仮面ライダージオウ第16話のあらすじと感想です。

平成仮面ライダー20周年記念作品の仮面ライダージオウ。

これまでに登場した、平成歴代ライダーを本編に登場させる演出は仮面ライダーファン、仮面ライダーが大好きな子供達に飽きない物語となっています。

随所に、歴代仮面ライダーのオリジナルキャストの配役があり、有名俳優の出演時はSNSなどでも大きな盛り上がりをみせています。

そんな、仮面ライダージオウの第16話。

どんな、展開になっているのでしょうか。

Sponsored Link

 

仮面ライダージオウ第16話「フォーエバー・キング2018」あらすじと感想

あらすじ

ソウゴがジオウに変身するベルトを捨てれば、
世界を破滅へと追い込む
魔王オーマジオウは誕生しない…。



オーマジオウの言葉に思い悩むソウゴは、
ツクヨミとともにゲイツを助けるために
2018年の世界へと舞い戻る。

オーマジオウの僕カッシーンに
圧倒されるゲイツに、



ソウゴは「俺は王様になるのをやめる」
と言うと、自らのベルトを破壊するよう
ゲイツに向かってベルトを投げる。



ゲイツはジカンザックスでベルトを破壊、



途端にカッシーンは動きを停止し、
2068年の世界ではオーマジオウが消えていく。

ソウゴは、世界を救うために
王になることを決めたわけであって、
自分が世界を破滅するのなら、
王になる意味がない、と言う。

これでオーマジオウが生まれることはない。

目的を達成したゲイツとツクヨミは
ソウゴに別れを告げ、2068年の世界へ。

しかし、タイムジャッカーのスウォルツは
「邪魔者は徹底的に叩き潰さねば」と、
カッシーンを再生。



ウールにソウゴの命を奪うよう命令する。

王様になることを諦めた今、
どうすればいいのか?



悩むソウゴにカッシーンが
襲いかかってきた。

ウォズは、逃げ回るソウゴに
新たなベルトを差し出すが、
ソウゴは拒否。



そのベルトもウールに奪われてしまい、
ソウゴは追い詰められる。



子供の命を救うため、
自ら盾となろうとするソウゴ。
間一髪、ソウゴを助けたゲイツは変身、
カッシーンに立ち向かう。

ソウゴも手を貸そうとするが、
ゲイツに「戦う力もないやつ」と
言われ、手も足も出ない。

そこへ士が現れディケイドに変身。

カッシーンと共にゲイツに襲いかかる。



ディケイド、カッシーンの攻撃に
変身解除に追い込まれるゲイツ。

するとゲイツはソウゴに
自らのベルトを差し出し、
ジオウに変身して戦えと迫る。



しかし、
ソウゴがそれを躊躇すると、
ゲイツは、
「お前はオレに
最高最善の魔王になる
と言った。
それなら問題ない。」

「最低最悪の魔王になったら
俺が倒してやる!俺を信じろ!」



ゲイツの悲壮な決意を
受け止めたソウゴは、
ベルトを手にすると
ジオウに変身する。

「俺は魔王になる。
魔王になって世界を救ってみせる!」

ジオウはウールが持っていた
ベルトをゴーストで奪い、
人手が足りない、とゲイツへ。

ゲイツは再び変身し、
ディケイドウィザードと
カッシーンと戦う。



それでも力足らずの2人は
ウォッチを交換、
ジオウはディケイドアーマー
エグゼイドフォームに、
ゲイツはゴーストアーマーに
チェンジ。

そして3人となったジオウとゲイツは、
力を合わせ戦うと、



分が悪いと踏んだディケイドが退場、
そしてウールとオーラが
キャッスルドランと
イグアナゴーストライカーで
襲い掛かる。

ジオウは1人がカッシーンと、



ゲイツとジオウのもう1人は
タイムマジーンで
タイムジャッカーに立ち向かい、
それぞれを撃破。

戦いに勝利する。

するとウォズの持っている、
逢魔降臨歴の歯車が
再び動き出した。

その頃、2068年の世界では
オーマジオウも復活していた。

「若き私よ、
お前が夢を捨てられぬことは
知っていた。
お前は私だからだ」

ダイマジーンも息を吹き返すなど
世界滅亡の不安は残りつつも、
危機を脱出したソウゴたち。

クジゴジ堂に戻ると
順一郎が用意した料理で
クリスマスパーティーが始まった。

その頃、ソウゴらの知らぬ場所で、
謎の仮面ライダーが出現し…。

【写真/東映・テレビ朝日】
【テレビ朝日】https://www.tv-asahi.co.jp/zi-o/story/?16

感想

ソウゴにしては真剣に考えた!

