北海道札幌市の夏の風物詩「豊平川花火大会」
中心街からもアクセスしやすく、
地元の方々も多く集まるイベントの1つです。

丁度この時期に札幌に観光に来ていたら、
ぜひ足を運んでみませんか?

今回は札幌、豊平川花火大会の日程と
交通規制他についてご紹介しましょう!

Sponsored Link

豊平川花火大会2018

日程

2018年豊平川花火大会の日程

【開催日程】

・2018年7月27日(金)

【打上げ場所】

・豊平川南大橋-幌平橋間
(南大橋上流右左岸)

【時間】

・午後7時40分頃 ~同8時30分 頃

Sponsored Link

豊平川花火大会という名称で愛される
札幌の花火大会です。

正式名称は「道新・UHB花火大会」。

地元新聞社とTV局の企画で行われるもので、
3部構成からなる花火大会です。

毎年7月最終金曜日開催としています。

2018年の開催予定日は、
「2018年7月27日(金)」となっています。


画像元:www.geocities.jp

時間と場所

花火の打ち上げ時間は19:40~20:30頃。

地元の人も仕事帰りに立寄ってみたり、
花火が打ち上がる方面の方は
見ながら帰るなんてこともある様です。

打ち上げ場所は
札幌豊平川南大橋から幌平橋の間
で、
住所にすると札幌市中央区南13条西1丁目
あたりになります。


打上げプログラム

打上げプログラムは以下のようになっています。

グランドフィナーレのワイドスターマインは必見ですよ!

打上げプログラム

第1部「サマーナイトファンタジア」打ち上げ、スターマイン
第2部「アート オブ ファイヤー」打ち上げ、スターマイン
第3部「グランドフィナーレ」ワイドスターマインほか

雨天時の開催は?

本日の札幌地方は快晴となっています!

豊平川花火大会は問題なく開催されます!

 

豊平川花火大会の当日の天候が
荒天の場合の開催はどうなるでしょうか。

当日、花火を打ち上げることができない
荒天の場合は一週間後の、
8月3日(金)へ順延します。

この時期の北海道で
天候は荒れることは稀ですが、
2016年には順延をしています。

当日、
天候が微妙で開催の有無の確認は、
道新・UHB花火大会公式ツイッターで
確認して下さい。

Sponsored Link

会場までのアクセス

間近で見たいという場合のアクセスとしては、

・市営地下鉄南北線

「中島公園駅」

「幌平橋駅」

・札幌市電

「行啓通駅」


いずれの3つの駅からは打ち上げ会場まで、
歩いても5~6分程度といったところ。

なので、
この3つの駅がアクセスに丁度いいでしょう。

Sponsored Link

なお花火大会当日は
非常に周辺道路は混雑します。


有料駐車場も満車となりますので、
交通機関を使った方が安全で確実です。

体力的に余裕がある、
また、歩くのが好きな方なら、
すすきの駅から
中島公園方面へ歩いて行かれても
散歩やウォーキング程度の距離。

街並を楽しみながら
出向くのもよさそうですね!

豊平川花火大会の穴場スポットはどこ?

少し離れて・・・

豊平川花火大会で
上がる花火の数はおよそ4,000発。


出来るなら混雑している会場周辺よりも
出来るだけ混雑しない場所から
花火を楽しみたいと思いますよね。

基本は豊平川の
河川敷で見る事がおすすめ
です。

特に有料というわけではないので
気軽に見る事ができます。

そうは言っても、
混雑は必至。

やっぱり、少し離れて楽し見たい!
という方もいらっしゃいますよね。

穴場スポットは地元の方々もチェックしていて
誰しも知っている場所となっている
可能性もありますが・・・。

地元民が教える豊平川の花火が
綺麗に見えるスポットとしては以下があげられます。

【幌平橋】

中島公園豊平館前

天文台前


幌平橋は打ち上げ場所からは少し離れますが、
花火全体を楽しむ事が出来るので、
写真を撮りたい方にはおすすめスポットといえます。

特に中島公園内にある豊平館や天文台前は
ほどよい距離感で見る事ができます。

案外と駅のある方面は人が沢山なのですが、
対岸側に渡ってみるというのも1つ。

普通に道端で見上げれば
見えるといった場合もありますが、
車や自転車、他の歩行者の方の
邪魔にならない様に注意しましょう。

Sponsored Link

札幌の街から・・

基本的に豊平川は札幌中心部から近いので、
少し高い建物から見るというのもおすすめです。

そうした意味では以下の場所が
おすすめスポットとして最適です。

ノルベサ(狸小路の観覧車)

テレビ塔(大通)


JRタワー展望室(札幌駅)


なんとJR札幌駅の北口に位置する
北海道大学の西門付近からも
遠くに見えるという情報もあります。

建物や樹木に邪魔されない場所であれば
比較的遠い場所であっても
花火は見えるということですね。

札幌の観光地の1つである
「藻岩山ロープウェイ」の
山頂から
花火大会を楽しむなんていうのもいいですね!


そして、
札幌の夜景スポットはこちら記事でご紹介しています!
チェックしてみてください!

藻岩山以外にも札幌市街で夜景を楽しめるスポットがあるのはご存知でしょうか。札幌の中心街の直近も直近で札幌の街を望む事ができるのです。観光の1つに札幌の夜景を楽...

豊平川花火大会は交通規制もある?

規制は18時~22時半頃まで

豊平川花火大会の混雑具合ですが、
当然のことながら大混雑です。

小さなお子さん連れのご家族は、
はぐれない様に注意するか、
やはり南大橋から幌平橋間付近ではなく、
少し離れた場所から楽しむ方が
ベストだとも思います。


当日はもちろん規制が入るので周辺の通りは
車両の侵入がNGになります。

◎ 豊平川花火大会交通規制

・豊平橋~南19条大橋間の右左岸通
18:00頃~21:30頃まで

・豊水通の南15西1~南9西2ほか
19:30頃~22:30頃まで

・菊水旭山公園通の南9西3~水車町2
19:30頃~22:30頃まで

・南大橋上流側の歩道
19:30頃~22:30頃まで



分散はしていますが、
当日はかなりの時間に渡り
交通規制が敷かれます。

つまり周辺道路は
車や人で大混雑になる事は間違いなし。


そして
お勤め帰りの札幌市民が
迂回して帰らなければならず、
そのまた周辺の道路も混み合います。

交通規制の時間には
十分に注意して移動されて下さい!

Sponsored Link

札幌の雑踏を離れて観光を・・・
そんなお考えのあなたは
こちらの記事をチェックです!

観光地札幌からも程よく近い観光スポット「小樽」小樽運河や古き時代の建造物や、海鮮丼など楽しむ事が出来る人気観光地ですが、”観光船”に乗って違う景色を楽しみませ...

豊平川花火大会の混雑状況と口コミ

まとめ

都会ほど高い建物がないので
比較的広範囲で見られる
札幌の代表的な花火大会である
豊平川花火大会。

ちょうど夏の観光シーズンとも
重なっているので、
札幌の中心街から楽しんでみては
如何でしょうか。

地元の方々から観光客と多く人が集まり、
北海道では人気ナンバー1の
花火大会となっています。

短い北海道・札幌の夏の夜空に咲く
大輪の花火をぜひ楽しんでみてください。

これもまた
札幌観光のステキな思い出になること
うけあいですよ!

Sponsored Link