長い歴史があり、
始まりは平安時代と言われる
春日若宮おん祭。

 

この祭りで行われる神楽や雅楽などの
古典芸能は国の重要無形民俗文化財
指定されています。

 

そして、観光地奈良県でもあるため、
このお祭りには地元の人の他にも
かなりたくさんの観光客が集まります。

 

春日若宮おん祭では「お渡り式」が有名です。

今回は祭りで行われるお渡り式についても
記載しています。

気になる人はチェックしてみてください。

 

そして、お祭りの日程や時間、駐車場や
交通規制についても調べてみました。

お祭りに行ってみようと思っている
人は参考にしてみてください!

 

おん祭で行われるお渡り式をしっかり
見たいという人は「桟敷席 」についても
チェックしておきましょう!

桟敷席 の種類や料金についても
記載していますので、
しっかり予習していきましょう。

Sponsored Link

 

春日若宮おん祭の歴史

春日若宮おん祭の歴史

春日若宮おん祭(かすがわかみやおんまつり)は
奈良県奈良市の若宮神社の例祭です。

春日若宮おん祭は平安時代(1136年)
はじまったとされています。

当時大雨が続き、飢饉が相次ぎました。

疫病も蔓延したため、これらの根絶を
祈願したことが始まりでした。

 

今まで途切れることなく開催され、
その回数は平成30年で883回に!!

とても長い歴史のあるお祭りです。

祭りの概要

おん祭は若宮神社の例祭です。

昭和54年に国の重要無形民俗文化財に
指定されました。

毎年12月15日から18日まで
開催されます。

中心行事は17日0時から行われる
「遷幸の儀」
18日の日中に行われる「お渡り式」です。

また、お渡り式のあとに行われる
「お旅所祭」では、田楽や神楽、猿楽、
雅楽など様々な古典芸能が奉納されます。

Sponsored Link

春日若宮おん祭のみどころ

遷幸の儀 還幸の儀


「遷幸の儀(せんこうのぎ)」は若宮神を
本殿からお旅所の行宮までお遷しする行事。

「還幸の儀(かんこうのぎ)」は若宮神を
お旅所から本殿へお還しする行事です。

 

遷幸の儀は17日の0時から行われます。

御神体を運ぶ行列が、
暗闇の中進んでいきます。

参列することは可能ですが、この時は
写真撮影や照明などの光源の使用を
一切禁止しています。

松明の明かりだけの中
厳かに行われる神事は神秘的です。

お渡り式

御旅所の若宮神のもとへ、祭礼に加わる
人たちが1000人規模の行列で練り歩きます。

行列に参列している人たちは
平安時代からの衣装に身を包んでいます。

神職や巫女、田楽などの奉納行事を
行う人や大名行列など、
見るだけでも価値がある行列です。

一の鳥居そばの影向(ようごう)の松では
松の下式と呼ばれる重儀が行われます。

田楽や猿楽などの奉納が行われ、
御旅所まで向かっていきます。

お旅所祭(おたびしょさい)

お渡り式の行列が到着したあと、
午後2時半頃から夜遅くまで
古典芸能が奉納されます。

巫女による神楽、田楽、細男(せいのお)、
雅楽、和舞(やまといまい)など、
「生きた芸能史」を体感することができます。

春日若宮おん祭の日程・スケジュール

春日若宮おん祭というと、
お渡り式がメインと言われますが、
たくさんの神事が執り行われます。

12月15日

午後1時大宿所詣(おおすくしょもうで)
午後2時半御湯立(みゆたて)
午後4時半
午後6時
午後5時大宿所祭(おおしゅくしょさい)

12月16日

午後2時半頃大和士宵宮詣(やまとざむらいよいみやもうで)
午後3時頃田楽座宵宮詣(でんがくざよいみやもうで)
午後4時宵宮祭(よいみやさい)

12月17日

午前0時遷幸の儀(せんこうのぎ)
午前1時暁祭(あかつきさい)
午前9時本殿祭(ほんでんさい)
正午お渡り式
午後12時50分頃南大門交名の儀(なんだいもんきょうみょうのぎ)
午後1時頃松の下式
午後2時頃競馬
午後2時半お旅所祭(おたびしょさい)
午後2時半頃稚児流鏑馬
午後3時半~
10時半頃まで
神楽・東遊・田楽・細男(せいのお)
猿楽・舞楽・和舞(やまとまい)
午後11時還幸の儀(かんこうのぎ)

12月18日

午後1時奉納相撲
午後2時御宴能(ごえんののう)
Sponsored Link

春日若宮おん祭 お渡り式の時間コース

1000人以上の行列が
奈良の町中、約2,5kmのコースを
練り歩きます。

奈良県庁→近鉄奈良駅前→JR奈良駅前
→三条通り→お旅所

の順で進んでいきます。

12時    お渡り式出発
12時50分~ 南大門跡前
(南大門交名の儀)
13時~   影向の松
(松の下式)
14時30分~ お旅所
(お旅所祭)

