウォッチを盗んできたらしい。

それを小耳に挟んだ順一郎は、
どんな事情があるにしろ、
人のモノを盗むのは良くない、と正す。

雨の中走っていく車の前に
突如現れたアナザーゴースト。

降りた運転手の魂を吸い取ってしまった。



その様子を目撃していたタケルとナリタ。



捕獲しようと立ち向かったところ、
仮面ライダーが立ちはだかった。



ソウゴが公園で和んでいると、
乱暴な運転をする自転車に、
アナザーゴーストが接近。

その人の魂を吸収してしまった。



その場にいたソウゴはジオウに変身。

アナザーゴーストと対峙するが、
巧みに姿を消したり出したりする
アナザーゴーストに攻撃が出来ず、
逃がしてしまった。



それを見ていたタケルとナリタは、
前に邪魔をされたアギトを
ジオウと勘違い。

変身を解いたソウゴを捕獲し、
連衡していった。

タイムジャッカーの元へ現れたウォズ。

ウォズは、協力したいと接近。

訝しがるウールやオーラ。



スウォルツは、ウォズと協力することで、
タイムジャッカーにとって
得となる何を提供するのか、
とウォズに問うと、
ウォズは、ソウゴにとって
最大の障害となる人物を
協力者として提供するという。

そんな中、アナザーゴーストが
次の標的を求めてやってきた。



未来の新聞記事から適当な事件を探し出し、
アナザーゴーストに指示するウール。



ソウゴを大天空寺に連行したタケルらは、



不可思議現象研究所として
ミカという女性の依頼を受け、
失踪したミカの兄マキムラを探しているという。



その失踪にアナザーゴーストが
関係しているらしいのだが、
アナザーゴーストを
捕まえようとしたタケルたちは
仮面ライダーに邪魔をされたらしい。

そのライダーをソウゴと
勘違いしたタケルたちは、
ソウゴがアナザーゴーストの仲間だと
思い込んでいた。

誤解を解きたいソウゴだが、
信用してもらえない。

そんな時、アナザーゴーストが現れたと
ツクヨミから連絡が。

すでにゲイツは現場に向かっている、と言う。

タケルたちはミカを連れて現場へ。

しかし、信用されないソウゴは、
そのまま大天空寺に。

現場に到着したゲイツは変身し、
ゴーストと対峙。



アナザーゴーストと分かるとゴーストアーマーに
チェンジし、駆けつけたタケル、ミカたちの前で
アナザーゴーストを倒した。

すると、アナザーゴーストの正体は、
ミカが探していた、兄マキムラだった。



しかし、倒れたマキムラに駆け寄ると、
すでに息がない。



ゲイツが殺してしまったのか、と
問い詰めるタケルたちの前に、



ウールが登場し、
マキムラは事故で命を落としそうになった
ミカを救うことを条件に
アナザーゴーストになることを拒否。



ミカを庇い、自らの命を失ったと説明する。
そのためアナザーゴーストは、
不慮の事故を防ぐために行動している、
と言う。



そしてウールは、死んだマキムラを
アナザーゴーストにしたため、
アナザーウォッチがないと死んでしまう、と
ミカたちに伝えると、
再びマキムラをアナザーゴーストに変え、
消えてしまった。

行ってしまったアナザーゴーストを追う
ゲイツの前に突然
「通りすがりの仮面ライダーだ」と名乗る
謎の仮面ライダーが行く手を阻んできた。



謎のライダーはゲイツに必殺技を放ち
変身解除へと追い込み去ってしまった。







大天空寺に戻ったゲイツとタケル。
ツクヨミとソウゴも一緒に話すと、



タケルは、ゲイツが戦ったライダーと
ソウゴを勘違いしたことを詫び、
ゲイツはそのライダーは
仮面ライダーアギトだと言う。



しかし、タイムジャッカーが
仮面ライダーを味方にすることは
あり得ないとツクヨミは反論するが、
事実アギトがタイムジャッカーの
味方をしていたことに間違いない、とし、
次にアナザーゴーストが現れるような事件を
ツクヨミに探してもらい、



