東京有数のお花見スポットの1つで
人気の高い場所「目黒川」

川の両サイドに桜が植えられている事から、
満開の時期には目黒川が桜色一色となります。

目黒川のお花見の時期はいつからいつまで?
屋台の出店期間とライトアップの期間を
確認してみましょう!


2019年のさくら情報!
目黒川のお花見を情報をご紹介します!


Sponsored Link

 

目黒川の桜の開花状況と見頃

2018年は桜の開花が全般的に
早かったです。

東京の桜の開花は
3月17日の開花となりました。

そして、満開は3月24日となりました。

平年よりも10日も早く満開を迎えました。

 

桜の開花日から約1週間~10日で満開となるので、
開花日を目安に、お好みのタイミングで
お出かけされるといいですね。

お出かけされる前に
桜の開花状況を確認しておきたい方は、
ウェザーマップの桜開花予想公式サイト
ご覧くださいね。


目黒川沿いの桜の見頃は
3月30日(土)31日(日)がおすすめ。

是非、お出かけくださいね。

Sponsored Link

目黒川桜まつりの日程

2019年の目黒川桜まつりは、
3月30日(土)から4月7日(日)となっています。

各会場で桜まつりの開催日程が違っています。

ご確認の上、お出かけください。

アルカス春祭り

3月30日(土)・31日(日)
4月6日(土)・7日(日)

中目黒桜祭り

4月7日(日)

場所
合流点遊び場

公式サイト
中目黒駅前商店街公式サイト

目黒イーストエリア桜祭り

4月6日、7日(土・日)

場所
田道広場公園

公式サイト
目黒イーストエリア桜祭り

Sponsored Link

川沿いの桜と一体となり吊るされている
ぼんぼりがとても綺麗な目黒川の桜。

更には至る所でライトアップもされ、
都会の中で幻想的な雰囲気を垣間見せてくれます。

目黒川自体は約8kmに渡って
最後は東京湾へと繋がります。


池尻大橋から亀の甲橋(品川区)までの
およそ3.8kmに渡って、
両岸に約800本もの
ソメイヨシノが咲き誇ります。


桜の花が散り際を迎えると川が桜色一色ともなり、
「桜絨毯」などとも呼ばれています。

気になる目黒川のお花見混雑状況

場所取りなどができないでは目黒川のお花見。
出来ればギュウギュウの人混みは
避けたいと思うのが人のココロですよね。


とはいえ、
なかなか人気スポットなので難しいですが、

時間によって混雑具合も違いがあります。

目黒川のお花見の傾向はというと、
ランチも楽しもうとお昼前から混み合い、

13時過ぎには一旦、落ち着きます。

そして、
15時頃にお散歩とお茶でまた混み合って、

最終的には仕事帰りの方々が集まり出す
夕方~夜へ
と混み合いが続きます。


特に中目黒から上流に向かって混雑が集中!

混雑を避けるなら屋台で食べ物を買ったら
目黒方面(下流)へと向った方が
落ち着けると思います。

目黒川のお花見屋台情報

目黒川沿いは
お弁当を広げて食べるといった事は禁止
されています。


そんな時小腹を満たしてくれるのが
「屋台」ですね。


時期的に中目黒周辺ではさくら祭りも行われるので、
非常に数多くの屋台があります。

中目黒は数多くのオシャレな飲食店や雑貨店が多く、
さらに昔ながらの屋台料理も並ぶ事で、
非常に目移りしそうです。

屋台期間は桜の開花から4月中旬頃
時間は午前中から夜21:00頃としている様です。

2018年については、
3月24日(土)から4月8日(日)までが、
屋台出店の期間となっています

アルコールを出しているお店などもありますが、
ハメを外さない程度に楽しんでくださいね。

目黒川のお花見ライトアップはいつからいつまで?

夜桜をより幻想的に見せるライトアップ!
夜のデートにピッタリですよね。

ライトアップも場所によって違いがあり、
お祭りムード満載の
「提灯(ぼんぼり)」ライトアップは、
中目黒駅から池尻大橋の区間で日没〜21:00まで

ライトを当てて行う方法は
天神橋から宝来橋の区間で時間は同じです。

ライトアップ期間は、
2019年は3月23日の土曜から
4月10日(日)まで行われます。



トイレはある?