上記の時間で進んでいく
予定となっています。

桟敷席でお渡り式を鑑賞する

お渡り式などを観覧できる場所として
「桟敷(さじき)席」が設けられています。

お渡り式は行列の沿道から
観覧することもできますが、
桟敷席を利用するとより良い場所から
お渡り式を観ることができます。

春日若宮おん祭では3箇所の桟敷席が
あります。

登大路園地桟敷席

お渡り式の出発の行列を観覧することが
できる場所です。

11時30分頃には宝蔵院流槍術演武など
観覧できます。

行列通過時間:11時50分~13時
設置場所  :県庁前登大路園地
席数    :約700席
代金(ひとり):2000円

松の下式桟敷席

「影向(ようこう)の松」前に
設置されています。

芸能を奉仕する一団による
「松の下式」を観覧できます。

行列通過時間:13時~14時30分
設置場所  :春日大社 一ノ鳥居横
席数    :北席 120席
南席 50席
代金(ひとり):北席 3500円
南席 4000円

御旅所前桟敷席

お旅所の前に設置されています。

神楽や田楽、舞楽などが奉納される
「お旅所祭」を観覧できます。

行列通過時間:13時~
設置場所  :お旅所前
席数    :約160席
代金(ひとり):5500円

お旅所祭は14時30分から22時30分まで
あり、桟敷席は12時から開設しています。

入場から22時30分の間、出入り可能ですが、
神事のため一時立ち入りできなくなります。

 

チケットの予約やお問い合わせは
奈良市観光センター(0742-22-3900)へ
お願い致します。

桟敷席予約ページはこちらから

Sponsored Link

春日若宮おん祭交通規制の時間帯と区間

お渡り式の時間は交通規制が
行われます。

車を利用予定の人はご注意ください。

時間によって通行止めの場所が
異なります。

下記の図を参照にしてください。

交通規制により、周辺では渋滞が
発生するので、ご注意ください。

春日若宮おん祭の混雑状況は?

春日若宮おん祭では例年10万人
もの人出で賑わいます。

「遷幸の儀」は17日の0時から
はじまるにも関わらず、沢山の人出です。

「お渡り式」でもたくさんの人出で、
桟敷席は勿論、行列の沿道も
たくさんの人だかりです。

特にお旅所前では
身動きが取れない程になります。

春日若宮おん祭の駐車場

春日大社に100台分の駐車場がありますが、
すぐに満車になってしまいます。

料金は普通車1日1000円です。

公共交通機関の利用がおすすめです。

または周辺駐車場を利用するように
しましょう。

春日若宮おん祭へのアクセス

若宮大社
〒630-8212
奈良県奈良市春日野町160

奈良県庁(お渡り式出発場所)
〒630-8501
奈良県奈良市登大路町30

電車の場合

JR奈良駅、近鉄奈良駅よりバスで約15分
「春日大社本殿」下車すぐ

車の場合

西名阪道天理インターから
国道169号経由で約20分

2020年に激安で旅行するには?

東京オリンピックイヤーの今年は、
国内旅行の価格が高騰すると予想されています。

春休みや夏休みのい家族で行く
国内旅行を手堅く、安くいくなら
やっぱり早めの予約に限ります!

ネット予約にせよ、ご自身の直接手配にせよ、
早い段階での予約に勝る激安はありません!

筆者の経験上
国内の激安ツアー予約であれば楽天トラベル
が最強ではないかと思っています。

予約数でツアー料金が増減する
楽天トラベルのシステムは、
簡単に言えば早い者勝ち!

予約が早ければ安くなる明快なシステムです。

絶対安く!と言うのであれば、
楽天トラベルの一択ですね。

>>楽天トラベルで調べる

 

また、航空券は先に購入したけど、
肝心な宿泊先がまだ決まっていない・・・

そんな方は、楽天トラベルの前に、
ホテル予約サイトの「トリバゴ」をおすすめします。

トリバゴでは予告なしで
トリバゴ独自のセールを開催しているので、
楽天トラベルのサイトよりも同じホテルが
安く泊まれることもしばしばあります。

最終的にどの予約サイトで
ホテル予約をしてもいいのですが、
先ずはトリバゴを見てから予約された方が賢明です!



トリバゴで比較する

その他、宿の予約は旅行代理店各社で
行うことができます。

まずは、
ツアーや宿の空き状況をチェックしておきましょう。

▼ツアー・ご宿泊の予約はこちらから▼

楽天トラベル
Yahooトラベル

まとめ

春日若宮おん祭では
遷幸の儀やお渡り式などで、
長い歴史を感じることができます

伝統あるお祭りに参加してみては
いかがでしょうか?

 

1000人以上の行列で行われるお渡り式、
神楽や田楽、雅楽などの古典芸能を
堪能できるお旅所祭。

気になる行事は何でしたか?

 

お祭りに参加する人は
しっかりと春日若宮おん祭を
楽しんでください。

 

開催されるのは12月も中旬なため、
寒さ対策も忘れないように!

 

最後まで読んで頂き、有難うございました。

Sponsored Link