仮面ライダージオウ第31話のあらすじと感想です。

平成仮面ライダー20周年記念作品の仮面ライダージオウ。

これまでに登場した、平成歴代ライダーを本編に登場させる演出は仮面ライダーファン、仮面ライダーが大好きな子供達に飽きない物語となっています。

随所に、歴代仮面ライダーのオリジナルキャストの配役があり、有名俳優の出演時はSNSなどでも大きな盛り上がりをみせています。

そんな、仮面ライダージオウの第31話。

どんな、展開になっているのでしょうか。

Sponsored Link

 

仮面ライダージオウ第31話「2001:めざめろ、そのアギト!」あらすじと感想

あらすじ

クジゴジ堂のリビングに集まる
ソウゴ、ゲイツ、ウォズ、ツクヨミ。

テーブルに並べられる
数々のライドウォッチを前に、
ソウゴはオーマジオウの宣告に従い、
残り全ての仮面ライダーのライドウォッチを
集めることを宣言する。

ついに覇道を歩むことを決意したと
喜ぶウォズに対し、
オーマジオウの言いなりになることを
快く思わないゲイツ。

だが、ソウゴがライドウォッチを
集める気になったのは、
今のままではオーマジオウに
太刀打ち出来ないからだと説明する。

とはいえ、いったいどうやって
ライドウォッチを集めるのか。

そんな疑問を投げかけるツクヨミに対し、
ウォズは魔王となるソウゴが
ライドウォッチを持つのは必然。

それは自ずと集まってくるだろうと
語るのだった。

そんな中、順一郎が帰宅して
皆の会話に参加。

世の中物騒だとテレビをつけると、
そこでは警視庁の特殊部隊「G3ユニット」が
アナザーライダーに襲われている
ニュースが流れていた…。





ソウゴたち4人はアナザーライダーの
調査に向かうことに。

手掛かりを求めて
タブレットを操作するツクヨミは、
警察の施設内でアナザーライダーが
出現したことから、
G3そのものがアナザーライダーの
狙いであることに気づく。



そんな冴えているツクヨミの過去を
知りたくなったソウゴは、
何気なくツクヨミの
レジスタンス時代について尋ねる。

すると、ウォズから返ってきたのは
意外な事実だった。

実はツクヨミは、
レジスタンス参加前の記憶を失っており、
「ツクヨミ」という名前も
コードネームの様なものだという。

それを聞き、
触れてはダメな部分に触れてしまったと
バツの悪そうな顔をするソウゴだったが、
ツクヨミはあまり気にしていないと
ソウゴに気遣いを見せる。

その後、4人はG3ユニットの
演習場に到着。

そこではやはりアナザーライダーが
G3部隊を襲っていた。

ソウゴたちに気付き、下がっていろと叫ぶ
G3ユニットの隊長らしき男。



だが、大丈夫というツクヨミの言葉に続き、
ソウゴ、ゲイツ、ウォズが
アナザーライダーの前に立ち変身!



戦いの中でジオウが胸に刻まれた
「2019」「AGITΩ」の文字を見て、
怪訝そうに「アギオメガ?」と呼ぶ。

そんなソウゴの言葉にウォズが
それはアギト、即ち今戦っているのは
「仮面ライダーアギト」を基にした
アナザーアギトであると説明。

激戦が続く中、アナザーアギトに攻撃された
G3の1体が、別のアナザーアギトに変貌。

アナザーアギトが持つ
増殖するという能力に一同は驚く。



そして、その様子を
離れた場所から見ていたスウォルツが呟いた。

「アギトはひとりじゃない」

別のG3が攻撃され、
3体目のアナザーアギトに変貌。



そのアナザーアギトは
先ほどソウゴたちを制止した
G3ユニットの隊長・尾室隆弘に
狙いを定めた。

「危ない!」

その間に割って入るツクヨミの叫びが轟くと、
突如時間が静止し、
アナザーアギトの動きが止まる。



一体何が起こったのかと
困惑するツクヨミ。

それを見ていたウォズ、
そして離れた場所にいるスウォルツだけが
この異変に気がついていた。

これは間違いなく
タイムジャッカーが持つ力…!?

