仮面ライダージオウ第7話のあらすじと感想です。

平成仮面ライダー20周年記念作品の仮面ライダージオウ。

これまでに登場した、平成歴代ライダーを本編に登場させる演出は仮面ライダーファン、仮面ライダーが大好きな子供達に飽きない物語となっています。

随所に、歴代仮面ライダーのオリジナルキャストの配役があり、有名俳優の出演時はSNSなどでも大きな盛り上がりをみせています。

そんな、仮面ライダージオウの第7話。

どんな、展開になっているのでしょうか。

Sponsored Link

 

仮面ライダージオウ第7話「マジック・ショータイム2018」あらすじと感想

あらすじ

前回までのあらすじを紹介するウォズ。

彼の口から、ゲイツやツクヨミが
ジオウの仲間になると、
歴史が歪み兼ねない、という意味深な
セリフからスタート。

2012年。
芝居小屋でマジックショーの
裏方として働く早瀬。

客数が増えず、寂れた芝居小屋に、
もうダメね、と言い、
銀行へ出かけるオーナーの娘、香織。



そこへタイムジャッカー・ウールが登場。


小屋はもうじき閉館すると早瀬に言い、
歴史を変える力と引き換えに、
アナザーウィザードにしてしまった。


時代は進み、2018年。

時計屋なのにあらゆる電化製品の
お直しばかり引き受け、
便利屋と化している順一郎の愚痴を
聞いていたソウゴたちは、
順一郎から巷で話題の
ウィザード早瀬の話を聞く。


