今回は秋の行事である中秋の名月・十五夜について紹介していきます!

十五夜の他にも十三夜や十夜が存在します。

その違いや、月見団子の数や並べ方も十五夜か十三夜によってまた違うといったところ。

そして、秋の名月と十五夜の違いってあるの?という部分など、疑問に感じた部分について
今回紹介していきます!

Sponsored Link

十五夜と十三夜の意味と由来

十五夜と十三夜の
意味と由来についてご紹介します。

まず、十五夜と十三夜は旧暦が大きく
かかわっています。

◎十五夜とは

十五夜は現在と違って旧暦の8月15日
の夜
のことを言います。

旧暦の8月15日は一年の中で
月が一番美しく見える日であると
いわれています。

現在の暦だと、旧暦とは違い
9月中旬~10月の初旬ごろ
が十五夜にあたります。

2018年の今年は
9月24日が十五夜
にあたります。

十五夜は秋の収穫祭にあたり、
稲や芋などの作物が今年も
豊作でしたという祈りや、
来年が豊作になりますように
という願いを月の神様に
お祈りする行事でした。

昔はお供え物として芋を供えることが
多かったようです。

よって、十五夜は別名
「芋名月」と呼ばれています。

Sponsored Link

◎十三夜とは

十三夜とは
旧暦の9月13日のことを言います。

十三夜は十五夜と違い、1月ほど
遅い日です。

十五夜の次に月がきれいな夜と
いわれています。

2018年の今年は
10月21日が十三夜
にあたります。

この時期に収穫できる作物が
豆や栗だったことから
十三夜は栗名月や豆名月
という呼び名でも呼ばれています。

十三夜も月を眺めながら、
作物の豊作を月の神様へ祈ります。

この十五夜と十三夜は
両方とも月見できれば
とても縁起がいいといわれています。

十五夜・十三夜の他にも
聴き慣れてはいないと思いますが
十夜なども存在しています。

日本では涼しい時期に入ってくると、
作物の豊作を祈りながら
月見をする習慣があるわけです。

十五夜はよく曇りや雨の日に
当たってしまいます
が、
十三夜は
「十三夜に曇りなし」

といわれるぐらい、
よく快晴の日に当たるといわれています。

Sponsored Link

中秋の名月と十五夜はちがうの?

続いて、
中秋の名月と十五夜の違い
について紹介します。

この中秋の名月と十五夜の違いは
現代の日本ではあまり意味の違いを
考えなくてもいいと思います。

しかし、
厳密にはちょっとした違いがあるのです。

Sponsored Link

◎中秋の名月

中秋の名月・・旧暦の8月15日
旧暦での秋の真ん中の日のことを言います。

◎十五夜

十五夜・・旧暦の15日の夜のこと

ということは・・
毎月の15日の夜は十五夜なのです。

現代では
お月見=十五夜
十五夜=中秋の名月

というイメージが強いので、
「一緒じゃん」
と思う人が大半であると思いますが、
実は厳密にいうと少し違いがあったわけです。

豆知識として覚えておくのが無難です(笑)

Sponsored Link

中秋の名月は毎年変わる

気づいている方もいると思いますが、
お月見は毎年同じ日に行われませんよね?

そうです、
中秋の名月は毎年変わります。

ここ数年の中秋の名月の
日程をご紹介します。

中秋の名月日付比較一覧表
西暦年旧暦8/15曜日満月満月との差
20169/15木曜9/17+2
201710/04水曜10/06+2
20189/24月曜9/25+1
20199/13金曜9/14+1
202010/01木曜10/02+1

参考サイトURL:http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0710.htm

10月が中秋の名月となる日もあれば、
9月が中秋の名月となる日もありますね。

その年その年で9月に入ったら
「今年の十五夜はいつになるかな?」
と気にかけられれば
月見し損ねることもないですね。

月見団子の意味

そういえば、
月見ってなんで月見団子を
供えるんだろう?

と疑問に思ったことはありませんか。
今回はその真意に迫っていきます!

中秋の名月の月見では、
昔は芋をお供え物として
お供えしてました。

しかし、
稲作が普及するにあたり
ちょっとかわっていきました。

「今年はおかげさまでこんなに米が取れました」

という感謝と、来年への祈りを込めて
次第に米を使った団子を芋の形に
似せてお供えするようになったようです。

実は団子を月に似せるのではなく、
芋に似せていた月見団子です(笑)

結構知らない人も多いと思うので、
豆知識としてどうぞ!