時間が元に戻り、
ツクヨミを狙うアナザーアギトを
ウォズが攻撃。

その後、劣勢と感じたのか
3体のアナザーアギトは撤退していき、
混乱の中にいるツクヨミを
ウォズがじっと見つめるのだった…。

戦い終えて、4人はクジゴジ堂に帰宅。
ソウゴは次なる手掛かりを求めて、
仮面ライダーアギトに
接触することを提案する。



ただ、宛てはないからネットで検索する
というソウゴに呆れるゲイツだったが、
「レストランAGITΩ」の情報がヒットする。

仮面ライダーアギトとの関係性を調べるため、
そこにはソウゴとゲイツが行くことに決定。

一方で先ほどの戦闘での出来事を気にして
塞ぎ込むツクヨミに対し、
ウォズが声を掛ける。

間違いなくツクヨミが
時間を止めたのを目撃した
というウォズの言葉に、
ツクヨミはさらに戸惑い顔を見せる。

レストランAGITΩを訪問した
ソウゴとゲイツ。



出迎えてくれた従業員の女性に対し、
「仮面ライダーアギトさんはいますか?」
と直球の質問を投げかけるソウゴに
呆れ返るゲイツ。



ソウゴは
「王様になるために
アギトに会わなきゃいけない」という、

さらに相手が困惑しそうな質問を続けるが
その女性は
「アギトって、翔一くんのこと?」
と返してくる。



やはり関係があったかと喜ぶソウゴは、
その翔一に会いたいと言うが、
あいにく翔一は海外修行中で留守。

仕方なくその場を後にする
ソウゴとゲイツだったが、
その直後にレストランAGITΩに
一本の電話が掛かってくる。

それは翔一からの帰国の連絡だった…。

仮面ライダーアギトこと津上翔一は、
かつて共に戦った
G3ユニットの襲撃事件を知り、
日本に戻ってきていた。

従業員の女性は、
かつてアギトとなった翔一の
最大の理解者である風谷真魚。

そして真魚は、
アギトに会いたいという青年が
訪問して来たことを翔一に告げる。

道を行くソウゴとゲイツにウォズが合流し、
尾室から再びアナザーアギトの出現連絡が
あったことを報告。

急ぎ現場に向かうと、
そこではG3ユニットの隊員たちが
複数のアナザーアギトに襲われていた。

変身した3人は負傷者を尾室に任せて
アナザーアギトとの戦闘を開始する。

各々、アナザーアギトを対処していたが、
ジオウⅡの判断により、
この場は皆の力を結集するべきだと
トリニティライドウォッチを取り出す。

そして
ジオウ、ゲイツ、ウォズの力を合わせた
三位一体のジオウトリニティに
フォームチェンジをする。

そして、アナザーアギトたちに
戦いを挑もうとするが、
ソウゴの覇道の証として世に喧伝をと、
この状況のなかでウォズが
堂々たる名乗りを宣言!

そのあまり場違いな姿に
G3ユニットの面々はおろか、
アナザーアギトまで困惑し、
場の空気が凍りつく。

ソウゴも赤面するがそれも一瞬、
改めて激戦が始まった。

その頃、とある川沿いでは
ツクヨミが物思いにふけっていた。



そこにスウォルツが現れ、
お前の力を見せてみろと
アナザーアギトにツクヨミを襲わせる。



必死で逃げるツクヨミに対して本名を尋ね、
記憶を失っていることを
指摘するスウォルツ。

やはりスウォルツは何か知っている!?

徐々にアナザーアギトに追い詰められ、
絶体絶命のツクヨミだったが、
そこに暗がりから一人の男が近づいてくる。



腹部には光り輝くベルト…
津上翔一。



彼は仮面ライダーアギトへと変身し、
ツクヨミを救おうとする。



だが、それこそがスウォルツの狙いだった。
アギトをおびき寄せて
仮面ライダーの力を奪う。

ジオウトリニティと戦っていた
アナザーアギトたちも
いつの間にか姿を消しており、
アギトの周囲へと集結する。

複数のアナザーアギトに囲まれるアギト。
まさに絶体絶命の状況であった…

感想

今回のジオウは最近のライダー
としては画期的でした!

なんたってアナザーアギトが
リアルに人を襲ってた!

あの描写って最近のライダーでは
やってなかった。



多分、子供には刺激が強いだろう的な感じで
やめてたんだろうけど、
あの感じがオカルト要素を入れた、
ライダーらしさでもありますもんね。

そして完全に今までの出渕デザインとは
一線を画するアナザーアギトw

そりゃそうなんだけどwww

本当は仮面ライダーアギトと同じ、
アギトなんだし。

アナザーアギトって。

にしてもいっぱい作りましたね~。

流石に今後あの数の出番はないだろうから、
マスクと手足だけ作った感じで、
服着てましたが、
あの服着てる感じがまた、ねぇ(^^;)

全く変わってない翔一くんと真魚ちゃん、
大人になったな~って感じの尾室くん。

尾室くんはおぉ!っていう
キャスティングだったし(^^)
嬉しいサプライズでしたね。

このアギト編を見て、
益々CSMのオルタリングが欲しくなった人は
多いハズ(^^)

今、販売したら売れるのにね(^^)

さらに今回はツクヨミが
結構なアクション。

手すりを飛び越えたのは、
アクターさんか?