興味が沸いたソウゴは、
ゲイツとツクヨミを誘い、
見物に出かけると、
またもや現れたウォズ。

ソウゴに、ゲイツやツクヨミと
距離が近いことを注意するが、
ソウゴはいい王になるから、と
全く気に留めない。

ソウゴを見送り、心配するウォズ・・・


マジックが始まった。


ウィザード早瀬のマジックは、
手から炎を出したり、


植物をその炎で燃やし、花瓶を割り、
そしてそれを元に戻したり・・・


それは手品というより本当の魔法。

これは間違いなくタイムジャッカーが
絡んでいると踏んだソウゴたち。

さらにゲイツは、
かつて仮面ライダーウィザードという、
魔法使いのライダーがいたことを思い出す。

そこでツクヨミたちは
早瀬を調べることにする。

ショーが終わった楽屋。

ウィザード早瀬の元へ、
香織が労いにやってきた。


満員のお礼を言われ、
小屋を潰したくないだけと言う早瀬に、
それなんだけど・・・と切り出す香織。

それを遮り、自分はお嬢さんが笑顔で・・
と口ごもる早瀬。

どうやら早瀬は香織に
淡い想いがあるようだ。

照れ隠しに、
そそくさを荷物をまとめ、
足早に退出した早瀬。

外に出ると、ソウゴたちが待っていた。


ソウゴが早瀬にマジックの種を聞くと、
魔法だ、と答える早瀬。

それを見ていたゲイツは、
痺れを切らし変身。

すると早瀬はアナザーウィザードに
変身した。

問答無用にアナザーウィザードを
攻撃するゲイツ。


それを見たソウゴはジオウに変身し、
ゲイツを止めた。


その隙にアナザーウィザードは
逃げてしまった。

ジオウを責めるゲイツに、
ソウゴは、何も悪いことを行ってない、
アナザーウィザードを攻撃するのは
間違っていると言う。

それに対して、アナザーライダーの存在
そのものが悪だというゲイツ。

そしてゲイツは
1人で早瀬を追って行ってしまった。

残されたソウゴは、
ゲイツとは違う方法で早瀬を調べるため、
ツクヨミに協力を依頼する。

1人アナザーウィザードの行方を追うゲイツ。
そこへスウォルツがやってきた。


ジオウたちが動くことで、
タイムジャッカーの邪魔になるため、
始末しにきたらしい。

スウォルツの力で
ゲイツは屋上から落とされた。


落ちるゲイツを助けたウォズ。

それを見たスウォルツは、
また次の機会にしよう、と
去ってしまった。

ウォズは昔のよしみでゲイツを助けた、言い、
これを機に自分たちも仲直りをし、
魔王の仲間になってくれないか、と
誘いかける。


それに対して、自分を愚弄するなと
言うゲイツ。

ゲイツはウォズに一度も勝ったことが
ないらしく、
向かってくるゲイツをウォズは翻弄する。

この場は諦めたゲイツはウォズに、
自分をジオウの仲間にしようなど、
もっての外だ、と言い残し、
去っていった。

それを聞き、残念だと言いつつも、
ほくそ笑むウォズ。


慌てて逃げかえった早瀬。

家に戻ると戸締りをし、
周りを確認してカーテンを閉め、
一息つくと、後ろにオーラがいた。

慄く早瀬だが、ウールの仲間と知ると、
ゲイツたちの対処法を聞く。


それに対しては、
適当に躱していればいいと答え、
ただ、今後王になるため、
もっと深い傷を負ってもわらないと、
と伝える。

そこへ仕事仲間の長山がやってきた。

長山は小屋を閉めようと思う、と
早瀬に言う。


しかしそれに反対する早瀬に長山は、
香織も小屋を閉めることを
承知していること、
そして、自分が香織と
結婚することを伝える。

その頃ソウゴたちは香織に会い、
早瀬のことを聞いていた。

早瀬がマジックができるようになったのは、
2012年12月25日らしい。

そしてその日は、香織が長山から
プロポーズを受けた日だった。

6年前に香織の父が亡くなったことで、
小屋の経営が悪化し閉めようとしていた時、
早瀬があのマジックで舞台に立ち、
経営を立て直したらしい。

2人共早瀬に感謝しており、
早瀬にさらに上のステージに進んで欲しいと
願っていた。

しかし実は香織のためにやっていた早瀬は、
それを聞いて逆上。
アナザーウィザードとなり、長山を襲う。

そこを偶然通りかかったゲイツは、
長山の助けを求める声を聞き駆けつけた。

アナザーウィザードを見て、
予想通りの展開に、
変身しようとする
ゲイツの後ろで何か気配が。


ゲイツがその気配に気付き振り向くと
怪しい人影は逃げてしまった。

追おうとするゲイツに
アナザーウィザードが襲ってきた。

ゲイツは仮面ライダーに変身し対抗する。


香織から話を聞き、芝居小屋から出る、
ソウゴとツクヨミの元にウォズが現れた。


警戒するツクヨミたちに、
ウォズは、ゲイツが暴走していると伝える。

それを聞き、急ぎ向かうソウゴたち。

アナザーウィザードと戦うゲイツ。

しかしアナザーウィザードは、
魔法の力を使い、中々手強い。


力の亡者と化したアナザーウィザードを
そのままにはしておけない、と
ゲイツはファイズアーマーにチェンジし、
アナザーウィザードを倒した。



人間に戻ったアナザーウィザードに、
ゲイツは、この力をいつ手に入れたかを
責め立てる。


とそこへジオウが登場、
ゲイツを早瀬から引吊り離した。

アナザーウィザードが
人を襲うようになったのは、
ソウゴのヌルさが原因だと、
ゲイツはソウゴを責める。

しかしそれでもソウゴは、
ここまでする必要はない、と言い張る。

それなら戦うしかない、と
2人、構えたところへツクヨミが到着し、
2人を止めた。

変身を解除したソウゴとゲイツ。

するとゲイツはソウゴに、
自分のやり方を曲げないとしても、
仲間にしようなどと思うのか聞く。

そこへオーラが登場。


アナザーウィザードを再起動させ、



今度は憎しみと共に力を使うよう助言し、
去っていった。

停止が解けると、
アナザーウィザードは
出口にいて制止するツクヨミを、
フリーズの魔法で昏睡状態にして、
行ってしまった。


そんな中、外ではウォズが、
魔王にはやはり仲間など似合わない、
と言い、ほくそ笑む。

感想

ウォズに不穏な言動が見えてきた7話。
色々意味深でしたね~~。

タイムジャッカーとウォズとゲイツたちの
関係性が気になってきましたね。

未来でウォズと戦って、
一度も勝ったことがないゲイツ。

てことは戦いような間柄ということ。
しかも何度も、ってことは、
どういうこと?
ゲイツ、生きてるし。
競技??

そして、ゲイツを助けるウォズを見て、
ウォズとゲイツたちが手を組んでると思い、
それに対して、予想外というスウォルツ。

予想外・・・
やっぱり、ウォズは敵に当たる人なのかな。
スウォルツもウォズを知ってる風だったし。
相関関係が知りたくなってきましたね。

ウォズは完全にソウゴをゲイツたちから
引き離しにかかってますしね。

そして、もう1つ。
タイムジャッカーって、
やっぱりゲイツたちが邪魔なんですね。

だとしたら、余裕で消せない?
時間止めれるんだから。


この状態って無双じゃない?
なんでわざわざ、力を使って
ビルから落とそうとしたりする必要が?

もしかして、タイムジャッカーは
ゲイツたちに直接手を出せないのか?

これも何気に気になる点ですね。

そして、アナザーウィザード、
よく出来てる!!


カッコいいですよね!
ライダー愛を感じます(^^)

なんかS.I.Cっぽい感じ。

今回のアナザーウィザードなんか、
ベルトに手の骨とか入ってて、
でっかいリングの石が手に付いてて、
おぉ~~って感じです(^^)

なんだったら、ライダーアーマーより、
アナザーライダーの方がカッコいいぞ汗

そして、
ビーストライドウォッチ!


顔の状態にしていないのが、
ニクい感じです!
発売ないのかな?
反響みてのプレバンかな・・・

 

>>第8話をチェックする

<<第6話をチェックする

まとめ

仮面ライダージオウ第7話のあらすじと感想でした。

ウィザードの背景とは関係なく
オリジナルストーリーが展開した感じでしたね。

次週は仮面ライダービーストの登場です。



Sponsored Link