ちなみに、
中秋の名月では
月見団子とセットで
ススキを飾りますよね?

このススキは稲に似ています。

中秋の名月のころは、
すでに稲刈りが済んでしまっているので
稲の代わりとしてススキを飾る
ようになりました。

お供えするススキには
月の神様が宿るので、
厳密には1本だけススキを
飾る
のが鉄則です。

月見団子の数と正しい並べ方

続いて、
月見団子の数と正しい並べ方について
ということで、
十五夜と十三夜
それぞれの月見団子の数と正しい
並べ方について紹介します。

◎十五夜

月見団子の数・・15個
※最近は家庭での簡略化で
5個飾るということも増えてきた。

月見団子の大きさは
直径が約4.5㎝で
1番下・・3個3個2個(合計8個)
2段目・・2個2個(合計4個)
3段目・・2個
天辺・・1個
のピラミッド型になるように
積んでいきます。

◎十三夜

月見団子の数・・13個
※最近は家庭での簡略化で
3個飾るということも増えてきた。

月見団子を乗せる台は
三方を使うのが好ましいです。

これは、日本の神具ですが、
今の時代はネット通販でゲットできます(笑)

「三方をそろえるのはめんどくさい・・」
という人もいると思います。

家庭用の皿でも代用できます!

この場合は白い紙を皿に敷きます。
半紙などの四隅の角を垂らすように
敷くとかなりいいです。

あとは
お月様が見えるところ
または
床の間に供えればOKです!

雨でもススキと団子を供える?

続いて、
中秋の名月が雨でも
ススキと団子は供えるの?

という疑問について答えていきます!

もし、中秋の名月が雨だったとしても
是非ススキと団子は供えてください。

小さな子供たちが、
月見泥棒を楽しみにしているかもしれない
からです。
※雨の日はお供えものを供えてはいけない
ということはありません。

昔、中秋の名月には「月見泥棒」
といった子供が楽しむ風習がありました。

この風習は、田舎の地域では今でも
続いているところもあります。

家に飾ってある月見団子や芋のお供え
を近所の子供たちが見つからないように
盗むといった風習です。

盗みは許されることではないですが、
この中秋の名月に限っては、
お供え物を盗む子供を
家の人は見て見ぬふりをします。

子供達にはたまらない
スリルのある風習ですよね。

なので、
是非中秋の名月である十五夜が
雨だったとしても、
月見団子やススキを飾ってみてください。

Sponsored Link

供えた団子はいつさげるの?団子の食べ方は?

団子はいつさげるの?

続いて、
供えた団子はいつさげるのか?や、
おすすめの団子の食べ方について

紹介します。

中秋の名月に供えた団子は、
特にいつさげるといった
しきたりはありません。

しかし、飾った後は食べるので
月見を楽しんだ後当日中に
下げるのが一番良いとされます。

月見だんごの食べ方

続いて、
おすすめの月見団子の食べ方です!

月見をした後に月見団子を食べることに
なると思うので、あまり
手間のかからない調理法かつ
旨い!!となる食べ方
を紹介します。

その食べ方とは・・
飾る前の団子を作成する時に、
団子の中にあんこを
入れてしまうこと!!

材料
・市販の団子粉
・水
・市販のあんこ

のみでOKです!(財布にも優しい)

分量はその家庭でのお好みです。
家族の人数を考慮して、
市販の団子粉または団子キットを
購入してください!

中秋の名月の楽しみ方

続いて
中秋の名月の楽しみ方について
紹介します。

中秋の名月の十五夜のお月見
という風習は、
初めは貴族たちの風習でした。

貴族たちは中秋の名月には
船に乗って水面に映る月を
見ながら和歌を詠んだりと
宴を開いたようです。

それをまねして、
近所にある池に足を運んで
水面にうつる月を見に行ったり
和歌ではなく百人一首を家族で
楽しんでみたり
するといった
楽しみ方も有ではないかと
思います。

まとめ

いかがでしたか?

十五夜という言葉は知っていたけど、
十三夜って言葉は知らなかった!!
という人や、

十五夜の楽しみ方って
ただ月を見て団子を食べるだけでしょ?
という人もいましたよね!

この記事から
十五夜の新たな楽しみ方や
十五夜の他にも十三夜などが
あるという豆知識を
知ることが出来たかなと思います。

十五夜や十三夜、
そして覚えていたら十夜に
是非それぞれの楽しみ方で
違った月を観賞してみては?

是非、今年の十五夜は
学んだ豆知識とともに
月見団子と月を楽しんでみてくださいね!

Sponsored Link