現場に向かう。



アナザーゴーストが
ウールの助言によりパワーアップ。

人々を襲い始めた。



駆けつけたソウゴとゲイツは変身。





さらにジオウは鎧武アーマーに、
ゲイツはウィザードアーマーにチェンジ。

アナザーゴーストを追い詰めていく。

するとゲイツはジオウに、
敵はアナザーゴーストだ、と
ゴーストライドウォッチを渡した。



ジオウは、ゴーストアーマーに変身、
アナザーゴーストと戦う。



アナザーゴーストを追い詰めた
ジオウとゲイツだが、
止めを刺そうとすると、現れたウールが、
本当にいいの?と言ってきた。

倒せばマキムラの命は失われてしまう。
ジオウらが躊躇したその時、
仮面ライダーアギトが再び襲ってきた。



アギトはジオウを認識すると、
カードを使い響鬼に変身。



ジオウを倒すと、変身解除へと追い込んだ。





変身を解除したソウゴに
アナザーゴーストがウールの助言を得、
魂を吸収しようとしてきた。



それをすかさず察知したタケルが、
その力で切除。
ソウゴの魂はアナザーゴーストに
吸収されずには済んだが、
ソウゴの体は呼吸を止めてしまう。

飛ばされた魂となったソウゴは
タケルにしかその姿を確認できない。



幽霊のようになったソウゴはショックを受ける。

そのころ変身を解除した士は、
ディケイドライドウォッチを手に
王になりたいなら手を貸すと言うオーラに
王になど興味はないと言い放つ。



「俺は通りすがりの仮面ライダー、
世界の破壊者だ」
テレビ朝日】https://www.tv-asahi.co.jp/zi-o/story/?13

感想

今話から感想スタートで
始めてみようか、と(^^)

意外と変わってないなぁ、って
ずっと思っていたタケル殿が、
結構大人になっていたり、



ナリタとシブヤも
演技が自然になっていたり(^^)



時の流れを感じましたね。

そして、門矢士。

気取った感はそのままですが、
ついに声質まで気取った感を
出せるようにwww



ちょっと櫻井翔っぽい??汗

その分、門矢士感は薄かったですが汗

にしても、
ver.20th DXディケイドライバー
発売日翌日に
ネオディケイドライバー予約開始・・・

バンダイもやってくれるぢゃないか。

最初から新旧両方購入希望の人は
いいけどね。

この作戦は、結構エグいですよね汗

ライダーファンのボーナスは、
全てバンダイがいただく!
作戦だな、さては。

さて。

今回のゴースト編。

スタートからウォズの
裏切り発言から始まりましたが、
門矢士がタイムジャッカー側に
付いてるのって、
ウォズが絡んでたんだね~。

って、どういうこと?

なんでウォズが門矢士を動かせるわけ?

門矢士のポジションって、
結構重要ポジションなんじゃ?

そして、ウォズ的な見解からだと、
ディケイドはオーマジオウの
”最大の障害となる人物”
らしいし。

こちらも今後に期待です。

にしても、タイムジャッカーの人選に
大きな疑問を持つ回でもありますね汗

確かに、ゴーストだし死人を、
っていうのは考えられるけど、
死人は王になれるのか?

てか、死んじゃっててもいいなら、
もう誰でも良くない?

タイムジャッカーは、
どんな基準でアナザーライダーに
なる人を選んでるんだろう・・・

よく分からん汗

そしてついに、
今回の補完計画13.5話にて、
禁断の話が・・・

そう!
ドライブネタが登場しましたよ!

タケル殿の進之助ものまねが巧くて





ビックリでしたが、
ファンの誰もが
さすがに竹内涼真は・・・と思って、
名前を挙げて来なかったのに、
ここでぶっこんで来た!!

これは、東映は頑張っている、
とみなす!!!

楽しみだ~~~(^^)

ある意味、
今のここまでのライダーブーム(?)は、
竹内涼真が、ブレイク後も
自分がライダー俳優であることを
公言することを憚らなかったから、
と言っても過言ではないのでは?

あんなにさわやかに、
超売れっ子なのに、
「プロサッカー選手になれないなら、
ライダーになるしかない、と思って、
ライダーになったんです!」
って言ってた主役は、
見たことない気がするんですけど。

そんなドライブが登場するかもしれない
期待を煽ってきた13.5話でした。

にしてもマジで巧かったよ。
西銘駿の進之助ものまね(^^)

ゴーストも売り込んでたしねwww



 

>>第14話をチェックする

<<第12話をチェックする

まとめ

仮面ライダージオウ第13話のあらすじと感想でした。

オーズ・鎧武・ゴースト編と3編連続で
主演オリキャスが出演です!

んん〜、映画に向けた番宣効果を狙ってますねw

補完計画は相変わらず、砕けた感じで好きですね〜。



Sponsored Link