カット変わってるから、
アクターさんかな(^^;)



にしても、
なんかスウォルツって、
ソウゴにライドウォッチを
集めさせるように動いてない?

そこで気になるのが、
ウォズがゲイツたちの上司だったのに、
オーマジオウの元にスパイに行ってから
オーマジオウの手下になった感じ。

もしオーマジオウに
洗脳系の能力があるのなら、
スウォルツもそういうことになっている
可能性がある?

【東映】https://www.kamen-rider-official.com/playback/17
【テレビ朝日】https://www.tv-asahi.co.jp/zi-o/story/?31

相関図



【東映】https://www.kamen-rider-official.com/playback/17

仮面ライダーアギトキャストとは



【東映】https://www.kamen-rider-official.com/history

視聴者の感想

第31話をご覧になった
視聴の方の感想も見てみましょう!


仮面ライダーアギトを見たのが久しぶりでカッコ良かったです。

来週話には、アギトの強フォームも出てくるので凄く楽しみです。

ジオウに関しては、3人の仲が自分なりには見所で、それが繋がり新しいフォームが出てきたので、テンションがあがりました。オーマジオウまでの期間が短くなってきているので、みんなの未来はどのようなものになっていくのか、今後の流れに注目です。

それと、まだ出てきていない平成仮面ライダーを早く見たいです。

30代男性

【ツクヨミは一体何者か?】

アナザーアギトが訓練中のG3ユニットを襲い、次々と増殖するという今までに無いアナザーライダーの力を見せるアナザーアギトに苦戦するソウゴ達でしたが、尾室にアナザーアギトが襲いかかった時にツクヨミが咄嗟に時を止める力を発揮する場面を見てツクヨミは一体何者なんだと驚きました。

ツクヨミはレジスタンスに参加する前の記憶が無くツクヨミという名前もコードネームみたいなモノと分かり、ますます謎な存在だなと思いましたが、オーマジオウは時の王者にして魔王と呼ばれている事からも、ひょっとしたらツクヨミは未来のオーマジオウと何かしら関係があるのかもと予想しています。

アギトである津上翔一の久しぶりの出演もテンションが上がりましたが、色々とワクワクする展開となり次回が楽しみになりました。

40代男性

【ツクヨミの正体が物語の鍵になりそう】


ツクヨミが時間を止めてしまいました。

タイムジャッカーがよく使う技ですが、これが使えるということは彼女は記憶が消える前はタイムジャッカーだったのでしょうか。

なんでもお見通しだという顔をしているスウォルツも驚いていたのでもっと強大なパワーなのかもしれませんが、ツクヨミの失われた過去が重要な要素になることは間違いなさそうです。

 

今回の敵であるアナザーアギトは今までにない増殖型で、アナザーライダーもどんどん強敵になっていきます。
ツクヨミの力はそんな強的からジオウ達を助ける力になるのか、それとも世界を滅ぼしかねない力となるのかに注目しています。

30代女性


今日の仮面ライダージオウの感想は 個人的に好きなアギト編だったのが一番感動したところです。

翔一君しかり、まなちゃんや尾室君まで出てきてくれて当時見ていた自分を思い出しながら 今日のアギト編を見ていました。

しかし、一番の見どころだったのは ツクヨミがタイムジャッカーの力を使えたと言うシーンには驚きを隠せませんでした!

過去の記憶のないツクヨミはもしかして、元はタイムジャッカーだった? と言う疑問が生まれ スォルツがそれを確かめるべくアナザーアギトの集団をツクヨミに襲わせ そこに一人 見参した翔一君の次回の戦いに期待したいと思いました。

40代男性

【ツクヨミの能力】

今話ではツクヨミの新しい能力が発現されました。

ジオウ・ゲイツ・ウォズの3人がすっかりチームになっている印象で、少し前の雰囲気を振り返るとちょっと笑ってしまいます。

アナザーアギトの、人間に襲い掛かる様子がグロテスクで怖かったのが印象的です。

あとは、アギトレストランを訪ねた時のソウゴ君の無茶な話の切り口とそれをフォローするゲイツ君のやり取りがおかしかったです。

次回、ツクヨミさんの過去や新能力がさらに明らかになりそうです。

30代男性

>>第32話をチェックする

<<第30話をチェックする

まとめ

仮面ライダージオウ第31話のあらすじと感想でした。

とうとう、ツクヨミまでもが、
時間を操れるようになってしまいました。

てか、ツクヨミ自体、一体何者なかが
よくわからない・・・。

もしかして、元タイムジャッカーですかね。

ウールもオーラも同じ力持ってますからね。



Sponsored Link