屋台で存分に楽しんで桜を見てる間に
どうしても迎える自然現象!
「トイレ」の場所は把握しておきたいですね。

川沿いには公園があるのでそうした場所の
公衆トイレの利用も可能ですが、
臨時の仮設トイレの設置もあるので安心ですね。

ただし「車椅子対応」ともなると
場所の限りがあるのでより事前チェックが必要です。

◎ 車椅子対応トイレ一覧

・ 目黒天空庭園 オーパス夢ひろば
・ 北部地区 サービス事務局
・ 菅刈公園
・ 東山公園
・ 日向児童遊園
・ 中目黒GT
・ 中目黒アトラスタワー
・ 中目黒スクエア
・ 中目黒公園
・ 田道ふれあい館

Sponsored Link

目黒川へのアクセス方法

ライトアップと屋台の場所は中目黒駅

目黒川の桜を楽しむ方法には、
2つほど最寄駅が変わります

丁度桜が満開の時期には「目黒桜まつり」が始まり、
人の賑わいも多いので、
静かに楽しみたい場合には「目黒駅」で下車。


屋台を楽しみたい場合には「中目黒駅」
下車することをお勧めします。


中目黒から下って約2kmほどで目黒へと
向う事も出来て次第に人混みを避ける事ができます。

目黒川のお花見を船(クルーズ)で楽しむには?


目黒川をゆっくり
お散歩しながら楽しむのもおすすめですが、

日中と夜桜を楽しめる
「目黒川お花見クルーズ」もおすすめ!


その場合は目黒川から離れた場所からの
乗船になるので注意!

出航場所は品川にある「天王洲ヤマツピア」
2018年の運行日は「3月24日~4月15日」
約70分の船旅になります。

予約不要でも乗る事が出来る様ですが、
事前予約の方が早期割引適用になりますし、
当日混み合ってて待たされる事がないので
予約をおすすめです。


◎ 目黒川お花見クルーズ料金

大人:当日4,500円→予約で3,900円
4〜12歳まで:当日4,000円→予約で2,900円
※4歳未満は大人1名に対して1名無料で、
2人目以降は小人料金がかかります。

2018年の天王洲エリアから乗船可能な目黒川お花見クルーズのご案内です。目黒川の両岸に咲き誇こる桜並木の間をゆっくりクルージングでお楽しみください。

まだまだ寒い3月!お手軽?防寒グッズ

花の便りとはいえ、桜が咲く3月は
まだまだ寒いですよね。

外に居ることが長くなるお花見には防寒対策は必須。

お花見以外にも役だつお手軽便利な防寒グッズを
確認してみましょう。

衣類にシュッとひと吹き「ポカポカスプレー」

衣類に吹きかけるだけであったかいなんて、
お手軽すぎますね・・・。

カイロ?携帯バッテリー?「エネウォーマー」

カイロが携帯充電バッテリー?
充電バッテリーがカイロ?

便利な充電式ポケットカイロです。

めっちゃ寒がりなあなたに「「ぬくさに首ったけ」

電熱線内臓のインナーベスト。

1度着たら手放せません。

お花見の場所取りに最適?「歩ける寝袋」

寝袋なのに寝ない要素も取り入れる・・。

もはや、あったかい袋ですね。

GWも桜を楽しむなら北海道へ!

桜の季節は今だけではありません。

桜前線はゆっくりと北上し、
GWには北海道で桜が見頃を迎えます。

日本の四季は、各地に足を運べば、
長く楽しめるのが魅力的でもありますよね。

 

そんな、北海道旅行を手堅く、安く行くなら
やっぱり早めの予約に限ります!

ネット予約にせよ、ご自身の直接手配にせよ、
早い段階での予約に勝る激安はありません!

筆者の経験上
北海道の激安ツアー予約であれば楽天トラベル
が最強ではないかと思っています。

予約数でツアー料金が増減する
楽天トラベルのシステムは、
簡単に言えば早い者勝ち!

予約が早ければ安くなる明快なシステムです。

絶対安く!と言うのであれば、
楽天トラベルの一択ですね。



 

>>楽天トラベルで調べる

また、航空券は先に購入したけど、
肝心な宿泊先がまだ決まっていない・・・

そんな方は、楽天トラベルの前に、
ホテル予約サイトの「トリバゴ」をおすすめします。

トリバゴでは予告なしで
トリバゴ独自のセールを開催しているので、
楽天トラベルのサイトよりも同じホテルが
安く泊まれることもしばしばあります。

最終的にどの予約サイトで
ホテル予約をしてもいいのですが、
先ずはトリバゴを見てから予約された方が賢明です!





トリバゴで比較する

その他、宿の予約は旅行代理店各社で
行うことができます。

まずは、
ツアーや宿の空き状況をチェックしておきましょう。

▼ツアー・ご宿泊の予約はこちらから▼

楽天トラベル










Yahooトラベル

 有名スポットの桜を楽しんでみよう!

目黒川の桜はとても有名なお花見スポット!

1927年川幅の拡張工事の完成祝いに植えられ、
その後植え替えを行ううちに
3.8kmほどまで伸びたのだとか。


結構な距離ではありますが、
日がな1日目黒川を下ったり上ってみたりして、
桜の表情の違いを楽しんでみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link