オーマジオウが自分だと
分かった時点で、
大きな絶望ですよね。

ゲイツたちに言われている限りでは、
「そうは言っても・・」で
流せるけど、
まさに、百聞は一見にしかず。

がっつりベルト、
壊しましたね。

結構あっさり(汗

で、ゲイツとツクヨミには
何の異変もなかったので、
ソウゴがオーマジオウに
なろうがなるまいが関係ない、
関係だったのかな。

ゲイツはソウゴの息子かな、
ってほんのり思ってたのに笑

と思ったら、
やっぱり復活のベルト笑

そして復活のオーマジオウ。

そして早くもソウゴが歌う歌。

「ジオウ 時の王者」
これもライダー定番ですが、
早くね?

こんなもんか?

戦兎が歌ってなかったから、
久しぶりな感じですね~(^^)

にしても、これでいくと、
本人がどれだけ心掛けていても、
あのオーマジオウが最終形態、
ってことになりますね。

あんな変わるかね?

小学生とかならともかく、
高校生のソウゴの今の言動みる限り、
オーマジオウみたいな暴君には
相当なきっかけがないと
なり難いと思うけど・・・

ま、それは追々ってことかな。

そして、
ディケイドはこれで一旦引きらしい。

ただ、ソウゴを2068年に送って、
門矢士の目論見通りにいってないって
言ってたので、また現れるかも?

続いて現れるのは、
パーリナーイ!のスターニンジャ。





ニンジャだからシノビなのか?



てか、シノビって仮面ライダーウォズの
フォームチェンジじゃなかったんだね汗

しかも、ウォズも2人汗

未来が2パターンになったのか?

それは来年のお楽しみ~♪

そして、東映のHPが変わりましたね。

「第一部完」感を出すためか、
”いままでの仮面ライダージオウ”
というページが出来てて、
相関図とか出てます。


【東映】https://www.kamen-rider-official.com/playbacks/20

これはこれで新しいし、
分かりやすいかも(^^)

視聴者の感想

仮面ライダージオウ第16話 視聴者の皆様からの感想です。

ディケイド・ウォズ・オーマジオウ。

関係性、関連性は果たして・・・。

ディケイドに関してはまだまだ、予断を許さない?

第二章の展開が気になりますね。

【ウォズ、大好き・・】

ウォズは、ジオウを裏切っているのかと思えば、いつも祝いに来てくれて、ウォズの優しさに心が暖まります。

敵のウールにまで、突っ込まれる始末、そんなおっちょこちょいなウォズが大好きです。

ゲイツは心の中では、ソウゴを仲間だと思っているんだなと感じるシーンが散りばめられていて素敵でした。

ソウゴの決意により、未来が変わったのに、また元通りになるあたり、こやつ只者ではないな感が溢れていました。

ソウゴのために学校まで調べていてくれたおじさんの優しさが素敵でした。

30代 女性

【なぜ、ディケイドはソウゴを2068年のオーマジオウに会わせたのか?】

世界を滅ぼす力を持つダイマジーンの動きを止める為にソウゴに未来の己自身を見せて、オーマジオウになる道を変えさせ様としているのでは?と推測出来ます。

しかし、今回のオーラとの会話を見てソウゴのジオウに変身しないという選択に満足していない様子でしたし、門矢士の言っていた計画とは何の事なのか正直狙いが分からず混乱してしまいました。

まぁ、士はそんな掴み所の無い性格なので今後の動きがますます楽しみになりましたが…。

ただ、ゲイツがソウゴにベルトを託すシーンは二人の絆が強くなってきたと感じたので、士が何をしようとしていても大丈夫かなと思いますが・・・。

新しいライダーが現れたので、混沌としてきた17話が早く見たくなりました。

40代 男性

【ディケイドの立ち位置は?】

ソウゴが未来の自分と対峙し、未来で人々を苦しめている存在と知って仮面ライダーになることを拒みますが、ゲイツの説得によって人を守る王になることを再び決意して仮面ライダーになるシーンがよかったです。

また、ディケイドの立ち位置がまだよくわからず、さらにラストに謎のロボットのが動きだしたのが謎で今後の展開が気になっていた時に予告で新しい仮面ライダーが登場していたので、来週の放送も楽しみにさせてくれる16話でした。

40代 男性

>>第17話をチェックする

<<第15話をチェックする

まとめ

仮面ライダージオウ第16話のあらすじと感想でした。

感動的なストーリーでしたね!

ジオウの神回と言ってもいいでしょう!

「フォーエバーキング」

ゲイツは本当にオーマジオウへの道を
止めることができるのでしょうか?

一気にゲイツがソウゴ寄りになってきましたね。



Sponsored Link